今日もまたひとこと

想定外

日曜日の昼間はテレビにかじりついておりました。

まさか、まさか、あのコルツが負けてしまうとは…。

前半はボロボロだったけど、4th Quarterであれほど追い上げたのに。
加えて最後にあれ程の幸運を享受したというのに。
それなのに、オーバータイムにさえ持ち込めなかったとは…。

全くもって想定外。
試合終了後、しばらく私は呆けてしまいましたわ。



あ、、、何のことだか分からなかった皆さん、ごめんなさい。
NFL (National Football League) の試合の話でございます。

そう、アメフト。

興味のない方にはどうでもいい事でしょうが、
今ちょうどシーズンも差し迫ってきておりまして。
Super Bowl (スーパー・ボール)と呼ばれる、優勝者決定戦への
トーナメントが始まったところなのです。

今季やたらと調子が良く、
優勝候補の筆頭として挙げられていたインディアナ・コルツ。
このチームが日曜日の第一戦にてまさかの敗退。
まさに大番狂わせが起きてしまった訳なのですね。


別に私はコルツのファンじゃないので関係ないんですけど。

だけど、あれだけ期待されていたチームのプレイオフ一回戦敗退。
ましてや、クォータバックのマニング(兄)はまだ
スーパーボールリングを手にした事がない、とくれば
同情の念は禁じ得ません。



今回の試合終了後、
「うっわ~、コルツ負けちゃったよ!」という
驚きの声と同時にあげられたのが
「スティーラーズ(勝利した対戦相手)頑張ったね~」という
賞賛の声でしょう。

スティーラーズも物凄くよいチームなのですが、
圧倒的な勝率を誇るコルツに対しては
Underdog(アンダードッグ)とされてきたんです。


Underdog という言葉、
これは日本語にはないんじゃないかな。
直訳は難しいですが、意味を説明すると
試合などの対戦で
弱い、勝ち目はない、などと見なされている側のことです。


試合後のインタビューでも
スティーラーズの選手がこのように言っていました。

Everyone thought we were the underdog except us.

Everyone thought
     (試合前には)みんなが思っていた
we were the underdog
     俺達がアンダードッグだって(=俺達が負けるだろうって)
except us
     俺らを除いてはね。

(=世間は俺らが負けるはずだって思い込んでたけど
俺らは自分達の勝利を信じ続けていたよ)



いやいや、見事な戦いぶりでした。

前半は完全にスティーラーズが敵を圧倒。
後半もぎりぎりまで追いつめられながらも逃げ切った今回の試合運びは
さすがプレイオフだといえましょう。

まさに手に汗握る試合でございました。

来週のブロンコス戦が楽しみ。


―――――――――――――――――――――――――
1人でテレビに向かって「タッチダウン~!」などと
両手を上げながら叫んでいた寂しい私に愛の手を…。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-01-17 17:29 | 「なるほど!」の英語たち
<< アドバイス求む! やっちゃった~ >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧