今日もまたひとこと

ブッシュの次の大統領

激戦の末、ブッシュ氏の再選が決定した今回のアメリカ大統領選挙。

今回の選挙は消去法選挙だったと言われています。

アメリカ国民の多くはブッシュ氏の政策に不安を抱きながらも、
ケリー氏の主張する「変化」の内容を疑問視し、信じきれなかったのだ、
というのが大方の意見。

ケリー陣営の政策の曖昧さや、彼自身の人間的魅力、リーダシップ力の欠如も
敗因の1つとして指摘されています。

私の周りでも
「ブッシュはバカだと思うけど、少なくともバカさ加減が分かっているからね。
ケリーのダメさ加減は未知数だから怖いよ。」 などという意見を
少なからず耳にしました。


こんな時英語では
I chose the lesser of two evils (害の少ない方を選んだ) 
という言い方をします。

I chose 私は選びました
the lesser 少ない方を
of two evils 2つの悪いもののうち

日本語とちょっと言い方は違うけれど、考え方としては
消去法そのものですよね。


そうそう、
ケリー氏の敗北によって早くも囁かれだしたのが次回(4年後)の大統領。

アメリカ大統領は1期4年。2期までの連続任務が可能なので
もし、今回ケリー氏が当選していたら、2008年の民主党の大統領戦候補は
当然ケリー氏となっていました。

ところが、今回ケリー氏は敗北。
民主党は4年後に再度新しい候補者を探さなくてはならなくなったのです。

その候補者として既に確定視されているのがかのヒラリー クリントン。

ヒラリー夫人といえば才媛の誉れ高く、
夫のビルクリントンが大統領の時にも、彼の片腕としてホワイトハウスで
絶大なる権力を持っていたのは周知の通り。
現在ニューヨーク州の上院議員を務める彼女ですが、
将来自分自身で大統領の地位に着く事を狙っているのは疑いようがありません。

今回ケリー氏が接戦の末敗れた事により
奇しくもヒラリー クリントンにチャンスが巡ってきたのです。

4年後、アメリカ初の女性大統領が誕生するかどうか
私は今から楽しみにしています。
[PR]
by emica96 | 2004-11-07 10:39 | 「なるほど!」の英語たち
<< 雨天決行! アメリカ大統領はちがいました! >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧