今日もまたひとこと

<   2004年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

救いの神とのお食事会(シカゴ:4)


a0037874_11264289.jpg

しつこいですがシカゴの続き。
ホテルに行こうとして道に迷ってしまったまま、
「えぇ~い、このままダウンタウン観光に出かけちゃえ!」と
開き直ってしまったキャリーと私。
とても楽しい午後を過ごしました。

シカゴはいい街でしたよー。
気候はいいし(これは偶々その日は運がよかっただけみたいだけど‥)
街はきれい。しかもダウンタウンでは夜になっても
女の子が平気で1人で歩いているなど、
治安の悪さは微塵も感じさせませんでした。

でもね、私が一番気に入った点は
アメリカにしては珍しく、古さと新しさが上手く融合している所。
街の中心部は勿論高層ビルの摩天楼がそびえたっているのだけれど、
その反面でちょっと郊外に出ると、「アメリカンカントリー」の典型と思える
古いレンガ造りの可愛らしい家々に囲まれます。

そしてダウンタウンでは高層ビルの横によく手入れされた公演や野外劇場が広がり、
あちこちでストリートミュージシャンを見かけるんです。
街のオープンカフェでは無料コンサートも開かれているようで
ひとびとが楽しんで生活している様子がよく伝わってきました。


「いいいねー、いいねー。」なんて楽しんで観光をしていたキャリーと私ですが、
夕暮れが近づくにつれ、さすがに少しずつ心配になってもきました。
だって、『ホテルへの道順を見つける』という問題の解決を先延ばしに
してしまった私達。さすがに暗くなる前にはホテルに辿り着いておかないと
マズイです。

そろそろ夕食も食べたいのだけれど、ダウンタウンで食事をしてしまうと
ホテルに行くのは確実に真っ暗になってから。
昼間なら道に迷っても笑い話で住みますが、夜になってしまったらさすがに
身の危険を感じます。

「できればダウンタウンでご飯食べちゃいたいけどねぇ‥。」 
「でも、やっぱりホテルに先に行くべきじゃない?
ご飯はホテルのダイニングで食べようよ。」 
などと言い合っていたら携帯電話が鳴りました。

とって見ると、電話の主はフィルです。
フィルも今回の出張の同行者。ただ、私達とは別のフライトで
飛んできたので彼のシカゴへの到着は夕方だったのでした。

「今ホテルにチェックインしたんだけど、君らは何処にいるの?」
と聞いてきます。

「いや~、今ダウンタウンにいるんだけどね、ホテルへの道順が分からないから
そろそろホテルに向かわなくちゃと思っているのよ。」 
などと最初は説明していたんです。
でもね、、ここでまたピン!と閃きました!

だって、フィルは今ホテルにいるんです。
彼がホテルからダウンタウンまで来てくれれば、
帰りも連れて帰って貰えるじゃないですか!

正に救いの神の登場です!!

この機を逃してなるものかと、
「私達今ダウンタウンにいるんだけど、フィルもおいでよ~。」って
誘いをかけました。もちろん
「ホテルからダウンタウンの道のりをきちんと調べてきてねっ!」 と
念を押すことも忘れません。

これで問題は一挙に解決!
夜遅くまでダウンタウンで食事をしていたって、フィルがちゃんと
ホテルの場所を把握しているから安心ですよね。

ということで、、、
そのままダウンタウンに残り、フィルと落ち合った後、
救いの神の彼とともに食事を済ませてからホテルへと向かった私達なのでした。


そうそう、一応確認をしておくと
遊んだ事ばっかり書いていますが、このシカゴ旅行は一応出張です。(信じて!)
つまり、食費は経費として会社持ち。後で出張清算をして
払い戻しをしてもらう事になります。

でね、、、3人で夕食を一緒に食べるのはいいんですが
出張清算をする為には、レシートが必要となるんですよね。
つまり、キャリー、フィル、私の3人それぞれが別々に食事代の領収書を
貰っておかないといけないのですね。3人で1枚のレシートじゃダメなんです。

「請求書を3つに分けて欲しいんですけど‥」

英語ではこれをどういう風に言ったらいいのかな、と悩んでいたら
キャリーが横でウェイターさんに向かって正解を口にしてくれました。

"Can you split the bill in three ways?"

Split the bill とは、「bill (請求書)をsplit (分割する)」。
in three ways とは、 「3つに」 ですね。

「割り勘にする時にはこうやってお願いするばいいのか‥。」 と
また1つ英語を勉強してしまった所でシカゴ観光はお終いとなりました。


     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

これが食事の後にチェックインしたホテルの様子。(ちゃんと辿り着けてよかった!)
「さすがウェスティン!」 素敵な内装でした。

a0037874_11272339.jpga0037874_11274040.jpg


a0037874_11281423.jpga0037874_11283118.jpg
[PR]
by emica96 | 2004-08-31 11:30 | 旅のつれづれ

だれが助けてくれる? (シカゴ:3)

これが今日の出発地、私達が迷い込んだミシガン湖のほとりです。
さすが、アメリカ5大湖の1つ、巨大で対岸が見えない為、
海かと思っちゃいますが、間違いなく湖です。

a0037874_4375741.jpg

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

さて、初めて行ったシカゴで迷子になってしまった私達。
「もしかして、、、道に迷った?」 と
気がついた時点で既に空港から30分ほど離れてしまっており、
湖のほとりの寂しい場所に入り込んでいたんです。
幸いなことに、まだお昼を少し過ぎたくらいの真昼間だったので
知らない所に入り込んだからといって身の危険を感じるという事は
ありませんでしたが。

とりあえず車を道の脇に停め、「どうする‥?」 とキャリーと顔を見合わせてし
まいました。
途方に暮れるというのはまさにこういうこと。
だって、2人とも地図を持っていなかったので現在地の確認のしようもなかったんです。

「空港まで戻ろうか。」 とか、
「通りがかりの人に道を聞いてみようよ。」 とか色々と話し合ったのだけれど
どれもいまひとつ。

そのうち、キャリーが、「そうだ!電話で誰かに聞いてみるっていうのは?」 と
言い出しました。
「誰かって誰よー。私シカゴに友達なんていないよ。」 と最初は言い返した私ですが、
考えてみればこれ、悪いアイディアじゃないですよね。
別に今シカゴに住んでいなくったって、シカゴの街をよく知っている人だったら
電話で助けてくれられるかもしれません。

問題は誰に助けてもらうかということ。

「シカゴの街を良く知っていて、ホテルの場所も分かる人はというと‥」 と
考え初めて思いつきました。
「そうだ!ホテルに電話してみればいいんじゃない!?」
考えてみれば簡単なこと。ホテルへの道順を教えて貰いたいんです、
だったら、友達なんかに聞かずにホテルに直接聞いてみればいいじゃないですか!

ということで、、、
キャリーが宿泊予定のウェスティンホテルに電話をしてくれました。

道順を聞きたい時、英語ではこう言うようです。

"Can you give us directions?"

directionは「使用方法」 とか 「指示」 などという意味で使われる事が多いですが
「道順」 という意味にもなります。つまり、上の英語を訳すと、
「私達に道順をくれますか? =(ホテルへの行き方を)教えて貰えますか?」 です。
もちろんホテルに限らず、レストランや友達の家などに行くとき、
「行きかたを教えて」 と頼む時によく使われる英語です。


話を戻します。
ホテルに電話をかけたキャリーが
「今空港から West Devon Street まで車で来たのだけれど、
ホテルへの道順を教えて。」と尋ねると
「なんでまた、そんなホテルと反対の方向に行ったの?そこはもうダウンタウンの近くよ。」
との答え。

「いや、レンタカー会社で貰った道順が間違っていてね‥」とか何とか
説明をしたりもしたのだけれど、そのうちフト閃いて
「ねぇそれだったら、いっその事、このままダウンタウンに観光にいっちゃおうよ!」と。


どーせこの日は仕事はなし。
予定では、まずホテルにチェックインをし、着替えてから
ダウンタウンに遊びに行くつもりにしていました。
という事は、チェックインを後回しにして先に観光をしちゃっても
一向に差支えはない訳です。


「予定変更!ホテルへの道順じゃなくて、ダウンタウンへの道順を教えて!」と
叫んだキャリーにホテルの人は苦笑いしていたようですが、
無事ダウンタウンへの道のりを教えてもらい、一路シカゴ観光へと向かった
私達なのでした。


え?
それじゃあ問題を先送りにしただけでホテルへどうやって辿り着くのかは
まだ解決していないじゃないかって?
ま、それはそれ。
人生どうにかなっちゃうものです。救いの神はちゃんと現れてくれます(笑)。


     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

a0037874_4383369.jpgこれはシカゴのダウンタウンで
見つけた噴水。前衛的なデザインが
シカゴの町並みと
マッチしているからか
違和感は感じませんでした。
[PR]
by emica96 | 2004-08-29 04:41 | 旅のつれづれ

どこでもない所 (シカゴ:2)


私は方向音痴です。
自慢じゃありませんが、自分が毎日働いている会社のビルの中でだって
迷子になります。
どっちが北か南かなんて全く分からないから地図も読めないので
初めてゆく土地ではドキドキです。

でもね、、、シカゴで迷子になったのは私のせいじゃありません!
これだけは声を大にして主張させて下さい。


先週出張に行った時、同じフライトでシカゴ空港へ着いたのは同僚のキャリーと私の
2人だけでした。仕方ないので、私達だけで空港近くのハーツでレンタカーを借り、
ホテルへと向かったんです。

ホテルへの行き方はハーツで道順をプリントアウトして貰いました。
地図ではなく、
『Central Street を1マイル行き、I-90 (高速道路)にのり5マイル走る。
Edison exit で高速をおりる‥』 といった形の道案内でした。

運転手ではなく、ナビ役に廻った私は
「間違えないようにナビをしなくっちゃ!」 と緊張しながら一文一文を丁寧に読み、
案内に書いてある通りをキャリーに伝えたんです。
途中、人通りのない住宅街の道に入ったりして不安になったりもしたけれど、
案内に書いてある道順はひとつも間違えずに、きちんと最後まで辿り着きました。

最後の一文の、West Devon street (5.8 miles) を読み終わって、
「これで終わり!この道を5.8マイル行けばホテルに着くはずよ。」 って
キャリーに伝えた時、どんなに嬉しかったか。
「私にもナビができた!」って バンザイをしたい気分でした。

それなのに、、、
West Devon の道をどれだけ行ってもホテルは見えて来なかったんです。

「おかしいねー。この辺のはずなんだけど‥。」 と言い合いながらも
更に運転を続けると、なんと道は行き止まりになってしまいました。
道の先には湖が見えます。

事前に見た地図によると、ホテルは空港の近くにあり湖とは反対にあるはず。
しかも私達がたどりついたのは、周りには建物らしい建物も見当たらない
寂しい場所です。

「どこよ、ここ。」 と私が口にしようとした正にその瞬間、キャリーが一言。

"We are in the middle of nowhere!"
「こんなとこ、何にもないじゃないの!」って。

"nowhere" というのは、文字通り、「どこでもない所」。

つまり、英語の in the middle of nowhere を直訳すると
「どこでもない所のど真ん中にいる」 となります。

まぁ、そこが寂しい場所だったのは確かだけれど、私たちがその時いたのは
シカゴの空港から30分ほどの所。
キャリーの台詞を聞いて、
『nowhere (どこでもない所)って言われるほどの田舎にいる訳じゃないよな~。』
なんて、呑気に考えてしまったのは、まだ私に余裕があったからなのでしょうか。
それとも、既にパニックに陥って
どうしていいか分からなくなっていたからなのでしょうか。

いずれにしてもその時点で、
空港で貰った道案内は全く間違っていた事が判明したのです。
2人ともシカゴの地図は持っておらず、自分達がどこにいるのかも全く分からず。
どうしていいか分からない状態に陥ってしまっていたのでした。

この後どうしたかって?

それはまた次回。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

ちなみに、これはドライブの途中でたちよったファーストフードレストラン。
ミートボールサンドイッチがおいしかったです。
(この時はまだ自分達が道に迷っているなんて知らなかったのよね‥)


a0037874_16105034.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-08-26 16:09 | 旅のつれづれ

名前に何をつけるって? (シカゴ:1)

a0037874_3534055.jpg


シカゴに出張に行ってきました。 (上はシカゴのダウンタウンの写真です)

まぁ、出張といっても一泊二日。
しかも実質私が必要だったのはたかだか2時間くらいのミーティングだけだったのだけど。
こんなお気楽出張なんて本当に珍しいです。貧乏性の私としては、
「これだけの為に往復の飛行機代&ホテル代を会社に負担させちゃっていいの??」と
申し訳なくなってしまうほど楽な出張でした。


とは言うものの、、、普段は電話&メールでしか交流のない人たちと実際に会って
話ができる機会というのは本当に有意義なものですね。

今回のミーティングで初めて会ったサンディは電話ではそれこそ数え切れない位
話をしている相手でした。
仕事上の事ならどんな些細な事でも気軽に連絡をしあい、
「も~、今度こんなミスをやらかしたら納品差し止めだよー。」とか何とか、
気安く冗談を言い合えるくらい仲良しだったんです。

電話の明るい気軽な感じから、彼女はせいぜい30代前半の女性だと思っていました。
だからこそ私も歳の差をあまり気にせずに友達感覚で接していたんですよね。

それが、、、
実際にあったサンディはなんと白髪頭の、恰幅のいいおばちゃま。
一番最初に目にした時にはまさか彼女がサンディだとは思わず、
「サンディに会いにきたんですけど‥」って
取次ぎを頼んでしまったほど、想像していたのとは違った人だったのでした。

いや、別におばちゃまだったからどうだというのではないのですけどね。
アメリカだと仕事仲間に年齢って関係ないし。
でも、、、やっぱりこれだけ年上の人にあんな軽口は叩いちゃいけないんだろうか‥。
「とりあえず、これからはもうちょっと丁寧に応対しよう。」 って
思ってしまいました。


あ、そうそう、こんな風に知り合いだけれど顔を知らなかった人と出会う事を英語では
“Put a face to the name” 「名前に顔をつける」 といいます。

サンディにも、
”Emi, nice to finally meet you in person. It’s great to put a face to the name.”
「エミ、やっと会えて嬉しいわ。名前に顔をつけられる 
(=どんな顔をした人なのかが分かる)って本当にいいものね。」 と言われました。


ブログでお友達になった皆さんの名前にも、いつか顔をつけられる日がくるといいな。
[PR]
by emica96 | 2004-08-23 03:54 | 旅のつれづれ

なんて‥

またもやオリンピックの話。

もう3日以上も前の事なのでちょっと間が抜けちゃいましたが、男子水泳の800メートル
自由形リレーはすごかったですね。オーストラリアとアメリカの大接戦。第3泳者までは
アメリカが1秒以上リードしていたのに、最終泳者にバトンタッチしたとたんに
オーストラリアがぐんぐん追い上げ、残り100メートルの時点では2チームが完全に
並んでしまって結果は全くわからなくなっていました。

4年前のシドニーの400メートルリレーで
オーストラリアに金メダルを攫われてからというもの
アメリカの水泳チームはオーストラリアをライバル視しています。
そのオーストラリアとの接戦です。
嫌が上にも気分は盛り上がり、テレビのアナウンサーも
まさに、手に汗握る、といった感じで中継をしていました。

結果はアメリカが僅かの差で逃げ切り、金メダルを手にした訳ですが、
それを見たアナウンサーが最初に発した言葉は、

“What a relay!”   「なんてリレーだ!」。

この英語、きっと全文を正しく言うと
“What a great relay it was!” 「なんて素晴らしいリレーだったんだ!」
になるのだと思います。
中学で習いましたよね、感嘆文、だったかな。

でも、日常ではこんな見ごたえのあるスポーツなどを観戦した時には、
他を全て略して
“What a ○○!” と表現する事が多いように思います。

動詞も形容詞も何も全て省略して、”What a relay!” 「なんてリレーだ!」って、
心から感嘆して言葉が見つからない、という様子がよく表れているとは思いませんか?

ちなみに、"What a relay!" との言葉を発したアナウンサーは
続けて、
"You've got to love those relays."
「夢中にならずにいられませんよね。」 と言っていました。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

オリンピック種目にもなっているビーチバレーですが、
「観るよりも、自分でプレイした方が楽しい!」 のかどうか、
ビーチで遊んでいる人を沢山みかけます。

a0037874_8275854.jpg



あなたが応援するアテネ五輪!
[PR]
by emica96 | 2004-08-22 05:21 | 「なるほど!」の英語たち

感動しちゃったこと

あなたが応援するアテネ五輪!

今日も引き続きレストランでの英語について書こうと思ったのだけれど、
オリンピック中継を見ていたら、男子体操の様子に感動してしまったので
急遽話題変更。

すごかったですね、日本男子体操。
もちろん全ての種目が素晴らしかったけれど、
何といっても最高だったのが、最後の High bar (鉄棒?)。

私はアメリカに居るので、当然アメリカのテレビ中継を見ていましたが、
なんと、あの、口うるさい、文句ばかりをつけるアメリカ人解説者が、
途中から黙っちゃったんです。

他のチームの時には、
"That's one tenth of deduction." 「あぁ、これは 0.1 ポイントの減点ですね」
とか何とか、演技にいちいち文句ばかりつけていたのに、
日本人の鉄棒になったら 「‥‥‥」 って無言なの。

特に最後の二人、鹿島選手と冨田選手は素晴らしすぎたようで、
"‥‥Impeccable." (非の打ち所がない) とか
"‥‥Flawless." (完璧だ)とか 
時折一言二言単語を発するだけで、その他にはコメントは何もありませんでした。

すごいですよねー。
アメリカ人解説者を無言にしちゃうなんて。
それだけでも感動です。


あ、、あともう1つ。
今回の男子体操でアメリカは銀メダルでした。
試合後、アメリカ人選手の一人がインタビューで
「日本に金メダルを取られた事についてどう思いますか?」 と聞かれて
次のように答えていました。

"I'm trying to give them a respect they deserve."
「彼らは尊敬に値するという事は(素直に)認めます。」

deserve という単語は、辞書を引くと 「受けるに値する」 と出てくると思うけれど、
ニュアンスはむしろ、「受けるべくして受ける」 という感じが近いと思います。

日本人の体操演技は 『尊敬を ”受けるべくして受ける” 価値がある』 と
ライバル選手にもしっかり認めて貰ったわけです。

"I'm trying" (尊敬しようとしています) という辺りに金メダルを
さらわれてしまった悔しさが滲み出ている気がしますが、
負けて悔しいけれど、素晴らしいものは素晴らしいとして尊敬する、
スポーツマンシップって本当にいいものですね。
[PR]
by emica96 | 2004-08-17 16:52 | 「なるほど!」の英語たち

お席にご案内します


レストランで座る席を勝手に選べないというのは
何もアメリカに限ったことではないですよね?

レストランにもよりますが、お店の入り口には大抵受付のような所があって
そこで人数と予約の有無を伝えると、係の人が席に案内してくれます。
案内を待たずに勝手に着席してはいけません。


いつも思うのだけれど、、、
こうやって席に案内してもらう時、皆さん(お客さんの方ね)は、
「端の方の静かな席にしてください」 とか、「窓際の席に」 とか
座りたい席の希望を伝えているのでしょうか?

小心者の私はいつも、黙って案内される席についてしまいます。

トイレの傍の席とか、うるさい団体の横の席などに案内されると、
ちょっとムッとしたりも内心はしているのだけれど。
でも、レストランにはレストランの都合があるのだろうし。
『お店を効率よくお店を回転させる為に客の席も考えて割り振っているんだろうなー。』
とか思うと、中々「席を替えてください。」とはお願いできません。

謙虚者は無視されるアメリカにおいて、こういう気遣いはムダというものなのでしょうか? 
誰か教えて。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

ちなみに 「お席にご案内しますのでお待ちください」 というのは
英語で "Please wait to be seated" といいます。
レストランの入り口でよく見かける言葉です。

これは先月行ったワイナリーに隣接していたレストランの写真。
屋外にあるこんなカジュアルなレストランにも
やっぱり
"Please wait to be seated" の看板がありました。

a0037874_3312069.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-08-16 03:33 | 食に関するあれこれ

今すぐ行くからっ!


英語で 「今すぐ行くからっ!」 というのは
"I'm on my way." といいます。

on my way というのはこの場合、「(何処そこへ行く)道中」 という意味。
つまり、I'm on my way を直訳すると、
「私は(目的地へ行く)道中にいます。」 となります。


昨日の朝、会社でお偉いさんも交えたミーティングがありました。
そこで同僚のマイクと私が現状のプロセスについて説明をする事になっていたんです。
それなのに、、、マイクはミーティングの開始時間になっても
会議室にやって来ない。
気難しそうなお偉いさん達はみんな席についてるのに。

「おぃおぃ、どーすんのよ~。」 と困った私がマイクの携帯に電話してみると、
「えっ、、、ミーティングって今日だっけ!?忘れてた!!」 との答え。
唖然として、「ばかやろー。すぐ来いっっ!」 と怒鳴った私に答えたマイクのセリフが
上に挙げた "I'm on my way!" でした。

この場合、
全文はきっと、 "I'm on my way to the meeting room." が正解。
つまり、「私は(既に)会議室に向かう道中にいます」 が直訳になりますね。

お分かりのように、マイクが "on my way" を口にした時点では彼は私と電話中です。
当然、本当はまだ会議室に向かっている訳ではないです。

でもね、「もうそっちに向かってるからっ!」 というこのセリフ、
「今すぐ行きますっ!」 という気持ちが良く伝わってくる表現だとは思いませんか?
[PR]
by emica96 | 2004-08-15 09:34 | 「なるほど!」の英語たち

願いはかなうもの?

職場で私の後ろの席に座っている同僚のゲール。
彼女は最近仕事がすごく忙しくなってしまって毎日残業ばかりしています。
毎日10時、11時まで居残りをして、
「疲れたよー、仕事が終わらないよー。」とブツブツ呟いています。

でもね、、、そんな彼女を見て他の同僚達はクスクス笑ってるんですね。
ゲールはとても大変そうなのにあんまり同情してもらえないの。
それは何故かというと、みんなちょっと前までの彼女の様子と、発言を覚えているから。


先月まで仕事が比較的落ち着いていたゲールは、よく
「私ももうちょっと仕事が忙しくないと肩身が狭いわ‥。」とか何とか
呟いていたんです。

彼女も別に暇だった訳ではなくて、
夕方5時とか6時まではきっかり仕事をしてから帰宅していたのだけれど。
でも、周りの人間が皆、8時、9時まで残っているのを知っていたから
何となく申し訳ない気持ちになってそんな事を言っていたのだと思います。

 「私の仕事ももうちょっと忙しかったらいいのに。」
そんなゲールの呟きを、彼女の上司が聞いていた訳ではないのに
今月になって突然、彼女は新たにプロジェクトを任される事になってしまいました。
今までの仕事に加えてもう1つ仕事を加わってしまった訳で、
『超』のつく多忙ぶりも納得できます。


こんな時、英語では
"Be careful what you wish for because you might get it."
なーんていいます。

Be careful             気をつけなさいね
what you wish for       願い事をする時には(何を願うかは)
because you might get it  だって願いはかなうかもしれないから


誰でもありますよね、時々ヘンな願望を口に出してしまうこと。
例えば、ホームレスの人達を見て、
「あぁいうシガラミの無い生活っていうのもしてみたいなぁ‥。」 なんて
よく考えもせずに呟いてしまう事ってありませんか?

そんな時にアメリカ人は、
"Be careful what you wish for because you might get it."
「そんな事言ってると、ホントになっちゃうかもしれないよ。」 と言って諌めます。


同僚のゲールの場合も同じ。
ここ2,3週間の多忙ぶりにすっかり音を上げて
「忙しいよー。疲れたよー。」っていくら文句を言っても、
"Well,,, you were asking for it."
「あら、だって忙しくなったらいい、って言ってたじゃないの。」って
クスクス笑って言い返されるだけなんです。

そしてその後には必ず
"Be careful what you wish for because you might get it."
のセリフが続きます。

可哀想なゲール。
もう何人に同じセリフを言われちゃったんでしょう。。。
[PR]
by emica96 | 2004-08-13 12:54 | 「なるほど!」の英語たち

生きてください


いきなりシリアスなタイトルを付けてしまいましたが、
今日もまたアメリカンジョークのお話。

この写真を見てください。
去年の夏、アラスカクルーズなんぞに参加したのですが、
その時に立ち寄ったスキャグウェイの街で見かけた標識です。
踏切の横に立っていたんです。

a0037874_14202954.jpg
Railroad Crossing の下には赤字で
"Stop, Look, Listen, and Live" って。

訳すまでもない注意書きですよね。
まぁ、日本で同様の注意書きをするとしたら
「踏切横断の前には、一旦停止し、
安全を確かめてください。」とでも
なるでしょうか。


それを、
「停まって、(電車が近づいて来ないかどうか)見て、聞いて、
そして生き延びてください」
だって。

ちなみに、この看板が立っていたのは遮断機も警報機もない踏切の脇でした。
確かに、一旦停まって確認してから横断しないと
電車に轢かれて死んじゃうかもしれないんですが。
だからってこんなはっきり "Live" (生き延びてください)って書かなくても、、、ねぇ。

ちなみに、これが踏切全体の様子。
電車は滅多に通らないそうです。

a0037874_14205047.jpg
[PR]
by emica96 | 2004-08-11 14:25 | 旅のつれづれ



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧