今日もまたひとこと

どこでもない所 (シカゴ:2)


私は方向音痴です。
自慢じゃありませんが、自分が毎日働いている会社のビルの中でだって
迷子になります。
どっちが北か南かなんて全く分からないから地図も読めないので
初めてゆく土地ではドキドキです。

でもね、、、シカゴで迷子になったのは私のせいじゃありません!
これだけは声を大にして主張させて下さい。


先週出張に行った時、同じフライトでシカゴ空港へ着いたのは同僚のキャリーと私の
2人だけでした。仕方ないので、私達だけで空港近くのハーツでレンタカーを借り、
ホテルへと向かったんです。

ホテルへの行き方はハーツで道順をプリントアウトして貰いました。
地図ではなく、
『Central Street を1マイル行き、I-90 (高速道路)にのり5マイル走る。
Edison exit で高速をおりる‥』 といった形の道案内でした。

運転手ではなく、ナビ役に廻った私は
「間違えないようにナビをしなくっちゃ!」 と緊張しながら一文一文を丁寧に読み、
案内に書いてある通りをキャリーに伝えたんです。
途中、人通りのない住宅街の道に入ったりして不安になったりもしたけれど、
案内に書いてある道順はひとつも間違えずに、きちんと最後まで辿り着きました。

最後の一文の、West Devon street (5.8 miles) を読み終わって、
「これで終わり!この道を5.8マイル行けばホテルに着くはずよ。」 って
キャリーに伝えた時、どんなに嬉しかったか。
「私にもナビができた!」って バンザイをしたい気分でした。

それなのに、、、
West Devon の道をどれだけ行ってもホテルは見えて来なかったんです。

「おかしいねー。この辺のはずなんだけど‥。」 と言い合いながらも
更に運転を続けると、なんと道は行き止まりになってしまいました。
道の先には湖が見えます。

事前に見た地図によると、ホテルは空港の近くにあり湖とは反対にあるはず。
しかも私達がたどりついたのは、周りには建物らしい建物も見当たらない
寂しい場所です。

「どこよ、ここ。」 と私が口にしようとした正にその瞬間、キャリーが一言。

"We are in the middle of nowhere!"
「こんなとこ、何にもないじゃないの!」って。

"nowhere" というのは、文字通り、「どこでもない所」。

つまり、英語の in the middle of nowhere を直訳すると
「どこでもない所のど真ん中にいる」 となります。

まぁ、そこが寂しい場所だったのは確かだけれど、私たちがその時いたのは
シカゴの空港から30分ほどの所。
キャリーの台詞を聞いて、
『nowhere (どこでもない所)って言われるほどの田舎にいる訳じゃないよな~。』
なんて、呑気に考えてしまったのは、まだ私に余裕があったからなのでしょうか。
それとも、既にパニックに陥って
どうしていいか分からなくなっていたからなのでしょうか。

いずれにしてもその時点で、
空港で貰った道案内は全く間違っていた事が判明したのです。
2人ともシカゴの地図は持っておらず、自分達がどこにいるのかも全く分からず。
どうしていいか分からない状態に陥ってしまっていたのでした。

この後どうしたかって?

それはまた次回。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

ちなみに、これはドライブの途中でたちよったファーストフードレストラン。
ミートボールサンドイッチがおいしかったです。
(この時はまだ自分達が道に迷っているなんて知らなかったのよね‥)


a0037874_16105034.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-08-26 16:09 | 旅のつれづれ
<< だれが助けてくれる? (シカゴ:3) 名前に何をつけるって? (シカ... >>



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧