今日もまたひとこと

あり地獄:その4

ゴルフに行ってきました。

「トーナメントの話はもう聞いたよ~。」と
お思いかもしれませんが、、、今度は別のゴルフの話。

会社の同僚とのゴルフトーナメントが開かれたのは先週の土曜日。
そのわずか2日後でしかない月曜日に
またもや私はゴルフへ出かけてしまったのでございます。


ゴルフってホントにあり地獄。

一旦始めると次から次へとお誘いが入ってきて
ずるずると深みにはまり込んでしまうのですね。


今回も私がトーナメントの幹事をしていると聞き及んだ友人が
「エミちゃんもゴルフするなんて知らなかった!
ちょうど来られる人探してたのよ~~。お願い、参加して!」
と駆け込んできて。
あれよあれよという間に仲間に入れられてしまったのでした。


私が万年初心者であることも。
月曜日には会社があることも。
直前にトーナメントに出たばかりで疲れ果てているだろうということも。

全部ちゃんと説明して
お誘いを断ろうとしたんですけど。

態度はデカイくせに変なところで小心者の私。

「こんなに困ってるのに断ったら可哀想かなぁ…」などと思ったら
あまり強くは拒絶できなくて。
気がついたらダンナともども
会社を休んでまでゴルフにお付き合いする事を約束してしまって
いたのだから笑ってしまいます。


しかも
畏れ多い事に、月曜日のコースはなんとここ。

a0037874_16111399.jpg
Torrey Pines(トーレパインズ)の
South courseです。



日本に住んでいてもゴルフ好きだったら聞いたことがあるかもしれません。
ここはPGA ツアーであるビューイックインビテーショナルのホームコース。

しかも2008年には4大メジャーに数えられる US Open の開催が決まっているほど
由緒正しく、かつ難易度の高いコースなのです。

由緒正しいとは言っても市営のゴルフ場なので
市民であれば1人40ドルという格安価格でゴルフができてしまうのだけど。
それにしたって、タイガーウッズとか、丸山茂樹とかが
ツアーで周るようなコースを初心者の私がプレイできるとは思えません。



土曜日に一緒にゴルフをして私の下手さ加減がよく分かっている
ルイーズに「月曜日さぁ、、トーレパインズなんだけど。」と
打ち明けたところ。

しばらく沈黙した後にポソリとひとこと。

“Good luck.”
「頑張ってね~。」

Good luck. の日本語訳は
正しくは「(あなたに)幸運がありますように!」。

ちょっとしたチャレンジに向かう相手にかけるこの言葉。
場合にもよりますが、往々にして
日本語での「頑張れ!」の意味で使われます。


そして Good luck! と声をかけてもらった時の返事の仕方。

一番一般的なのは、簡単に
“Thank you!” 「ありがとう」なんだけど。

今回の私のように、本当に救いようがなくて
天の助けがないと困った状況になってしまう様な場合には
「ありがとう」の後に続けて
“I need it.”
が決まり文句です。


I need it.
「私がそれ(Good luck =幸運)を必要としている」


トーレパインズは、プロだって苦労するくらい難易度の高いコースです。
とにかく距離が長いし、ラフもきつい。

そんな所に初心者の私が出かけていったら
いつまでたってもグリーンに辿りつけなくて
永遠にゴルフクラブを振り回しながら苦しみ続けてしまうのは
容易に想像がつきましょう。

いいスコアなんて望まないけど。
だけど、せめて後ろの人たちに顰蹙をかわない速度で
ゲームをこなさないといけない。

悲しいかな、私みたいな下手っぴが
人様に迷惑をかけないゴルフをする為には
相当の幸運に恵まれないといけないのですね。

という事で、
ルイーズの “Good Luck.” 「グッドラック!」に対する私の返事は
“Thank you. I need it.”
「ありがと。本当にラッキーじゃないと困った事になるのよね。」
となりました。

a0037874_16440100.jpg



トーレパインズは海沿いに切り立った崖の上に作られたコース。
1ホール目が、いきなりこんな感じです。

奥に見えるのは地平線ではなくて、水平線。

a0037874_165882.jpg

3ホール目は
こんな意地悪なもの。

手前はバンカー、後ろは崖。


a0037874_1653521.jpg
崖はこんなです。

私のボールはこの下のどこかに…。(笑)





こ~んな素敵な風景も私は楽しむ余裕などなく。

a0037874_16644.jpg




でも、こんな風に近くを通りかかる人たちには
気を散らされっぱなし。

a0037874_1662699.jpga0037874_1683823.jpg


こんなサインにも、他のコースと違う格を感じませんか?

a0037874_168594.jpga0037874_169242.jpg



ここがやっと最終ホール。

a0037874_1610379.jpg




あ、、、で、結果ですが。

ルイーズのかけてくれた
“Good Luck.” のひとことがきいたのか、
なんと、私はとってもラッキーだったのですね。

土曜日のトーナメントでのスコアより3上達して124。


124なんてまだまだまだまだ笑っちゃうスコアなのは分かってるけど。

だけど、普通のコースで127を叩いちゃった私にとって
難易度の高いトーレパインズでの124は上出来です。


比較対象として書いておきますと。
土曜日のトーナメントを89で回ったうちのダンナが
月曜日のトーレパインズでは103を叩いておりました。
(それだけ難しいコースなんです!)

これを考えると
土曜日127の私が、
トーレパインズを124廻れたのは上出来だと分かって貰えますよね?



とりあえず、あり地獄シリーズはおしまいです。
さてさて私はゴルフから足を洗う事ができるのでしょうか?

――――――――――――――――――――――――
「124のお前がトーレパインズなんて10年早い!」と思われた方は
クリックをして下さいまし。→人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-05-07 16:13 | 「なるほど!」の英語たち
<< お料理教室第五弾 あり地獄:その3 >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧