今日もまたひとこと

弾丸の噛み心地

部下が会社を辞めてしまいました。。。

えぇ、実はいるんですよ、、、私なんぞにも部下というものが。

ま、部下と言ってもたかだか二人だけだし。
しかも、部下達は私が転職してくる前から職場にいるので
ダメ上司の私は彼らの仕事の半分も理解していないというていたらく。

「組織のマネージメントもしてます。」 なんてことは
口が裂けてもいえませんけどね。


今回辞めてしまったのは二人のうちリーダー格だったマリー。

彼女はもうかなり年配で、しかも数年前から健康状態も良くなかったんです。
本来ならばまだ引退するにはまだ間がある年齢なのだけど、
体調不良はやっぱり色々な所で影響が出るらしく、
仕事自体よりもむしろ毎日の通勤耐えかねて引退することに決めたのだとか。


このマリーが私の部下となったのはつい数ヶ月前のことですが、
彼女と私はそれより何年も前から同僚、兼、友人として
ずっと仲良くしてきていたんです。

仕事が優秀だっただけではなく人間としてもとても出来た人だったマリー。
休憩時間には、彼女のこれまでの体験談を話して貰ったり
私の愚痴を聞いてもらったり。
年齢差のせいもあって、私にとっては
母親か、年の離れたお姉さんのような、頼りがいのある存在でした。


その彼女が、会社を辞めるのを知ったのは
私が転職してきてすぐのこと。

「もう随分前から考えていたことなんだけど…」

そう言って引退話を切り出された私はもうパニック。

「あなたなしで、どうしたらいいのよ~~~。」

泣き出さんばかりにして拝み倒してはみたものの、
彼女が辞めるという意思を覆させることはできませんでした。


正直いって途方にくれてます。


これまで私は自分の事に精一杯で、部下の仕事には
ほとんど手が回らなかったんですよね。
全くもって上司とは名ばかり。
何から何までマリーに頼りきっておりました。


「私ひとりでハンドルするなんて無理よ~~。」

いつまでも、グチグチと弱音を吐いていた私。


堪りかねたのか、とうとう最後の最後にマリーから一喝されちゃいました。


Emi, I know you can do it.
You just have to bite the bullet.


「エミ、あなたならできるから。
大変だってやりぬかなくちゃいけないのよ。」

Bite the bullet を直訳すると 「bullet (弾丸)を噛む」。

その昔、まだ麻酔技術のなかった頃、
戦争で負傷した兵士の手術をする際には、鉛の弾丸を噛ませて
痛みに耐えさせたのだとか。

弾丸を噛んで痛みに耐え抜く、という所から
「覚悟をきめて(大変な事を)やりぬく」 という意味で使われるそうです。


日本刀を振り回して戦っていた国の私には
あまりピンと来ない表現だったけど、
「腹をくくる」 とでも訳してみれば、言わんとしている事は分かる気がしますよね?

――――――――――――――――――――――――
「がんばれ~。」 のクリックをしてくださるととても喜びます。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2007-02-27 14:46 | 「なるほど!」の英語たち
<< 靴の履き心地 ミネソタ行き:その2 >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧