今日もまたひとこと

金持ち父さん 貧乏父さん

去年のバックログのキャッチアップ更新、第2弾。

a0037874_22375398.jpg



12月はパーティーシーズンですね。 

忙しかった去年は誰も家に招けなかったし、
せっかくの友達からの招待に対してもほとんど断りをいれなくては
ならなかったのだけれど。

それでも 『おぉぉ、、、これには何があっても行かなくてはっ!』
というお誘いもいくつか頂いたのですよ。



そのうちの一つがスコット家でのパーティ。


スコット君は同じ会社で働く同僚です。

所属部署は違うけど共通業務が多い彼はある意味仕事のパートナー。
タイトル(肩書)も私と同じレベルなのでお給料もそんなに違わないはず。。。。。。



「---- なのにどうしてだっっっ!?」  



そう叫びたくなるほどの大豪邸に
彼は住んでいるとの噂をかねがね耳にしておりました。


「今度うちに遊びにきてね~。」
口では何度もそう言うくせに、これまで一度もよんでくれたことのなかったスコット。

「ホントは招待する気なんてないんじゃないの~!?」 
そう思いはじめていた年末に、ようやっとおよびがかかりましたわ。


Dinner at my house (我が家でのディナー)と
シンプルなタイトルで送られてきた招待メール。

中身はこんな風に書いてありました。


Please join us to celebrate the holidays at our new place.
     私達の新しい家でホリディを祝います。どうぞお越しください。

We might be short a few plants and flowers, but we will have Full Sushi bar and tons of your favorite holiday treats, so bring your appetites.
     木や花はまだ不十分かもしれないけど (=庭の手入れはまだ終わってないけど)
     寿司バーを設けるし、沢山の甘いもの (holiday treats) も用意します。
     だから、どうぞお腹をすかせていらしてください。



いやはや、、、豪邸に住んでる方はさすがです。。。。。。。。。

自宅でやるパーティーに寿司職人を呼び、
その場で寿司を握って貰える寿司バーを出しちゃうんだと。

「ホテルで開くレセプションじゃあるまいし、、、」
びっくり仰天した私。
思わず何回も招待状を読み返しちゃいましたわ。



寿司バー云々のくだりはまぁ、ともかくとして、
このメールは人を家に招く際の典型的な招待文です。

特に最初の
Please join us to celebrate the holidays at our new place.
     私の新しい家でホリディを祝うのに、あなたも加わってください。
     --> 私達の新しい家でホリディを祝います。どうぞお越しください。
と、最後の
Bring your appetites
     どうぞお腹をすかしてきてね。
はそう。


2つ目の文はとりわけて可愛いですね。

Bring your appetites
直訳すると、「あなたの食欲を持ってきてください」

『お料理やお菓子を沢山用意するから
(お腹を空かせて来て) いっぱい食べていってね!』 
そんな風に人を誘いたい時にぴったりの、温かみのある表現だとは思いませんか?



さてさて、、、これがパーティーの様子。

a0037874_22405366.jpg
これが噂の寿司バーです。

ちゃんと日本人の職人さんがいて
注文に応じて一通りのものは握ってくれます。




a0037874_2241293.jpg
お味噌汁が魔法瓶に
入っていたのは
まぁ、ご愛嬌かな。




照明が暗かったから写真はあまりとれなかったけど、
ちょっとアンティーク風(?)に仕上げたインテリアはとても素敵。

a0037874_22422671.jpg




家具はもちろんのこと、ライティングから
天井、壁のテクスチャア&色まで、
全てこだわりにこだわって選んだ内装とのことでした。

a0037874_22432894.jpga0037874_22434910.jpg



a0037874_22442874.jpg

飾られたお花も豪華だし。




a0037874_22445135.jpg
階段にはリースがかかっています。




a0037874_22451337.jpg

これはなんと
本物のもみの木から作られているんだって。

「匂いはいいけど、葉っぱが散るから掃除が大変~。」
とはスコットの奥さんのディージャの弁。




a0037874_22454221.jpg

そしてこれが Holiday Treats。
これらは全て手作りで、
余った分はお土産として
帰りに箱につめて持たせてくれました。




念の為に伝えしておきますと。

スコットは何もうちの会社から貰うお給料だけで
こんな金持ち生活をおくっている訳ではありません。

彼は実はサイド・ビジネスとして不動産業も営んでおりまして、
そちらの方の成功でこんなにお金があるらしいです。。


うちの会社はケチなため。
会社からもらうお給料だけで生活している私は
こんな豪華さとはほど遠い貧乏生活を送っておりますのであしからず。。。

――――――――――――――――――――――――
『自宅で寿司バー』 に 「まじかよ!?」 と思っちゃった方はクリックしてくださいまし。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2008-01-12 22:46 | 「なるほど!」の英語たち
<< メ キシコシティで大名旅行: その1 小鳥の囁き >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧