今日もまたひとこと

<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

私だったら‥

私は毎日自宅で淹れたコーヒーを持って会社に出かけます。

豆にはそれほどこだわらないけれど、選ぶのは大抵スタバかピーツコーヒー。
ちょっと酸味のある、濃い目の味がお気に入りです。

5年も使っているコーヒーメーカーできっちり2杯分淹れた後は
スタバで買った愛用のタンブラーに移しかえ。
タンブラーの8分目までコーヒーを入れてから
『カチッ』 と音がするまで蓋を閉めて準備完了です。

a0037874_231557.jpg
ステンレス製の、
シンプルすぎる位のデザインのこのタンブラーは
主張しすぎず、手にしっくり馴染む感じが気に入って
もう2年近くも使い続けています。 


--いえ、、、使い続けていました‥。



先日のこと、いつものように朝コーヒーを入れて、タンブラーの蓋を閉めようとしたら
いつもの 『カチッ』 の代わりに 『ガクッ‥』 という軽い衝撃が伝わってきたんです。


a0037874_2313276.jpg
「ん?」 と思って見てみると
なんと、ハンドルの付け根が
曲がってしまっている。
どうやら、長い間使っている間に
接続部に水が入ってネジが錆びてしまっていたようでした。


まぁ、壊れたのはハンドルの部分で本体は大丈夫だったので
その日はそのままそのタンブラーを持って会社に行ったのです。

でもお気に入りのタンブラーが壊れてしまったのがショックで、同僚のみんなに
「見てよ~。壊れちゃったのよ~~。」 と言いまわってしまいました。

そうしたら、それを聞いたマリーがひとこと。

“I would take it back!”
「私だったら(スタバに)持ってかえるわね!=(返品するわね!)」


「いや、返品って、、、これはもう2年近くの間毎日使い続けたタンブラーなんだって。」
びっくりして説明し出した私をさえぎって、
“It doesn’t matter, this shouldn’t break like this!!”
「かんけーないわよ、そんなの!そんな簡単に壊れるなんて許せないわ!」


アメリカって返品社会です。
買い物をして一旦家に持ち帰ったものでも、そしてそれを使ってしまっていても
堂々とお店に戻って、返品、返金を要求します。
お店側も慣れたもので、「90日以内でしたら、無条件で返品を受け付けます」
などと、謳っている所が多くあるんです。

そんなアメリカ社会の慣習にはもう慣れたつもりでいた私ですが、
今回はさすがに驚きました。

たかだか10ドルくらいのタンブラー。
私にしてみれば、「2年間も毎日、よく頑張ってくれたよね‥。」 です。
それを言うに事欠いて、「壊れたから、返品してちょうだい。」 なんて。

マリーは自信たっぷりに 「絶対返金させるべきよ!」 なんて
息巻いていたけれど、私にはとてもそんな事はできません。
おとなしくスタバに行ってお金を出し、新しいタンブラーを買ってきました。

今度は白です。

a0037874_232092.jpg
ちょっとおとなしめの、でもスポーティーな感じのする
デザインに一目ぼれでした。
これは保温機能のついたタンブラーなので
値段も少々高めの23ドルだったんですけど。

今度はどれくらいもってくれるかな。





ちなみに、、、最初にマリーが言った
“I would take it back.” の “I would~.” ですが、これは
人に提案をする時の常套句です。

仮定法過去完了、でしたっけ、、、文法で言うと。
全文を書けばきっと “I would take it back if I were you.”  が正解。
つまり、
「私があなただったら、返品するわね。」 という意味になるのですね。

人に何かを薦める時には、
“You should ~” 「~すべきだ。」 
とか、
“Why don’t you~” 「そうすればいいんじゃない?」 
など色々な言い回しがありますが、押し付けがましくならないように
使うのは難しかったりもします。

その点、この “I would ~.” という言い方は
「もしも、私がその立場だったらそうするけど‥」 という事で
相手にそうしろとは必ずしも薦めていないんです。

相手の立場も尊重しつつ自分の意見ははっきり言う、とても便利な
言い回しだと思います。


     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・
おまけ:

スタバのタンブラーって色々な種類がありますね。
同僚のジョディはコレクションしているのか、職場の机の上にいくつも並べています。

a0037874_224734.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-09-27 02:38 | 食に関するあれこれ

また休みー!?

私はアメリカで働いますが、仕事上日本とのやりとりも多くあります。
毎日ではないものの、一日おきくらいには日本の人たちとメールや電話で
連絡をとる必要があるんです。

そんな私が困ってしまうのが日本の休日。
数ある国民の休日はうっかり忘れてしまいがちで、
「しまった~、今日って日本お休みなんだっけ!?」 という事態に
陥ってしまう事が多いから。

日本人の私ですらこうなのですから
アメリカ人の同僚達はもっと混乱しています。

今日もそうでした。
同僚のフィルが、
「ちょっと困ったことが起きたから今晩日本とコンファレンスコール(電話会議)
したいんだけど。」

「あー、今日はダメよ。日本お休みだもの。」 私が教えてあげると、
「休みは月曜日だっただろ。今日じゃないよ。」 との答え。

「違う、違う、月曜日は敬老の日だったでしょ。今度は秋分の日よ。」 と
言い返そうとして、ハタと行き詰まりました。


『秋分の日って英語で何て言うんだ‥?』


「え~っと‥、ホラ、昼と夜の長さが等しくなる日があるじゃない。」 と
しどろもどろになりながら一生懸命説明していたら、

“Oh, today is fall equinox.”
「あぁ、今日は秋のエクゥイノックスの日だね。」 って。


エクゥイノックスというのは ラテン語を語源とする言葉で、
 “equi” は 『等しい』、”nox” は 『夜』 という意味なのだそうです。

つまり、equinox は 「昼夜の時間が等しくなる日」。
秋分の日の現象そのままですね。
「なるほど!」 と感心の英単語です。


フィルには
「ありがとー、また英語の勉強をさせてもらったわ。
これで spring equinox (春分の日)には説明に困らなくてすむわね。」って
お礼を言っておきました。

とは言うものの、、、春分の日は半年先。
忘れっぽい私がそれまでこの単語を覚えていられるのかな。。
[PR]
by emica96 | 2004-09-23 16:48 | 「なるほど!」の英語たち

私はお猿?

mixi 内を彷徨っていたら、
「サルでも描けるまんが教室」 のコミュニティを見つけました。

「サルでも描けるまんが教室」、略して 「サルまん」 と言えばもちろん
ビッグコミックスピリッツに掲載されていた大人気連載漫画のことですよね?

でも、今日のブログは 「サルまん」 についてではありません。
またもや職場で耳にした一言についてなんです。



少し前に同僚のジュディがバケーションをとりました。
さすがはアメリカ人。
「夏は休まないと!」と言い切って丸々2週間のお休みです。

誰かが長期休暇を取った時には周りの同僚が分担して
その分の仕事をカバーすることになります。
ジュディは私のグループにいるので、彼女がお休みの間は
仕事の大部分は私がしないといけません。

ジュディの主な仕事は毎日の売り上げレポートの作成。
色んなデータウェアハウスから数字をひっぱってきて、
お偉いさん用にまとめあげます。

彼女が作っているレポート自体は私も毎日目にしているものだし、
「たかがレポート作成でしょ。」 なんてなめてかかっていた私ですが、
ジュディから作業の説明を受けた所、その複雑さに驚かされました。

データソースが多岐に渡るからか、工数を省くために
アクセスとエクセルの両方を使い、しかも双方の間をマクロで自動リンクしたりした
かなり複雑な作りなんです。

「ひゃ~、こんな複雑なデータベースだったの!?私 Visual Basic かけないし
分かんないよ‥。」 と怖気づいた私に向かってジュディがひとこと。


“Don’t worry! It’s easy. A monkey can do it!”
「大丈夫よぉ、簡単だから。 サルだって出来るわよ!」


A monkey can do it!” ア モンキー キャン ドゥ イット
「サルでも出来る (=誰でもできるくらい簡単)」 



「おぉ、、、、『サルでも出来る』 って表現はアメリカ人も使うんだ‥」 と
妙なところで感動してしまった私なのでした。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

ちなみに、下記の写真は3年ほど前に友達から送られてきたもの。
今回のブログの内容とは関係がありません。 (‥という事にしておかないとね!)

a0037874_14555595.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-09-22 14:57 | 「なるほど!」の英語たち

うそぉ!


私は子供の頃、
少しでもびっくりした事を言われると 「うそぉ!」 と答える癖がありました。

「人が言ったことに対して 『嘘!』 なんて言うのは失礼でしょう。」 と
母からはいつも怒られていたのだけれど、、、中々直らなかったんですよね。

「昨日ミイちゃんに会ったんだ。」と言われては
「うそぉ!」と答え。
「一緒に映画を観たんだ。」と聞いては
「うそぉ!」と返していたんです。

確かにある意味ちょっと失礼だし、あまりいい受け答えだとは思わないけれど。
でもね、自分が想像もしなかった事を耳にした時、
「ホントに!?」 とか 「うそぉ!」 って
つい口に出てしまうものだとは思いませんか?


こういう反応はどうやらアメリカ人も一緒のようです。

今日職場でのこと。
同僚のゲールとマイクの会話を聞いていたらこんなやりとりをしていました。

何の話をしていたのか、ゲールが
"I went to Red Creek high school in Pao Alto."
「私パオアルト(北カリフォルニアの地名)にあるレッドクリーク高校卒なの。」

そうしたらそれに答えてマイクが

"No you didn't! So did I."  


“No you didn’t!” を直訳すると、
「いや、キミはそうしなかった(レッドクリーク高校に行かなかった)」 ですね。
そして “So did I.” は
「俺もそうしたんだよ(俺もレッドクリーク高校卒なんだよ)」 となります。


つまりこの文脈での、
“No you didn’t! So did I.” は 「嘘だろ~! 俺もだよ。」 

発音は ノー、ユーディドゥント という感じに、ディ の部分を思いっきり強調します。
間の取り方は私たち日本人が 「うっそー!」 という時とまるで一緒です。
思いっきり “びっくり” という感情が出ています。

言葉が違っても、人種が違っても、人間の反応って一緒なんですねぇ‥。
[PR]
by emica96 | 2004-09-21 13:34 | 「なるほど!」の英語たち

派手派手はイヤなんです

9月17日(金)は私の誕生日でした。

なので、金曜日の朝はドキドキしながら会社に行きました。

何故かってそれは去年の9月17日にヒドイ目にあったから。


派手派手好きのお国柄のせいでしょうか、
アメリカでは誕生日になると誕生会をするわけでなくても
机の周りを飾りつけます。
それはもちろん誕生日を迎える本人がするわけではなくて
同僚が勝手に飾り付けちゃうわけですが。

「おめでとう!」 という気持ちを込めてしてくれる飾り付けを
嫌がるなんて失礼だとは分かっているのだけれど。

でも、、、ある程度の歳になると
「いくらお祝いだからって、限度ってものがあるだろう~~。」 と
ムッとしてしまったりもするものです。


ま、百聞は一見にしかず
なんでムッとしちゃったのかはこの写真を見てやってください。

これが去年の9月17日の私の机です。

a0037874_1416175.jpg



写真で見えるかな?
ハリーポッター好きの私の為にハリポタのバナー&リボンで飾りつけ。
おまえに机の上には 「Every Flavor Beans」 
(「何でも味ジェリービーンズ」ハリポタの中に出てくるお菓子)
まで置いてあります。

これだけするのに、ものすごい時間がかかったでしょう。
きっと何日も前から計画を立て、何人もの人が一緒にやってくれたんでしょう。

それは嬉しいです。
心から感謝しています。


でも、、、、、、、、、、、

この中に座って仕事をする私の身にもなってみてください。
恥ずかしいし、しかも

「気が散って仕事になら~ん!」

おまけに殆ど5分ごとに誰かが席にきて
「エミ、今日誕生日なの? おめでとう!」 と言って雑談をしてゆくし。

「忙しいんだからほうっておいてよぉ!」 という気持ちになってしまったのも
仕方ないとは思ってくれませんか?


という事で、、、
3月に異動をして同僚が総変わりしたのをいい事に
今年から私の誕生日は極秘事項となりました(笑)。

9月17日もしら~んぷりして会社にゆき、いつも道理に仕事をして
静かに帰ってきたんです。

「あ~よかった。」 とホッとするのと同時に、
ちょっと物足りなさも感じてしまったのは、、、
贅沢というものなのでしょうか。


     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・


ちなみに、「百聞は一見にしかず」を英語で言うと
"Seeing is believing." です。

この写真を見れば、私がどんな気持ちになったのか分かって貰えますよね?

a0037874_14163660.jpga0037874_14165450.jpg
[PR]
by emica96 | 2004-09-18 14:19 | 「なるほど!」の英語たち

そんなの簡単


a0037874_1742426.jpg

英語で 「そんなの朝飯前さ!」 というのは

"A piece of cake!" 「一切れのケーキさ!」 

と言います。

これは、
"That's as easy as enjoying a piece of cake."
「それは、一切れのケーキを楽しむ(ペロリとたいあげる)のと
同じ位簡単なことさ。」 という意味です。

甘いもの好きの人にはとてもよく理解できる表現ですよね。


でも、ちょっと待った。
アメリカのケーキを平らげるのは実はそれほど簡単じゃあありません。

だって、アメリカのケーキはみんな「巨大で極甘」 なんです。
日本のケーキの3倍はありそうなサイズに、
軽く5倍の量の砂糖を使っていると思われます。

日本の繊細なケーキのつもりで口にいれると、
「あっま~ぁい!! 何これっ!」 と悲鳴をあげる事になります。

一切れ全部なんて食べようものなら、気分が悪くなること請け合いです。

でも、アメリカ人は平気でパクパク食べてます。
彼らにとっては文字通り、A piece of cake なのでしょう。。。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

これはおまけのアイスクリームサンデー。
こちらも巨大です‥。

a0037874_17423754.jpg

[PR]
by emica96 | 2004-09-16 17:41 | 食に関するあれこれ

やらなきゃ!

私はぐうたらです。
明日できる事は今日しません。

長年同居し、既に諦めの境地に至っている家族は
私のぐうたらぶりを見てももう何も文句を言わないのですが、
それでも時々
「そんなんで、よく会社から給料もらえるよね。。。」と
ポソリといわれちゃったりします。(笑)


ちなみに英語で
「(物事を)先延ばしにばかりする人」 の事を Procrastinator と言います。

ちょっと長い単語なので発音がしづらいのですが、
プロクラスティネェィター と、クラ の部分にアクセントをおいて発音するようです。


「私てほんとーにグズなの!」 という時には

"I'm the biggest procrastinator!"

となります。
ちょっと意外な気もしますが、Procrastinator という単語を強調する時には
big (大きい)という形容詞をつけるのですね。

学校で宿題をギリギリになるまでやらなかったり、
テスト勉強を試験前日まで始めなかったりする人達っていましたよね。
(私のこと!?) そんな人達がよく、自分の事を評して
"I'm the biggest procrastinator!"
「私くらい物事を先延ばしにしちゃう人っていないわ。」
と言っていました。


そ~いえば、ちょっと前に友達が本を貸してくれたんですけど。
「エミ、この本読んでみない?」 って。
「ありがとー。」とお礼を言って本をフト見ると、題名はなんと
"The Procrastinator's Handbook" 「プロクラスティネェイターのハンドブック」。

日本語の題名は 「今やろうと思ってたのに‥」 で
必ず直る――そのグズな習慣」 と副題が付いていました。

頼みもしないのに、こんな本を貸してくれるという事は、、、
無言で何かを言われているんでしょうかねぇ。。。(苦笑)




あ、、そーいえば、ホームページアップデートしなきゃ‥。
家も片付けなきゃだし。
クリーニングにも行ってないし。
友達のメールにもまだ返事を書いてないし。
それに、今日はおとーさんのお誕生日なのに何にもしてないぞ。
[PR]
by emica96 | 2004-09-14 11:10 | 「なるほど!」の英語たち

昔々のお話

a0037874_233494.jpg



先週行ったレゴランドでは小さな子供たちが沢山いました。

心から楽しそうに、夢中になって遊んでいる子供たちを見ていたら
ちょっと前に4歳の子と交わした会話を思い出してしまったので
今日はその話を。


私の家の近所に住むライアン。
彼の家は息子のカールと2人きりの父子家庭です。

カールは4歳の男の子。まだママが恋しい年頃だからなのか
私にとてもなついてくれています。

家の周りで私を見かけると走りよってきて、
"I missed you so much!" 「会いたかったよ~。」 とか
"I wanted to say 'Hi!' to you."
「ハイ!って言いたかったんだ =(会いたかったんだ)」
なんて、、下手な口説き文句よりよっぽど女ゴコロをくすぐる
台詞をはいてくれるんです。


2週間ほど前も、そうやって私の元に走りよってきて、
色々と話をして帰ってゆきました。

ちょっと前に観た映画 「シュレック」がえらくおきに召したようで
挨拶の後はその話ばかり。
ひとしきり誰がいい、どのシーンがいいと話をし、
そしてその後に大ヒットな一言を発してくれました。

"But I saw this movie long long time ago, like, when I was three."

「まぁ、(この映画を観たのは)すっごくすごく昔の事なんだけどね。
だって、ボクが3歳くらいの時だもん。」 って。


最初にも書きましたが、カールはまだ4歳です。

「3歳の時って、たかだか去年の事じゃないか~!」

と、つっこみたくなる気持ちは抑えて、
"Oh,,, it was long time ago, wasn't it?"
「それは、ずいぶん前の事ねぇ‥。」 って答えたのだけど
可笑しくって可笑しくって、声がプルプル震えてしまったのが
カールにも分かっちゃったかな。


ま、4歳の子にしてみれば、自分が3歳の時なんて
昔々のことなんでしょうねぇ‥。

あ~、でも本当に子供って可愛い。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

下はレゴランドで見かけた子供たち。
カールではありません。

a0037874_24003.jpg
a0037874_2341821.jpg


a0037874_2401952.jpga0037874_2404071.jpg
[PR]
by emica96 | 2004-09-13 02:41 | 「なるほど!」の英語たち

わ-い、お休みだ!

今週の月曜日は Labor day (勤労感謝の日?) だった為
久しぶりの3連休でした。

アメリカでは3連休はおおごとなんです。

何故なら日本のように、長期の一斉休みが存在しないから。

日本だとお正月、ゴールデンウィーク、お盆など、
1週間近くに渡って会社全体がお休みになってしまう機会が
年に何度かありますよね。

でも、アメリカにはそれがありません。
クリスマスやサンクスギビング等の特別な時期でも
よくて4連休がせいぜいのところ。
加えて、それ以外の祝祭日も日本よりずっと少ないんです。

という事で、アメリカでは3連休ですらそれはとても貴重なお休み。
年に数回しかない事なのでみんなすごーく楽しみにし、
張り切って色々と遊びの計画をたてます。

そして、3連休の前日ともなると、
仕事関係の e-mail の挨拶だって変わって来ちゃうみたいです。

普段のメールのやりとりは、単に用件を並べて、
"Thank you for your help." 「お手伝いに感謝します」 とか
"Please let me know if you need any further clarification."
「もっと詳細の情報が必要でしたらお知らせください」
などと言った文章で締めくくるのが典型。

丁寧ではありますが、ビジネスライクで温かみはあまり
感じられない文章ですよね。

でも、3連休の前になると皆ウキウキしているからか
"Have a great three day weekend!" 「よい3連休をね!」
なんてメッセージが沢山入ってくるんです。

three day weekend 「3日間の週末 = 3連休」ですね。

日常生活でよく使われる、
"Have a good weekend." を少しもじっただけの英文ですが
こういうものこそ生きた英語、って感じがしませんか?
こんな言葉が自然に口から出るようになれたらいいな、と思います。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

え?
私は3連休どうしたかですって??

私は近くの街にあるレゴランドに行ってきました。
どちらかというと子供向けの遊園地なので興味はなかったんですが、
もうすぐ日本に帰ってしまう5歳の甥っ子のリクエストだったので仕方なく‥。

a0037874_15521319.jpga0037874_1552264.jpg


a0037874_15525347.jpga0037874_1553517.jpg
[PR]
by emica96 | 2004-09-09 15:52 | 「なるほど!」の英語たち

悪いのは誰?

「植木に水をやる」 を英語で言うと、“Water the plants.” となります。
この場合の Water は名詞ではなく、「水をやる」という動詞になって
使われているのですね。
ちなみに水やりを忘れると
“The plants are dying!!!”
「植木が死んでいっているわ!=(枯れかけているわ!)」
となってしまうので気をつけないといけません。

私の職場では、自分の机の周りに植木を置いている人が多いです。
社員一人一人にかなりの大きさのキュービクルが与えられており、
スペースに余裕があるので
皆が思い思いのデコレーションを楽しむ事ができるから。
緑を周りに飾る事によって和やかな雰囲気を出そうとする人が多いんです。

普段は当然、自分の植木は自分で面倒をみる訳ですが、それが出来ない時には
周りの同僚が代わってあげます。出張やバケーションで
誰かが長期間留守にした際には、
周りの同僚が水遣りをしてあげるのが不文律のようになっているのです。

ところが!
先週出張で留守だったベブの植木は誰も水やりをしていなかったようでした。
木曜日にフト、彼女の机の上を見ると、植木がすっかりしおれている。
慌てて、「大変っ、見てこの植木!」 と叫んで水をあげたのですが、葉のいくつかは
既に茶色く枯れて死んでしまっています。

隣の席のゲールに、「ゲール、水やりしてなかったの!?」 と聞くと、
「だってー、ベブは別に何も頼まずに出張に行っちゃったんだもの。
エミこそ水やりしてあげてるんだと思った!」 との答え。
私が 「だって、ゲールの方が席が近いじゃないのー。」 と言い返すと
「でも、エミがシカゴに出張に行ってる時にはベブがエミの植木に水やってたのよ!」と
反論されてしまったんです。

さて、、、この場合悪いのは誰でしょう?
チョイスは3つ。
1: 出張で一週間いなくなるのに水遣りを誰にも頼んでいかなかったベブ
2: 隣の席なのに、植木を見ていなかったゲール
3: 自分が出張の時にはベブに助けてもらったくせに恩返しをすっかり忘れてしまった私

悪者を見つけたからといって
枯れてしまった葉が生き返るわけではないんですけどね、、、
でもこうやって並べてみると3の私が一番悪い気がしてきた‥。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

a0037874_9214084.jpg
ちなみに、これがベブの植木。
下の方に枯れてしまった葉が
あるのが見えますか?

横に自分の家族の写真を
並べているのが
アメリカ人らしいですよね。。
[PR]
by emica96 | 2004-09-05 09:23 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧