今日もまたひとこと

メ キシコシティで大名旅 行: その2

a0037874_1816181.jpg


前回の投稿でも触れた通り、
年末のメ キシコ旅行は人生でもう2度とないであろう大名旅行でありました。

何がって、それはなんと
全日程に専用の運転手とボディーガード付きだったこと。


友人のT 夫妻、実は結構エライのです。

ご主人が某組織のトップの座についており、それが故に
現地の日本人社会では要となるべき人物なのだといえましょう。

数年前に同職についていた人になんと誘拐未遂事件が発生したそうで
それ以来、どこへ行くにも防弾車の送迎に複数ボディーガードの
警護が決まりとなってしまったのだとか。



「Tさんがどれだけ偉くっても私達には関係ないし。」

「いや、、、だけどウチに泊まる以上、何かあったら
警護の人たちが責任を問われるのよ。」




事前にそんなやりとりがあった末、
T家に滞在中は平民の私達にも専用運転手とボディーガードさん達が
同行してくれることと相成りました。



VIP待遇は行き先に関係ありません。

滞在2日目に訪れたテ オティワカン。

「神々が集う場所」という意味を持つこの遺跡、
紀元前2世紀頃に10年間費やして建造されたといわれる広大な都市跡です。
往時にはなんと人口20万人以上だったと推定されているのだとか。

遺跡のあちこちにはピラミッドが建てられ、
その殆どに登ってみることができます。
a0037874_18171227.jpg




中でも有名なのが月のピラミッドと太陽のピラミッド。
頂上からの眺めは圧巻です。
a0037874_1817391.jpg



でもね、、、頂上に行くにはこ~んな急な階段を登らなくてはならないのですよ。
a0037874_18175967.jpg




しかもお調子者の私はTさんに向かって 「競争しましょう!」 なんて声をかけ、
駆け足で登り出しちゃったりするもので。

息はぜーぜー、頭はクラクラ。

それでも好きでやってる私はいいけれど。

気の毒なのは、そんなおバカな私について来なくっちゃいけない
ボディーガードのお兄さん達。


私があっちこっちの祭壇に駆け寄る度に
「またかよ~~。」 とでもいいたげな苦笑を顔に浮かべ、汗だくでお供してくださいました。

a0037874_18194712.jpg

真ん中で「お~い!」と
両手を広げているのがTさん。
そのすぐ上が私。

Tさんの下の大きな人たちが
お供のボディーガードさん達です。

a0037874_18201352.jpga0037874_18202660.jpg
a0037874_18204068.jpga0037874_18205452.jpg




滞在3日目はプ エブロの街観光。
a0037874_18321245.jpg



メ キシコ・シティから車で2時間ほど、世界遺産にも登録されているかわいらしい街。
プ エブロ焼き、といわれるスペインから伝わったといわれる焼き物が有名で
ここでお買い物をするのを私は楽しみにしておりました。

ただね、、、この日はちょっと予定変更がはいりまして。

Tさん夫妻の都合が悪くなったため
K氏夫妻と我が家の4人だけで、プ エブロへと出かけることになったのです。

4人で行動するのはもちろん問題ないのだけど。

困ってしまったのが、ドライバーさん達とのコミュニケーション。

メ キシコはスペイン語圏。
ドライバーもガードマンも英語が喋れません。


「プエブロの街に行ってください。」

「教会がみたいんですけど。」

「両替所を探してもらえますか?」


日本語とか英語だったらさっくり伝えられるそんな言葉達も、
スペイン語でなんて全く手が立たないのです。。。

a0037874_18335158.jpga0037874_1834438.jpg



「昔ちょっとスペイン語を習ってたことがある…」 という Nちゃんと
「第二外国語がフランス語だった…。(スペイン語と言葉がにている)」 という
うちのダンナの2人が四苦八苦しながらコミュニケーションしてくれたので
ど~にか予定の観光はこなせましたが

「なんでスペイン語勉強してこなかったんだろう~~。」
とってもとっても後悔させられたのでした。
   # そーいや、昔のペルー旅行でも同じ様な事いってましたね、私。。
   ## 学習機能なさすぎ。 (苦笑)



実をいうと、職場に3人いる私の部下のうち2人はメ キシコ系アメリカ人なのですよ。

「年末にメ キシコ行くからスペイン語教えてね~~。」

そんな風にずっと言い続けてきたというのに、
口ばっかりで全然行動が伴わなかった私。

出発直前になって
「あ“~、もう時間がないっ!簡単なやりとりでいいから教えてっ!」

そう叫んでいくつか会話分を教えてもらっていたものの。
そんな付け焼刃の勉強はもちろん役に立つわけがなく
最終的に覚えていられたのは下の3つの挨拶文だけでした。

おはよう。
     Buenos dias (ブエノス・ディアス)
ありがとう。
     Gracias (グラシアス)
また明日ね。
     Hasta manana (アスタ・マニャーナ)

ま、、人間挨拶が基本ですから。

挨拶さえできれば
あとは地図を指差したり、にっこり笑顔で押し通したりして
なんとか旅はきりぬけられちゃいましたがね。(ホントかぁ~!?)

a0037874_18345319.jpga0037874_18354065.jpg
a0037874_18355449.jpga0037874_1836666.jpg


これはプエブロの街にある Catedral (カシードラル)。
見事なパイプオルガンの演奏が素晴らしいとの噂を聞き及び、
いつだったら演奏が聴けるのか是非とも知りたかったのだけど、
そんな高度なコミュニケーションはとれず、、、あえなく断念。
a0037874_1840674.jpg

a0037874_18403557.jpga0037874_18404947.jpg



最後はプエブロ焼きの工房であるU riaruteのアトリエ見学ツアーの様子です。

a0037874_18412470.jpg



オーナーらしきおじいちゃんが英語で説明してくれました。

a0037874_1841518.jpga0037874_1842377.jpg


自分達の workmanship に深い愛情と、高いプライドを持っているのですね。

それぞれの工程がいかに大切かを諄々と説明してくれた上、
何かというと、Because it’s art! 「だってこれは芸術だからね!」 のひとことを
繰り返すのが微笑ましくて、思わずファンになっちゃいました。

a0037874_1843749.jpga0037874_184325100.jpg
a0037874_18434412.jpga0037874_184434.jpg
a0037874_1844339.jpga0037874_18444837.jpg
a0037874_1847529.jpg



――――――――――――――――――――――――
ボディーガードのお兄さん達に 「気の毒に…。」 と思われた方は
クリックをお願いいたします。→人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2008-01-25 18:21 | 旅のつれづれ
<< メ キシコシティで大名旅行: ... メ キシコシティで大名旅行: その1 >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧