今日もまたひとこと

アウチ!

いつ催促されるかと、ずっとドキドキしてはいたのです。。。

でも、
このまま誰からも何も言われなければ
知らんぷりしちゃおうかとも思っておりました。


事の始まりからもう2ヶ月近くが経過し、
「あぁ、、、もう大丈夫かもしれない‥。」と思い始めた所でした。
「ここまで時間が経てば、もう皆忘れてしまっているだろう‥。」と
楽観視し始めた所でした。

それなのに、、、
昨日友達からメールで聞かれてしまったんです。


「そ~いえばさー、壊れたPCはどうなったの?」

って。


やっぱり覚えてたのね。。。。。。。。。


自宅でメインPCとして使っていたデスクトップが
いきなりクラッシュしてしまった事件は
以前このブログに書かせて頂きました。
緊急事態発生

バックアップのない、
膨大なデータと共にPCが昇天してしまったのがショックで。
ここに色々書き散らし、周囲の友人にも
「困ったよ~、どうしたらいいの~~~~~!」と
喚きまわっていたワタクシです。

その際には皆さまから、お気遣いのメッセージや
データー修復の為のアドバイスなどを頂き、本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。


あそこまでお騒がせしたからには
「その後どうなったかもブログに書かないといけないよね‥」と
思っておりました。

一応、事態は収拾をみたので
「壊れたPCとデータは結局こういう事になりました」と
事の顛末をご報告しないと失礼だろうとは考えていたんです。


報告の必要性を十分に認識しながら
これまで、無視し続けてきたのは、、、

「もう、この件については忘れてしまいたいから」


でございます。(苦笑)

結論からご報告しますと、、、、
リカバリーはできました。

PCもデータも。

壊れたハードディスクの代わりに新しいHDDをインストールして。
壊れたディスクに入っていたデータは全て新しいディスクにコピーされました。
基本的にクラッシュ前の状況に戻すことができたんです。


問題は、、、

リカバリーにかかった費用。



PCが壊れた場合、修復にいくら位かかると思いますか?

もちろん機種によるし、壊れ具合にもよるので
一概には言えない訳ですが。

「ハードディスクの修復だと、費用は大体○万円から○万円位かなぁ‥」
という漠然とした金額の予想が私にはありました。

「ちょっとイタイけど、1~2ヶ月洋服を買うのを我慢すれば
どうにかなるよね‥」という程度の金額でした。


加えて、私の周りにはPC に詳しい人が沢山いるので、
「きっと誰かが助けてくれるはず。。。上手くすれば何人かに
ご飯を奢るくらいで済んじゃうかもしれないぞ。」
なんて虫のいい事をも考えておりました。

実際ね、友達は助けようとしてくれたんです。

仕事で忙しい中、「見てあげるから会社に持ってきなよ」と
言ってくれて。
夜中までかかって、色々と調べてくれました。

その結果言われたのは、、、

「駄目だこりゃ。。ディスクのヘッドが壊れてるよ‥」

「データが壊れているだけだったらどうにか出来るかもしれないけど、
メカが壊れているのは、直してあげられないなぁ‥」
(注:みんな電気屋さん (electrical engineer) です)

大体ヘッドを変えるのなんて、
クリーンルームとかないとダメなのでしょうしね。


という事で、、、
仕方ない、探しましたよ。

『どんな事をしてでもデータを修復してみせます!』 と謳っている業者を。

電話して家に来てもらって、
PCを見ながら状況を説明したところ、
「ヘッドを交換すればデーターもかなり修復できると思う」と
言ってくれました。
ただ、続けて言われたのは「費用はかなりかかるよ」と。


見積もりとして出されたのは
最新のハイエンドPCが買えちゃう様な値段でした。

中クラスのデスクトップでよければ
新品が3台位買えちゃう値段でした。

私が想像していた修理代の
5倍くらいの値段でした。


「う~~~ん、、、そこまでして修理する必要があるの??」
って悩みましたけどね。さすがに。

でも、ここで修復しなければ
過去3年に渡る写真、大量のメール、住所録その他諸々
全てが水泡に帰すのです。。。。。。。。。。

出費はもちろん痛いけど。
私に選択肢はありませんでした。


あぁ、今更言ってもせんないことではありますが。

『バックアップさえとってあれば~~~っ!』



はぁ。。。


そうそう、
今回のPCクラッシュで一番親身になって相談にのってくれたのは
ISのリチャード。

彼にも先日
「結局お金払ってヘッドを直して貰う事にしたけど、大出費だよ~。
今度からは絶対毎週バックアップをとるっ!」
と報告をしたのですね。

そしたら
リチャードがにやりと笑いながらひとこと。

I guess you learnt it the hard way.

I guess
~したみたいだね
you learnt it
(キミは)学習を
the hard way
辛い方法で


learn it the hard way を直訳すると
「辛い方法で学ぶ」 となりますね。

この場合でいうと、
バックアップの重要性を
データを全て失う、という『辛い方法』で学習した、
となります。


バックアップが大切だという事にもっと早くに気がついていればよかったのに。
(もっと別の方法で学んでいればよかったのに)
データを失うという最悪の経験をもって学習してしまった、という事ですね。


「痛い目にあって懲りたよ~。もう同じ間違いは繰り返さないわ」
などという場合に
I learnt it the hard way.
と自嘲的に使われる事が多いです。


皆さまもお気をつけあそばせ。

-------------------------------------------------------
修理代はホントに高かったんです。かなりイタイ出費です…。
幸せ度回復のためにクリックをしてやってください。。。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-03-09 16:48 | 「なるほど!」の英語たち
<< 春ですが… いま何時? >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧