今日もまたひとこと

カテゴリ:「なるほど!」の英語たち( 131 )

インドに行ってきました?

a0037874_6371533.jpg



メキシコの次はインドに行ってきました。

  ---- というの嘘で、ほんとはインドのお祭りに行ってきたんです。


仕事仲間のインド人達が
毎年この時期になると 「是非きて~~!」 と 誘ってくれていたHoli festival。

出不精の私はこれまで行った事がなかったのだけど
今年は元同僚のマリーに 「行こうよ!」 と強~く誘われたため、
重い腰を上げて参加してみることにしたのでした。



近所の公園の一角を占めきって開かれたこのお祭り、
春の到来を祝う festival of color (色祭り)ともよばれているそうで、
“Happy holidays~~~” といいながら
互いにカラフルな粉を全身に塗りあいます。


顔といわず、洋服といわず、、、 情け容赦は一切なし。

a0037874_638833.jpga0037874_6382466.jpg
a0037874_6383885.jpga0037874_6385069.jpg



「うわぁぁぁ~~~、やめてくれぇーー。」 

なんて逃げ回っていると
面白がったみんなが寄って来て更なる標的にされてしまうので
これはもう、最初から観念して素直に塗られちゃった方が
被害は少なくてすみましょう。(苦笑)

a0037874_6393957.jpg



Holi festival 用にこんな粉が売られているのですね。

a0037874_6401824.jpga0037874_6403786.jpg


子供の頃の粘土遊びのように、
汚れを気にせずにみんなでワイワイ騒いだあとは、お昼ごはん。

インドのケイタリングサービスがやってきて
本格インド料理のビュッフェがふるまわれます。

a0037874_6411248.jpga0037874_6412613.jpg
a0037874_6414033.jpga0037874_6415357.jpg



全身色まみれになった人たちが輪になってバレーボールをしている様子は
ちょっと可笑しいけど。。。 楽しそう。

a0037874_6421931.jpg




ちょこっと話は逸れますが。

私の好きなテレビ番組に Jay Leno Tonight Show というコメディーがあります。

そこで

“Have you ever been to India, Jay?”
     「ジェイはインドに行った事があるかい?」
“No. But I talked to the IT guy today.”
     「いいや。 でも、今日IT屋さん (システム屋さん) と話したからね。
     (=インドにいったようなものさ)」

という会話を出して観客の笑いを誘っていたことがあるほど
アメリカでのITサポート (この場合は会社内のシステムサポートですな…)
はインド人だらけです。


仕事上システム絡みの諸々を避けて通れぬ私は
彼らと一緒に働く機会も多いのだけど
その度に感心させられるのがインド人達の勤勉さと優秀さ。

特に数字がらみでの彼らの頭の回転の速さには瞠目させられる事が多々あります。



それはある日の仕事帰りのことでした。

「いや~~、インド人って頭いいよねぇ…。」 溜息まじりに呟いた私に
今回 Holi festival に一緒に行ったマリーはひとこと。


They must be the cream of the crops.
「彼らは(インド人の中での)エリートなのよ。」


The cream of the crops を直訳すると
精選 (the cream) された収穫物(the crops)。

沢山ある作物の中から、選んで選ばれた、生え抜きの、
エリート、という意味になります。



確かにね~、、広大な国土を持ち、貧富の差も大きいインド。
GDP からみるとまだ発展途上国とみなされるこの国から
外国にでる事は決して楽なことではないはず。

勉強でも仕事でも平均に甘んじず、常に上を目指してきた
トップ集団だからこそ
膨大なインド人人口の中から頭角を現して、
アメリカへとやって来くる事ができたのでしょう。


インド人が優秀、という訳では必ずしもなく、
私が普段接しているインド人達が、そんな選り抜きのエリートくん達だと
いうことですね。

ま、、、確かに、あれだけ大きな国の国民全部が頭良かったら怖いよな。。。



とはいうものの、、、
最近アメリカにいるインド人は急増しておりまして
珠玉混合になっているのも事実。
これだけいたらみんながみんな Cream of the crops ではありません。

a0037874_6424245.jpg



追記:
The cream of the crops を 直訳すれば 「収穫物のクリーム」 です。

「クリームがなんで、エリートの意味になるんだ???」 

紹介しておいて無責任ながら私は疑問に思っていたのですけれど、
マイミクのjd1aieさんが完璧な説明をしてくださいました。
ご本人に了承をいただけたので解説を下記に転記しておきますね。

― jd1aieさん wrote ―――――――
クリームの件ですが、あれ牛乳精製の西ヨーロッパ酪農伝来のたとえですね。

しぼった生乳をタルに入れて一所懸命にかき回すと、
スキム・ミルク(牛乳)とわずかなクリームにわかれます。
1ガロンの生乳からクリームはわずかしか取れない「価値ある精華、エッセンス」という意味なのでしょう。

因みにクリームを取り出した後、冷やしながらさらにかき混ぜると、米粒のようなバターだけ分離します。
つまりチーズやバターが酪農の収穫物で、スキム・ミルクは商品価値のあまりないもの。
冷蔵輸送のできない昔は、みな捨てちゃったそうです。

――end of quote ――――――


jd1aieさんはお仕事で東欧にいらした際に
相手先の大学の学長先生の実家で昔ながらの製造工程をみせてもらったのだとか。

『一生懸命にかきまわすと』 という辺りに手作りの感が出ているではありませんか。
こうやって作ったクリーム、、、美味しいんだろうなぁ。

 ---- っと失礼、、美食の話をしているんではありませんでしたね。(笑)
[PR]
by emica96 | 2008-04-07 06:43 | 「なるほど!」の英語たち

金持ち父さん 貧乏父さん

去年のバックログのキャッチアップ更新、第2弾。

a0037874_22375398.jpg



12月はパーティーシーズンですね。 

忙しかった去年は誰も家に招けなかったし、
せっかくの友達からの招待に対してもほとんど断りをいれなくては
ならなかったのだけれど。

それでも 『おぉぉ、、、これには何があっても行かなくてはっ!』
というお誘いもいくつか頂いたのですよ。



そのうちの一つがスコット家でのパーティ。


スコット君は同じ会社で働く同僚です。

所属部署は違うけど共通業務が多い彼はある意味仕事のパートナー。
タイトル(肩書)も私と同じレベルなのでお給料もそんなに違わないはず。。。。。。



「---- なのにどうしてだっっっ!?」  



そう叫びたくなるほどの大豪邸に
彼は住んでいるとの噂をかねがね耳にしておりました。


「今度うちに遊びにきてね~。」
口では何度もそう言うくせに、これまで一度もよんでくれたことのなかったスコット。

「ホントは招待する気なんてないんじゃないの~!?」 
そう思いはじめていた年末に、ようやっとおよびがかかりましたわ。


Dinner at my house (我が家でのディナー)と
シンプルなタイトルで送られてきた招待メール。

中身はこんな風に書いてありました。


Please join us to celebrate the holidays at our new place.
     私達の新しい家でホリディを祝います。どうぞお越しください。

We might be short a few plants and flowers, but we will have Full Sushi bar and tons of your favorite holiday treats, so bring your appetites.
     木や花はまだ不十分かもしれないけど (=庭の手入れはまだ終わってないけど)
     寿司バーを設けるし、沢山の甘いもの (holiday treats) も用意します。
     だから、どうぞお腹をすかせていらしてください。



いやはや、、、豪邸に住んでる方はさすがです。。。。。。。。。

自宅でやるパーティーに寿司職人を呼び、
その場で寿司を握って貰える寿司バーを出しちゃうんだと。

「ホテルで開くレセプションじゃあるまいし、、、」
びっくり仰天した私。
思わず何回も招待状を読み返しちゃいましたわ。



寿司バー云々のくだりはまぁ、ともかくとして、
このメールは人を家に招く際の典型的な招待文です。

特に最初の
Please join us to celebrate the holidays at our new place.
     私の新しい家でホリディを祝うのに、あなたも加わってください。
     --> 私達の新しい家でホリディを祝います。どうぞお越しください。
と、最後の
Bring your appetites
     どうぞお腹をすかしてきてね。
はそう。


2つ目の文はとりわけて可愛いですね。

Bring your appetites
直訳すると、「あなたの食欲を持ってきてください」

『お料理やお菓子を沢山用意するから
(お腹を空かせて来て) いっぱい食べていってね!』 
そんな風に人を誘いたい時にぴったりの、温かみのある表現だとは思いませんか?



さてさて、、、これがパーティーの様子。

a0037874_22405366.jpg
これが噂の寿司バーです。

ちゃんと日本人の職人さんがいて
注文に応じて一通りのものは握ってくれます。




a0037874_2241293.jpg
お味噌汁が魔法瓶に
入っていたのは
まぁ、ご愛嬌かな。




照明が暗かったから写真はあまりとれなかったけど、
ちょっとアンティーク風(?)に仕上げたインテリアはとても素敵。

a0037874_22422671.jpg




家具はもちろんのこと、ライティングから
天井、壁のテクスチャア&色まで、
全てこだわりにこだわって選んだ内装とのことでした。

a0037874_22432894.jpga0037874_22434910.jpg



a0037874_22442874.jpg

飾られたお花も豪華だし。




a0037874_22445135.jpg
階段にはリースがかかっています。




a0037874_22451337.jpg

これはなんと
本物のもみの木から作られているんだって。

「匂いはいいけど、葉っぱが散るから掃除が大変~。」
とはスコットの奥さんのディージャの弁。




a0037874_22454221.jpg

そしてこれが Holiday Treats。
これらは全て手作りで、
余った分はお土産として
帰りに箱につめて持たせてくれました。




念の為に伝えしておきますと。

スコットは何もうちの会社から貰うお給料だけで
こんな金持ち生活をおくっている訳ではありません。

彼は実はサイド・ビジネスとして不動産業も営んでおりまして、
そちらの方の成功でこんなにお金があるらしいです。。


うちの会社はケチなため。
会社からもらうお給料だけで生活している私は
こんな豪華さとはほど遠い貧乏生活を送っておりますのであしからず。。。

――――――――――――――――――――――――
『自宅で寿司バー』 に 「まじかよ!?」 と思っちゃった方はクリックしてくださいまし。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2008-01-12 22:46 | 「なるほど!」の英語たち

よいお年を

今年ももう終わりですね。

2007年は私にとって怒涛の一年。
特に5月以降は仕事が忙しすぎて悪夢の様な日々でした。


「忙しいという漢字は 『心を亡くす』 と書くのよ」


昔から、がむしゃらに物事に猛進するくせのあった私。
母からこうやってよく注意されたものですが、
仕事に忙殺され、夜中どころか連日明け方まで会社に残って仕事に明け暮れる日々を
送った今年は、まさにこの言葉を実感させられてしまった一年でした。



そんな中、10月には
南カリフォルニア全体に大きな被害を及ぼした山火事が発生しました。

この火事、日本でも大きく報道されたそうですが、私の住むサンディエゴでは
300万人の人口のうちなんと60万人に避難勧告が出される事態となり、
我が家も丸2日に亘る避難生活を余儀なくされたのです。


ちなみに下が山火事の影響を表した地図。
(注: 今回の山火事は複数同時発生だったのですが、下の地図はそのうちの一つです)

a0037874_9513795.jpg


  * 黄色は Advisory Evacuation Area (避難推奨地域)
  * 薄い赤が Mandatory Evacuation Area (避難勧告地域)
  * 濃い赤が Burn Area (燃焼地域 = 燃えてしまった地域)


実は我が家は Poway の文字の真上辺りに位置しておりまして。

結果的には避難勧告地域の中に納まってくれたのですが、
一時期、燃焼地域がすごい勢いで広がっている時には
「あ“~、うちもダメだ。。。」 と諦念させられるほどだったのでした。

a0037874_952192.jpga0037874_9522919.jpg


山火事での経験はけれど、逆に日頃の生活を見直し、感謝するきっかけとなりました。
毎日当たり前の事として寝起きしている我が家、何気なく送っている日常生活が
いかに有難いものなのかを身にしみて思い知らされたんです。



実際のところ、友人の中には私達ほど幸運でなかった人もいて。
初めて購入した家とともに、日頃使っている物から、幼い頃からの想い出の品まで全て
灰となってしまう経験をした人もおりました。

a0037874_9524879.jpga0037874_9525961.jpg


そんな人達に、心ばかりの援助をさせてもらっていた時に想い出したのが
大学卒業の際に聞いた学長のスピーチ。

4年間の大学生活に区切りをつけ、社会人となろうとしていた私達に
こんな言葉を贈ってくれたんです。

「君たちはまだ社会人としては入り口にたったばかりだけれど。
でも、この大学で学問を修めた以上は恵まれたスタートを切ったと思いなさい。」

と前置きした上で

「人から与えられる幸せよりも、人に与える事ができる状況の方が
何倍も幸せなのだという事を知って欲しい。」


そう口にした学長先生。

続けてゆっくりとした口調でひとこと。

You have so much to give.

「君たちは与えられる物を既に沢山持っているんだよ。」 と。




忙しい日常生活。
毎日こなさなければいけない事柄に振り回されてばかりで
既に自分が持っている事、恵まれた状況への感謝はつい忘れてしまいがちです。

そんな時にはつい、
賢しげな論理を振り回して、現状に文句を言ってしまいそうになるのだけど。

不満を言う気持ちにちょっとストップをかけ、
ふと立ち止まって自然な目で廻りを見渡したら
なんでもない日常がいかに恵まれた、幸せなものなのかが分かるのかもしれません。



2007年は無我夢中の一年でした。

色々な事に対して判断力を持てぬまま、
文字通り、夢の中のうちに時が過ぎ去って行った様な気がします。

新しく来る年はゆっくり立ち止まり、
色々な経験を自分というフィルターを通して噛み締めながら過ごして行けたらいいな、
そんな風に思うのです。


とりあえずはブログのアップデートももう少し頻繁に出来るように頑張りますゆえ
これからも変わらぬお付き合いを、どうぞよろしくおねがいいたします。

新しく来る年がみなさんにとって素晴らしい一年となりますように。
[PR]
by emica96 | 2008-01-01 09:53 | 「なるほど!」の英語たち

ガンダムがうちにやって来た

掃除機が壊れました。


最近何やら吸引力が悪いなー、と思っていたら寿命だったようで。
しまいには床に落ちている髪の毛さえ吸い上げなくなってしまったので
これはもう寿命かと。


なので買い換えましたよ、新しい掃除機に。


新たにやってきた掃除機は
あのダイソン (dyson)。

竜巻パワーでがんがんゴミを吸い上げてくれると噂の
強力掃除機です。


さすがの吸引力を誇るだけあって
大きいんですね~~、ダイソンの掃除機って。



見て、この存在感。

a0037874_1442747.jpg





「うっわーー、こんな大きいの、どこにしまうんだ??」


そう思いながら眺めていたら
何やら別の思いがこみ上げてきました。




ホラ、、見てみてください。


a0037874_14425180.jpg


何か感じませんか??






この、白に黒いラインが入っているあたりですよ。


a0037874_14431998.jpg








「ガンダムみたい。。。」


思わず口に出してしまって大笑い。


ガンダムなんて、子供の頃だって見ていなかったのに
兄が作っていたプラモデルが潜在意識にでも残っていたんでしょうか。


見れば見るほどガンダム以外には見えなくなります。



それはともかく。

ガンダムくんを買おうを思ったきっかけは
古い掃除機が壊れたせいでもありますが、
実は家の汚さにある日突然嫌気がさしたから。


家がゴチャゴチャしてるのはいつものことだけど。

風の強い日が続いたせいか何なのか
家中が何やら埃っぽくなっていて、
「えぇ~~いぃ、家が汚い! 大掃除してやるっ!」
そう思い立ってしまったからなのでした。


奇しくもアメリカでは大掃除の季節。


日本では大掃除は年末にするものですが、
アメリカでは春にするのが恒例のよう。

その証拠に大掃除の事を英語では
Spring cleaning と申します。


新しくはじまる季節の周期を前に
気分一新、身の回りを綺麗にしようというのでしょうね。
時期は違うものの、考え方としては
新しい年を前に家を清める日本の大掃除と同じなのかもしれません。



さてさて、当のガンダムくんですが、
さすがのダイソン!
「今までの掃除機ってなんだったの!?」 と思わせるほど強力です。

一度掃除機を走らせれば吸い残しなんて全くなく
きれいさっぱりゴミを取り去ってくれるんです。

ゴミが溜まる部分が透明のプラスチックになっていて
掃除をする傍から中が見えるのも
成果が目に見えてグッドだといえましょう。


ただね~、問題はこのガンダム、
パワフルなせいか私には重すぎるんです。。

大きいし、5分も振り回していると
「あ~、、疲れた~~。 休憩、休憩。」 となってしまって掃除がちっとも進みません。(笑)


「これはさ~、どう考えても
あたしサイズの人間の為に作られた掃除機じゃないよねぇ。。。」

わざとらしく、ぶつぶつぶつぶつ、ブツブツブツブツ呟き続けていたら、
しやったり!
これからガンダムの操縦は
ダンナの担当、と相成りました。(爆)



だけど私だってちゃんと掃除機かけるんですよ~。



我が家にはもう一つ小さい掃除機があるので私はそちらの担当になります。


もう一つの掃除機は、小型のコードレス。
パワーはもちろん落ちるけど、小さくて場所をとらないので寝室の隅にたてかけてあり、
ちょっとしたゴミを見つけた時などに
ささっと掃除ができて便利です。



これがそのコードレス掃除機の写真。

a0037874_14451366.jpg








何か感じません???




a0037874_14454940.jpg

この、中に小さなハンド掃除機が
はめ込まれている所なんて見ると特に。








もうお分かりですね?







この掃除機。
ガンダムくんにあやかって
新たに「ザク」と命名されました。

皆さま、これから私の事は『シャア少佐』と呼んでくださいまし。

――――――――――――――――――――――――
ガンダム・ファンの皆さんはクリックしてください!
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2007-04-24 14:47 | 「なるほど!」の英語たち

夏が来た

a0037874_1504425.jpg


今週の日曜日から
Daylight Saving Time (デイライト・セイビング・タイム)が始まりました。

デイライト・セイビング・タイムを日本語で言えば「夏時間」。

日の長くなる夏の間、標準時間を一時間進めさせ
夕方遅くまでお日さまの光を楽しみましょう、という習慣ですね。

これまでずっとアメリカの夏時間は3月の最終週に始まっていたのですが
今年になってエネルギー消費を抑えるようと、2週間ほど始まりを
早めることにしたのだとか。

3月の頭なんて季節としてはまだ冬の終わりなのに、
「夏時間」が始まってしまうのだからヘンな感じです。


ま、ヘンだ何だとと言いつつも、私みたいな呑気者にとっては
「まっ、いつもより2週間早く時計の針を変えればいいんでしょ?」
で済んでしまうこの変更ですが
IT関係者にとっては、中々頭の痛い事件のよう。


コンピューターには時計が内臓されていますよね。
この時計、アメリカ時間では夏時間への移行を考慮済み。
3月末になると自動的に一時間進めるようにプログラムされておりまする。

自動的に時計を変えてくれるのはもちろん便利なのですが
制度の変更までは考慮されておりません。

これまでずっと3月末だった夏時間への移行ゆえ、
「今年から、3月第2週からに早まったから宜しくね」 なんていわれても
簡単になおせる類のものではないのだとか。


機械オンチの私には何が何やらよく分からないんですけど、
そ~いえば、アウトルックの予定表がおかしいんですよね~。

毎週決まって11時に始まる会議の予定が
何故か今週からは12時に入っているのです。

夏時間が早く始まるからといって
どーしてカレンダーの予定表が1時間進んじゃうのかさっぱりわからぬまま
(リクツが分かる方、教えてくださいまし)

「なんでもいいんだけどさー、、、このままだと
勘違いして会議に遅刻しちゃうから1時間動かしてよ。」

会社のIT担当のリチャードに気軽に頼んでみたところ、
彼は深い深いため息をつきながらひとこと。

If only it were that simple…
「そんなに簡単だったらいいんだけどね。。。」 


If only it were that simple というのは
事の重要さ、複雑さを分かっていない人間に話しかける時の決まり文句です。

文中の only を除いて If it were that simple とすれば
「もしも、it(それ)がそんなに簡単だったら」 となりますね。
これに onlyを入れて、「そんなに簡単だったらいいんだけどね。。。」と
呆れた気持ちを表現しているのかもしれません。


ITの人たちの苦労は分かりませんが
夏時間のメリットはすぐ分かります。

この投稿の頭が、土曜日の午後6時。
そしてこれは日曜日の午後6時。
夏時間で時計を1時間進めただけでこんなに明るさが違うんです。
その分一日を有効に過ごせそうですよね。

a0037874_1511037.jpg


――――――――――――――――――――――――
「でも、3月初旬で 『夏時間』 はヘンだ…」 と思う方はクリックしてください。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2007-03-12 15:01 | 「なるほど!」の英語たち

弾丸の噛み心地

部下が会社を辞めてしまいました。。。

えぇ、実はいるんですよ、、、私なんぞにも部下というものが。

ま、部下と言ってもたかだか二人だけだし。
しかも、部下達は私が転職してくる前から職場にいるので
ダメ上司の私は彼らの仕事の半分も理解していないというていたらく。

「組織のマネージメントもしてます。」 なんてことは
口が裂けてもいえませんけどね。


今回辞めてしまったのは二人のうちリーダー格だったマリー。

彼女はもうかなり年配で、しかも数年前から健康状態も良くなかったんです。
本来ならばまだ引退するにはまだ間がある年齢なのだけど、
体調不良はやっぱり色々な所で影響が出るらしく、
仕事自体よりもむしろ毎日の通勤耐えかねて引退することに決めたのだとか。


このマリーが私の部下となったのはつい数ヶ月前のことですが、
彼女と私はそれより何年も前から同僚、兼、友人として
ずっと仲良くしてきていたんです。

仕事が優秀だっただけではなく人間としてもとても出来た人だったマリー。
休憩時間には、彼女のこれまでの体験談を話して貰ったり
私の愚痴を聞いてもらったり。
年齢差のせいもあって、私にとっては
母親か、年の離れたお姉さんのような、頼りがいのある存在でした。


その彼女が、会社を辞めるのを知ったのは
私が転職してきてすぐのこと。

「もう随分前から考えていたことなんだけど…」

そう言って引退話を切り出された私はもうパニック。

「あなたなしで、どうしたらいいのよ~~~。」

泣き出さんばかりにして拝み倒してはみたものの、
彼女が辞めるという意思を覆させることはできませんでした。


正直いって途方にくれてます。


これまで私は自分の事に精一杯で、部下の仕事には
ほとんど手が回らなかったんですよね。
全くもって上司とは名ばかり。
何から何までマリーに頼りきっておりました。


「私ひとりでハンドルするなんて無理よ~~。」

いつまでも、グチグチと弱音を吐いていた私。


堪りかねたのか、とうとう最後の最後にマリーから一喝されちゃいました。


Emi, I know you can do it.
You just have to bite the bullet.


「エミ、あなたならできるから。
大変だってやりぬかなくちゃいけないのよ。」

Bite the bullet を直訳すると 「bullet (弾丸)を噛む」。

その昔、まだ麻酔技術のなかった頃、
戦争で負傷した兵士の手術をする際には、鉛の弾丸を噛ませて
痛みに耐えさせたのだとか。

弾丸を噛んで痛みに耐え抜く、という所から
「覚悟をきめて(大変な事を)やりぬく」 という意味で使われるそうです。


日本刀を振り回して戦っていた国の私には
あまりピンと来ない表現だったけど、
「腹をくくる」 とでも訳してみれば、言わんとしている事は分かる気がしますよね?

――――――――――――――――――――――――
「がんばれ~。」 のクリックをしてくださるととても喜びます。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2007-02-27 14:46 | 「なるほど!」の英語たち

ファミリー:ついでのおまけ

a0037874_5552823.jpg


Family comes first. It always has; it always will.
(家族が最優先です。今までそうだったし、これからもずっとそうします)
のひとことを耳にした途端、
タイガー・ウッズの俄かファンとなってしまった単純な私。

熱は未だに冷めやらず。
先々週末にはなんと、生身の彼をひと目拝まんと
ゴルフ・トーナメントの観戦に行ってしまいました。

実はPGA Tour のひとつ、Buick Invitational が
近所のゴルフ場で行われたのですが、
このトーナメントのタダ券が手に入ったのです。


それは木曜日の夕方のことでした。

オフィスで仕事をしていると
「観戦チケット余ってるけど、欲しい人?」 と聞かれたんです。
そこで、大して気乗りのしないまま
「あぁ…。 余ってるんなら貰おうかな。」と手を上げたところ、
「ほい。」と手渡されたのは何と Sky box (スカイ・ボックス)席のチケット。

最終ホールをグルリと取り囲む、あの、特別席のチケットだったのでございます。

18ホールを見下ろす、完璧なビューを持つ位置に座席が確保されているだけでも
何やらVIPになった気分で得意満面なのに。
Sky Box はテントで覆われているから陽射しは避けられるし
食べ放題、飲み放題の豪華ビュッフェ付きだし、
いやいや、、、言うことありませんわ。



ただね、朝から最終ホールに陣取っていても選手は誰も来ないので
途中までは皆と一緒にコースを歩き回って観戦します。

最初はやっぱり1番ホール。
ティーグラウンドの傍に張り付いていれば、プロの素晴らしい
ドライバーが次から次へと見られます。


一番ホールのドライバーはその日最初のショットなので
打ち始める前にオフィシャルが選手を一人一人紹介するのですね。

選手の出身地やら所属やらなんやらごちゃごちゃ言っていたみたいですが
マイクの音量が低すぎて細かい事は全く聞こえず。
唯一耳に入ってきたのは、

Please welcome Tiger Woods.
「タイガー・ウッズ選手をお迎えください」
のひとことだけでした。


Welcome はもちろん「ウェルカム!」。
そのまま使われると「ようこそ!」と訳されると思いますが、
単語の意味は「歓迎する」です。

故に、Please welcome Tiger Woods. を直訳すると
「タイガー・ウッズ選手を歓迎してください」

ちょっとこなれた訳になおすと
「タイガー・ウッズ選手をご紹介します。皆さんどうぞ拍手で迎えてください。」
とでもなりましょう。

この言葉、パーティーや会同などで大人数を相手に
誰かを紹介する時の決まり文句です。
「暖かく迎えてあげてくださいね」の意を含んで
Please welcome と口にする事が多いです。



話を戻しますと、
Please welcome (暖かくお迎えください)なんて前置きが要らない程の
熱狂的声援で観客に迎えられたタイガー・ウッズ。

観客に笑顔で手を振った後には
その日一緒に回る選手と彼らのキャディーさん達に握手をして挨拶していたんですが
驚くことに、その時に彼が発した挨拶の言葉はなんと、

“Hi, I’m Tiger.”
「ハイ、僕はタイガーです。」


思わず笑っちゃいましたよ~~。

知ってるって! キミの名前なんて名乗らずとも
ここにいる何万人全員が。


超のつく有名人なのにごく普通の人と同じような挨拶をした
タイガー・ウッズ。
謙虚さの表れなのか、何も考えていないからなのかは分かりませんが、
傍で聞いていて何やら可愛く感じてしまったのでした。


さて、一通りドライバー・ショットを見終わった後は
大抵お目当ての選手と一緒にコースを周ったんですけど、
やっぱりタイガーの周りはすごい人。

全部のホールをついてて周るのはあきらめて、2~3ホールだけ見てみたのですが
運のいい事に、ちょうど私が立っていた目の前のバンカーに
タイガー・ウッズのボールが落ちてきたり、
その日唯一彼が出したイーグルを目の前で目撃できちゃったり。
中々運が良かったようです。
(カメラは持ち込み禁止の為、写真は全く撮れませんでした、残念!)


最後はSkybox に戻って特別席から18ホールのホールアウトを観戦。
タイガー・ウッズの7連続となるPGA ツアー 優勝を見届けた後、
せっかくなので、その場で引き続き行われた表彰式も見てから
帰途につきました。

ちなみに優勝を決めた直後にはタイガー・ウッズのお母さんと奥さんが
グリーン脇まで駆け寄ってきてビッグ・ハグ。

一応公的な場であるPGA ツアー会場に、私的の代表格の家族を
登場させてしまうなんて、
公私のけじめをはっきりつける日本ではあまりないことですよね?

アメリカは良くも悪くも、やっぱり
Family comes first, なんだよな~、と思ってしまった
私のゴルフ初観戦でありました。

――――――――――――――――――――――――
ゴルフ好きの方はクリックしてくださいまし。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2007-02-11 05:56 | 「なるほど!」の英語たち

メリークリスマス

クリスマス、、、ですねぇ。

さすがは派手好きのアメリカ人というべきか。
街は華やかな飾りつけでいっぱい。
ホリディ・セール真っ最中のショッピングモールはもちろんのこと
個人の家でも自宅の外側に電飾を取り付け、クリスマス気分を盛り上げています。

これはうちのお隣さんの電飾。

a0037874_16264939.jpga0037874_16192616.jpg


写真でみるとちょっと寂しげかな?でも実際は派手すぎない品のある装飾です。
『これでもか!』 とばかりに下品なほど電気をつけているのと違い、
こういうシンプルな飾りつけは私も賛成。


モールや家の周りの電飾は驚くことではないけれど。
お祭り好きのアメリカ人たちの逸る気分はそれだけじゃ収まりません。

これはなんとオフィスの様子。

a0037874_16202339.jpg
真面目に働くべき職場の壁に
わざわざ延長コードを持ってきて
クリスマスの電飾を
取り付けちゃうんですよ。

a0037874_16205969.jpg

間にはギフトのオーナメントを付けるという懲りよう。



a0037874_16225285.jpg

ここは机と机の間の通路なのに。
こんな、ライトを渡しちゃったら
みんなが通れないじゃないの。




電飾自体は大丈夫だったけど。
通路にライトを渡したのはさすがにまずかったらしく。

ファシリティ(総務?)のおじちゃんに
「これは危ないから外しなさい」 って怒られちゃいました。



ところでクリスマスといえばプレゼントがつきもので。

アメリカのオフィスでは、今の時期同僚の間でギフトが飛び交います。
そんなに高いものじゃなくて、一人当たり10ドルから15ドルくらいかな。

キャンドルとか、ローションとか、チョコレートとか。
手軽な物が主流です。

でもね、、、貰うのは嬉しいけど、キャンドルはあんまり使わないし、
ローションもそんなに沢山いらないし、チョコレートは太っちゃうし。

処分に困る贈り物が多いのもまた事実。


「う~ん、またキャンドル貰っちゃったよー。いらないのに~~。」

ぶつぶつ呟いていたところ、
隣の席のゲールがひとこと。

You can regift.
「リギフトすればいいじゃないの。」

Regift なんて言葉、手持ちの辞書には載ってすらいませんが。

Re-gift と分けて考えれば意味するところは一目瞭然。
re 再度
gift 贈る

つまり一度誰かから貰ったものを、今度は別の人に自分からのギフトとして贈ってしまう、
ということなのですね。


日本でも結婚式の引き出物とかお歳暮とか、処分に困ると
人に回してしまったりしてたけど。
でも re-gift は 「これ、もらい物なんですけど…」 というお裾分けではなくて
あたかも自分が買ったギフトかのように贈ることをいうのだとか。

気持ちはすご~~くわかるけど、
バレた時のことを考えるとね~~~。

a0037874_16241280.jpg
これが今年私のギフト。
どれが re-gift でしょうね。


――――――――――――――――――――――――
職場の電飾に開いた口が塞がらなかった方はクリックしてやってくださいまし。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-12-22 16:28 | 「なるほど!」の英語たち

ぴんぎゅぎらむ?

病院に行ってきました。

大した事はないんですけど、
左目の白目の部分にポツン、と水泡の様なものができてしまい
コンタクトレンズを入れると目がひどく充血してしまうんです。

痛くも痒くもないので放っておこうと思ったんですけど、
水泡のできた部分があまりにも充血してしまい
「眼が赤い~!眼科に行けぇ!」と周りがうるさくいうんです。


ところで。
私は今回初めて知ったのですが眼科には二種類あるんですね。

私は目が悪いので行きつけの眼科をもっています。
使い捨てのコンタクトレンズを作るため、
一年に一度家の近くのドクター・ヘイズで視力を測ってもらうから。


今回、眼の治療も、当然のように同じ先生に診てもらおうと思って
「分かったよ~~。じゃあ、ドクター・ヘイズに予約するよ…。」
そう呟いたら、同僚のゲールに一喝されちゃいました。

“Dr. Hays is an optometrist!  You need to see an ophthalmologist.”

「ドクター・ヘイズはオプトメトリストじゃないの!
オプサルモロジストに診て貰わなきゃダメよ!」


「オプト、、、オプト、、、何だって!?」

思わず途方にくれてしまったわたし。


何でも
Ophthalmologist(眼科医)と
Optometrist (検眼医) は
似て異なるものなのだとか。

前者がいわゆる治療を目的としたドクターなのに対して
後者は一般的な眼の検査、及び視力矯正用具(メガネ、コンタクト)の為の
検眼を主にしたドクターなのだといいます。

「治してもらわなくちゃいけないんだから
ちゃんと ophthalmologist に行かなきゃ。」 

みんなにそう言われてしまったのですね。



で、、、ちゃんと眼科に行ってみてもらいましたが
医療用語って難しいです~~。

診察の前に私自身、及び血縁関係の親族のアレルギーや
健康状態を聞かれるのですが、この時点でもう分からない単語続出。

高血圧(High Blood Pressure) 緑内障 (Glaucoma) 、とか
糖尿病 (Diabetes)、くらいはさすがに知ってるけど
コーニア(cornea)、レトナ(retina)、ピューピル(pupil)、
オプティック・ナーブ(optic nerve) などと並べられると
『そういや昔、生物の授業で教科書に出てた、、、でも、どれがどれだっけ??』
なんてパニックに陥ってしまって

Uh,,, I don’t know what that is.
「あ~、、、それが何なのか分かりません。。」

思わず口ごもってしまい、看護婦さんを困らせてしまいましたわ。
(辞書を持っていけって? 笑)


あ、それから極め付けは私の眼の診察結果、
お医者様はさっくり
「あぁ、、、プタリグム・ピングエキュラ だね。」 だって言ってくれたけど


「プタ、、、、ワァット??」 (プタ、、、何ですって??) 

って馬鹿みたいに聞き返したら苦笑いして
“eye facts about Pterygium and Pinguecula”
というパンフレットをくれました。


それによるとこの疾病、原因ははっきりしていないらしいけど
お日様にあたりすぎることによって起こる炎症だと言われているそうです。
別に眼に傷がついた訳でもないし、ウィルスにかかったわけでもない。
ましてや私の場合は白目の部分にできたこともあり
心配することは何もなくて
目薬の処方箋だけをもらってかえってきたのでした。



余談ですが、私、昔から肌が弱くて。

油断して太陽にあたりすぎるとヒドイことになります。
なので家族からは 「白カビ」 とからかわれるほど
普段外に出ないんですが。(何のために南カリフォルニアにいるのやら…)

肌だけじゃなくて眼までもお日様に弱いとは知りませんでしたわ。

ゴルフなんかやってる場合じゃないってことですな、、、まったく。
――――――――――――――――――――――――
プタリグム・ピングエキュラ
に『なんじゃそりゃ?』 と思われた方はクリックをお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-12-11 16:03 | 「なるほど!」の英語たち

お幸せに

a0037874_852195.jpg


引き続き 「書き忘れてた事シリーズ」。
3回目はなんと一年も前の出来事についてです。

去年の5月末、大学時代の友人の結婚式に出席してきました。

大学時代に一緒に机を並べて勉強していたスティーブンとマイ。
彼らが長い長い春に区切りをつけて入籍することになったのです。


大学時代からずぅ~っと一緒だった二人。
スティーブンはコンピューター・サイエンスが専攻だったのに
マイと一緒にいたいが為に彼女の専攻科目である経済学部の授業に
いつも潜り込んできていたのを懐かしく思い出します。

大学卒業後も、二人の仲の良さは変らず。
だけど驚いたことに
なんと、二人一緒に学部専攻とは全く関係のない歯科大学に進学し、
揃って歯医者さんとなってしまっていたのでした。


そんな二人の結婚式は 「豪華!」 のひとこと。

a0037874_854198.jpg
場所は、かのリッツ・カールトン。



「昼間の式だから安いのよ~~。」なんてマイは笑ってたけど。

ラグナビーチを見下ろす崖の上での結婚式はやっぱり他とは違います。

a0037874_875213.jpga0037874_88422.jpg
a0037874_885672.jpga0037874_89659.jpg

ちょっと曇り気味の天気が残念ではあったけど、
晴天だと暑くなりすぎるのでちょうどよかったのでしょう。

a0037874_892398.jpg




室内に移っての会食(披露宴)も
盛りだくさんの内容で、皆の笑顔が溢れていました。

a0037874_8103863.jpga0037874_8104812.jpg
a0037874_8111396.jpga0037874_811244.jpg


お決まりのケーキカット。
このケーキ、すごく綺麗に作られているので
プラスチック製の贋物かと思ってしまいますが、
ちゃんとスポンジとクリームで作られたホントのケーキ。
a0037874_8125613.jpg



a0037874_8133195.jpg

あとでこんな風に切って
デザートとして饗されます。
(美味しかった!)




そしてもちろん最後はブーケ・トスでしめくくり。

a0037874_814281.jpg




この二人、実は High school sweetheart 同士なのです。

Sweetheart スイート・ハート (恋人)に
High school 高校 をつけるとそれは

「高校時代の恋人」

ま、言葉通りの意味なんですけど
日本語で 「初恋の人」 と言うのと同じような意味あいで
使われる事が多い気がします。


高校時代から大学、大学院、そして社会人になっても
ずぅ~っと一緒のマイとスティーブン。
この日は幸せ一杯の2人の笑顔に
幸福をお裾分けしてもらった気分になりました。

お幸せに。


――――――――――――――――――――――――
「わ~、きれいな花嫁さん」 と思われた方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-09-10 08:14 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧