今日もまたひとこと

モンクのつけ方

先週の日曜日はスーパーボール(アメフトの優勝者決定戦)でした。

多くの男性から「一年で一番大切な日!」と断言されるこの日、
決して大袈裟ではなく
アメリカは国を挙げてのお祭り騒ぎに陥ります。

もちろん大半の人はテレビで試合を観戦するのですが
『いかに大人数で試合を観るか』というのもお祭りを盛り上げる
大切な要素とみなされるよう。

友達や同僚を家に招いての
スーパーボールパーティーがそこら中で開かれるのですね。


私は友達のジェニーの家へと出かけてきました。


a0037874_7251169.jpg
大きなテレビの前には椅子がならべられ、
観戦準備は万端。

そして飲み食いの準備だってばっちり。

キッチンカウンターの上には
美味しそうなスナック類が所狭しと並べられています。

a0037874_7253773.jpg




う~~ん、、、
これで試合が面白かったら言うことなかったんだけどなー。

残念ながら試合内容は極めて平凡、いやいや寧ろ
攻守ともにミスばかりが目立つ退屈な戦いぶりでした。


それからもう一つミスが目立ったのは審判の判定!

2nd Quarter のスティーラーズのタッチダウンはどうみても
エンドゾーンにボールが入っていないのに得点が認められちゃったし。
4th Quarter にシーホークスが19ヤード地点からの見事なパスを決めたのに
全くもって謂れのない Offensive Holding のペナルティーが
課せられちゃうし。
挙句の果ては4th Quarter のInterception 後、
シーホークスHasselbeck のタックルに対して Low Block ペナルティーが出され
15ヤードも進まされちゃったんです。
(あれはブロックじゃなくてタックルなのにっ!)

「なんで~っ!?今の審判の判定おかしいよっ!!!」
という場面が沢山ありました。



「なんで~っ!?今の審判の判定おかしいよっ!!!」
と叫びたくなるこんな時、
英語では
That was a bad call!!!  と野次ります。

Call はこの場合、(審判の)判定、判断。

That was
     それは
a bad call!!!
     悪いコールだよ(間違った判定だよ!)

という意味なのですね。



もちろんこの call という単語、 フットボールに限らず
全ての判定に使えます。

いよいよトリノ・オリンピックが始まりました。

この言葉を使ういい機会がやってきたではありませんか。

オリンピックを観ながら英語の実践もできちゃう
素晴らしい機会です。


さぁ、みなさん。
競技をみていて、判定に同意できなかった時には
That was a bad call!!! の野次を。

そして、きわどいプレーをきちんと判断してくれた場合には
That was a good call!!! (素晴らしい判定だ!=審判よく見てたね~)
の賛辞のひとことを送りながらオリンピックの応援をしてみてください。


---
ここから先はお料理メモ。

自分の家にお客様をよぶ時の参考に覚えておきたいだけなので
興味のない方はどうぞ無視してくださいまし。

ジェニーが用意してくれたもの:
ナッツ
野菜スティック、チップス各種にディップ3種類
     アメリカ人にとってディップは欠かせないものみたい。大人気。
チーズを数種類&バゲット
トマトとモッツラレラチーズのカプレーゼ
ゆで卵フィリング
枝豆
     アメリカ人は「イダマーメ」とマにアクセントをつけて発音します。(笑)
チキンドラムスティック
     味はスパイシーとマイルドの2種類
ラビオリ
クッキー各種


私が持っていったもの:

a0037874_7263121.jpg


3種類のチーズのフィロ包み (3角形の方)
     (ウィリアムズ・ソノマの Hors D’oeuvre レシピより)
     簡単で美味しい。焼く前の状態で冷凍保存しておくと
     急なお客様の時に便利だな。
カニとサーモンのフィロ包み(茶巾包みの方)
     (Party Food のレシピより)
     美味しいけど、茶巾包みの上の部分が焦げ易いので
     オーブンで焼く時には一番下の段に入れ、かつ上に鉄板をおいて
     上からの熱を防いた方がいいみたい。
     それと、茶巾包みの上の部分は冷めるとモソモソしていまいち。
     3角包みの方がいい気がする。。
     (フィリングには水分を吸収させる為にパン粉を少し加えた)

     # チーズフィリングとスモークサーモンを混ぜてフィリングにしたら
     # 美味しいかも。

持っていこうと思ったのに大失敗したもの。。。:
2 layeredチーズケーキ(なんと2度の失敗)
     1度目: 
     アメリカ人用に、と思って砂糖を3倍量で作ったら
     焼き上がりがモロモロに…(ベイキングは分量を守って作りましょう…)

     2度目:
     1st layer は卵を半分全卵にし、小麦粉を入れたレシピにして成功。
     2nd layer を加えて焼き上げる時に
     なんと重すぎてアルミ皿が2つに折れてしまい、
     オーブンの中に中身がこぼれるという大惨事。
     ここで、断念。。

―――――――――――――――――――――――――
トリノオリンピックで “That was a bad call!!” を使ってみよう、と
思った方ははクリックしてください。→人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-02-13 07:29 | 「なるほど!」の英語たち
<< 詳細はのちほど 彼と彼女 >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧