今日もまたひとこと

お手々つないで帰りましょ

これまで私は『人を笑わせる』という事に興味がなかったのだけれど、
冗談好きのアメリカ人のやりとりを見ていると、
「ああやってジョークの応酬をするのもいいものだなぁ‥。」なんて
最近では思うようになりました。

ピリッとスパイスの聞いた受け答えをして、相手を爆笑させるというのは
それなりに頭の回転が速くないとできない事だし。
一緒に笑う事によって仲間意識が高まったりもするし。
アメリカではジョークの上手い人というのは
往々にして色んな所での評価の高い人でもあるように思います。


さて、
周りに沢山いる冗談好きなアメリカ人の中でも
際立って面白いジョークをとばすのは、職場で隣の席にいるフィル。
今日も一言でみんなを大爆笑させてくれました。

今日の夕方のこと。
フィルがいそいそと帰り支度をし、まさに部屋から出ようとした時のことでした。
同じ課のマイクが、彼を呼びとめたんです。

“Are you going home? I'll walk with you. ”
「家に帰るところかい? 僕も一緒に帰るよ。 」 って。

そうしたら、それに対してフィルってば、
“ Sure... Do you want to hold my hand?”
「あぁ。 お手々つないで帰るかい?」だって。

“Do you want to hold my hand?”

直訳してしまうと「ボクの手を握りたいのかい?」だけど、
この場合は、前後の会話を考慮に入れて
『お手々つないで一緒に帰りたいのかい?』とでも訳すのが
一番雰囲気を伝えてくれると思います。


一緒に帰るといったって、オフィスから駐車場までです。
時間にして2分もかかりません。
わざわざ帰ろうとしている人を呼び止めてまで
一緒に歩く価値がある距離だとは思いません。

しかも、ムクツケキ男2人で肩を並べて歩いて、何が楽しいというのでしょう。


「一緒に帰ってもいいけど、わざわざ待ち合わせて帰る距離かよー。」と
バカにする代わりに、
『お手々つないで帰りたいのかい?』って答えて笑わせてくれるなんてね。

ちょっと皮肉っぽいけど、
なかなか出来ない受け答えだとは思いませんか?
[PR]
by emica96 | 2004-07-23 13:44 | 「なるほど!」の英語たち
<< テレビにぺタリ? またぁ!? >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧