今日もまたひとこと

高所恐怖症 と 閉所恐怖症


ちょっと前に 「メサベルデ国立公園」 に行ってきました。

ここはコロラド州の山の中にある、アメリカンインディアンの遺跡。
断崖絶壁の山の上に石を組み上げて作った住居が並んでいて、
「一体どうやってこんな所に‥??」と、感心するよりも先に唖然とさせてくれます。

遺跡の保護の為か、絶壁にあるから危険な為か、
遺跡の多くには、レンジャー引率のツアーでしか入る事はできません。

事前にインフォメーションセンターでツアーのチケットを買うのだけれど、
その時にツアーにちゃんとついて行けるかどうかの確認をされます。
というのも、このツアー、10mくらいある梯子を上ったり、
幅 5、60cm 位しか幅のないトンネルを潜らされたりするから。

高所恐怖症の人とか、狭い所が苦手の人は参加を断念した方がブナンです。


さて、、、ちょっと話はそれますが、
私はアメリカで大学に通っている時に
心理学とか生物学とかのクラスを沢山とらされたので
今でも妙な英単語を覚えていたりします。

Biopsy (生体組織検査) とか、Amputate (切断手術) とか
Dialysis (人工透析とか)‥。
「こんな言葉、日常生活では使わないよー。」という言葉を
まだしつこく覚えていたりするのは不思議なものです。

でも今回、そんな単語が役に立っちゃいました。

ツアーに参加を申し込む時、
You are not claustrophobic, are you?
って言われたんです。

Claustrophobia とは閉所恐怖症のこと。
『おぉ!この単語、心理学のクラスで習ったぞ!』 ってすぐに思い出して
"No, I'm not." (いいえ、閉所恐怖症じゃないわ)って答えられました。


そうそう、『閉所恐怖症』 という単語は心理学で出てきたけど、
『高所恐怖症』 という単語は出てこなかったんですよね。
なので、私はこの英単語を知りません。

今回のツアーに申し込む時も、

Nobody is afraid of heights?
(高さが怖い人はいないよね?)という聞き方をされました。

『高所恐怖症』 という英単語って無いのでしょうか?
誰か知っていたら教えてください。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

a0037874_1156301.jpg
高所恐怖症の人はここがダメでしょ?


a0037874_11565015.jpg
そして閉所恐怖症の人はここがダメ。


a0037874_1157646.jpg
中にはどちらでもなくてもムリそうな
人もいますが‥。
[PR]
by emica96 | 2004-07-25 12:00 | 旅のつれづれ
<< おしおき部屋に入ってなさい! テレビにぺタリ? >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧