今日もまたひとこと

10年越しのお買い物

時計を買っちゃいました!

念願だった腕時計、ボーム& メルシェのリネア。

a0037874_11571319.jpga0037874_1157291.jpg



実はこれ、昔憧れていたお姉さまがしていたもので
今までずーっと欲しいと思い続けてきたものなのです。


それは私が学校を卒業した直後のこと。
新卒で入社した日本の会社には 「チューター制度」 なるものがありました。

新入社員一人一人にマンツーマンで 「チューター」 とよばれる先輩社員がつき、
仕事はもちろん、会社生活全般に亘って手取り足取りの指導をしてくれたのです。


私のチューターを勤めてくれたのは当時入社10年ほど(多分…)のTさん。

カッチリとしたスーツを着こなし、長い髪をたらしながらも
自然体でバリバリと仕事をこなす彼女はすぐに
私の憧れの人となったのですが、
その彼女の腕に職場でいつも 『キラリ』 と光っていたのが
この時計だったわけなのですよ。


ゆえにこの時計は私にとって 『デキル女』 の象徴。


これまでずっと欲しいと思い続けてきつつ、きっかけも思い切りもつかなくて
購入には至らなかったのだけれど、
つい3ヶ月ほど前にネットでタイムセールになっているのを見つけてくれた人がおりまして。

「これも縁だよ!」 
清水の舞台から背中を押されてしまったわけなのでした。



この時計、この通り薄いブルーの文字盤にあるのは
Baume & Mercier との会社名とΦ(ファイ)のロゴだけ。
時刻を表す数値は文字盤をグルリを取り巻く周りに刻まれているのみ、
というシンプルさが大人の女性にぴったりではありませんか。

a0037874_1204946.jpg



時計が手元に届いた瞬間から心底気に入って
早速身に付け、自己満足にニンマリしていたら、
なんと! 偶然にも当のTさんからメールが届いたのです。



しかも
「ご無沙汰してるけど元気ですか? 突然ですが、
出張で来週そちらへ行きます。
時間があったら一緒にご飯でもどうですか?」 
との有難いお誘い。


いや、、、指定された日ってホントは仕事が忙しくて、
夕食食べてる余裕なんてなかったんですけどね。
でも、それはそれ、、、周りを拝み倒してスケジュールに都合をつけましたわ。


その時一番助けてくれたのは部下のヘザー。

「昔すご~~くお世話になった人が来るの!どうしても会いたいから、お願い!!」 
そう頼み込んだら、

Is that the lady with the watch?
「それって、例の腕時計の人?」 
そう聞いてきた彼女。

面倒な仕事を全て引き受けてくれただけでなく、
「楽しんできてね~。
ちゃんと 『あなたの真似して腕時計買っちゃいました!』 って報告するのよ。」
だって。


「いやいや、、、そんな、Tさんに腕時計のことなんて報告できないよ。
だって、、そんなの、ストーカーしてたみたいじゃないの。」

そう言い返した私に彼女はひとこと、


She maybe flattered.
     喜んでくれるかもしれないじゃない。


Flatter という単語を辞書で引くと
「媚びる、へつらう」 などの言葉が出てきますよね。
故に、私はこれまでこの言葉を悪い意味でとらえていたのですが
どうやら受身で使うとそうとばかりもいえないようです。

She is flattered.  とすると、
「彼女は(誉められて)嬉しく思う、喜ぶ」 の意味になり、
媚びられて、とか、お世辞を言われて、などのネガティブな意味は
入ってこないようでした。




いや~~~、みなさん、どう思います?

だってね、、Tさんにお世話になったのはもう10年以上も前のこと。
以来、私は職場も変わり、連絡も途切れ、
最後に彼女に会ったのは6~7年も前だったんですよ。

そんなにご無沙汰していた私が、昔、彼女がしていた腕時計にあこがれ続けて
今更手に入れちゃったって、、、逆の立場だったら
ストーカーにあっているようで、ちょっと不気味ですよねぇ。。。



ヘザーに言われて、ちょっと悩んだものの、
小心者の私はやっぱりTさんに腕時計の事は報告できず。
当日はバレないようにはめていた時計を彼女に会う直前に外す、という
念の入れようだったのでした。



でも、Tさんとのディナーは楽しかったです!

無理しついでに平日だったのにも関わらず我が家に起こし頂いたのですが、
同様に昔Tさんにお世話になったという隣の部署の
F岡さんと、うちのダンナと、4人で大笑いして過ごしました。


昔話からみんなの噂話から、、、話題は尽きなかったのだけれど。
一緒に話していてヒシヒシと感じたのは
「Tさんってホントにすごい人だったのね…」 のひとこと。


気取らず、自然体で、いつもニコニコしているのにも関わらず
仕事は超優秀で、当時から周りの評判のとても高い方でしたが、
今ではナント、某戦略室の室長。

『女性では』 などという前置きをおかずとも、
出世頭の先頭集団を走っていると言えましょう。

そんな彼女に入社直後に一対一で教えを請えた私は
なんて幸せだったのかと、今更ながらに自分の運の良さに感謝したくなりました。


------------------------------------------------------
以下はディナーの備忘録。

自分も会社に行かなくてはいけない平日でもお客様をお迎えできるように
前の晩に作り置きできる簡単料理ばかりです。
(写真は係の人が撮り忘れちゃったのでまた今度。)

メニュー:
チーズプレート
     生ハム、ブルーチーズ、ブリエ、クラッカー、グレープの
     盛り合わせ
     <ガラス製のグレープの足のお皿>
前菜盛り合わせ
     ピーマンママリネのエッグアンチョビソースがけ
     (アンチョビフィレがなくて、チューブで作ったらやっぱしイマイチ)
     エンダイブ&ロブスターソース(コスコの)
     <レノックスの白のオーバル・プレート>
ロジャース・ウォルドフサラダ
     最後に胡桃を入れるの忘れた!
     (赤リンゴで作ったけど、これはやっぱり青リンゴの方が美味しい)
     <レノックスの白のサラダ・ボール>
ムール貝の冷製カレー風味ソース
     あらかじめ火を通し、貝を半分とった上で冷凍してあったものを
     ミツワで購入。(身が厚くて美味しかった)
     その場で作ったので温かかったけど、私はその方が好き
     <ダンスクの長方形の薄いお皿>
ラザニア
     Everyday Italian の Lasagna
     (お肉は、ひき肉の代わりにイタリアンソーセージをケースから
     外して炒めたものを使用
     <ブルーのベイキング・プレート>
アイスクリーム
     ハーゲンダッツのクリーム・ブリュレ
     オレンジのコアントロー風味
     <クレート&バレルで買った青のガラス皿>
コーヒー
     メキシコのお土産
     <ダンスクの白のマグカップ>

飲み物:
ワイン(白、赤、それぞれ1本づつ)

テーブル・セッティング:
カーキ色の無地のテーブルクロス
ブルーの網目のランチョンマット
銘々にはレノックスのブルーのお皿
[PR]
by emica96 | 2008-06-16 12:01 | オフィスでのひとこと
<< Yes We Can お気楽パームスプリングス:その2 >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧