今日もまたひとこと

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

物の言い方

インターネットもなく、e-mail も一般には普及していなかった時代。
その頃って一体どうやって生活していたのでしょう。
それはほんの10数年前の事でしかないのに、
どうやってそんな不便な生活に耐えていたのか、私にはもう思い出せずにいます。

インターネットって本当にいいものですよね。

ネットワークに繋がってさえいれば世界中のどこからでも瞬時にして
情報収集ができ、離れた場所に住む人たちとも交流ができるのですから。
私のように海外で生活し、望郷の念にかられている者にとっては
ある意味どんな娯楽よりも有難いものでもあります。

でもね、
ネット上に存在する多くの掲示板や
ソーシャルネットワーキングサイトなどで交わされているやりとりを読むと、
その手軽さ故に言葉が軽んじられているのではないかなぁ、と
暗澹たる気持ちにさせられる事が多いのも事実。


特に不特定多数がアクセスしてくる掲示板などの場合、
意見の相違を話しあっているうちに議論が白熱してきて、
ひどい言葉の投げつけあいになる事が多いのです。

落ち着いて読んでみると、主張している主旨自体は決して間違っているとは
いえなくても、あまりにもひどい喧嘩腰の物言い。
他人の意見を威圧しようとているしか思えなかったりします。

こういった投稿を読むと、
もうちょっと考えてから送ればいいのに、と悲しくなります。
この人は自分の書いたものを一度でも読んでから、投稿したのだろうか、
これを読んだ人がどう感じるか考えてから投稿したのだろうか、とも。

インターネットの便利さが、一時の激情に駆られたまま文章を投稿する事を可能とし、
そしてまた、その文章を不特定多数の人の目に触れさてしまうのですね。


そういえば、議論が白熱してきて意見を批判されたり、
発言をたしなめられたりした時に往々にして
捨て台詞のように吐かれる言葉の中に 「日本人的だね」 というものがあります。

言葉の意味を和らげる婉曲表現などを使用した時に、
揶揄して使われる事もありますね。

この言葉を読む度に私は不快な気持ちになります。

日本以外の国だったら感情的な発言
もしくは必要以上に直接的表現も許されるはずだとでもいうのでしょうか。


ご存知のように私はアメリカにおりますが、
この国でこそ議論には気を使います。

アメリカ人は議論好きでハッキリ物事を言う、
と思われているかもしれません。
でも、議論を重んじる国だからこそ、自分の発言には気を使い、
発言の与える影響には細心の注意を払っているように思うのです。

感情に駆られて喧嘩腰の言葉を吐くことは滅多にありませんし、
もしそんな事があったとしたら、その発言をした人は周りの人みんなから
ひどく軽蔑されます。


それはもう1年以上も前のことになるでしょうか。
職場でちょっとした仕事上の軋轢があり、同僚同士にギスギスした雰囲気が
流れた事がありました。

その時にある人が、激情に駆られたメールを複数宛先に送ってしまったのですが、
それを読んだ同僚のジュディが溜め息をつきながらひとこと。


It's not WHAT you say, but HOW you say it.

「(問題になるのは)言っている主張の内容ではなく
それをどうやって述べているか、なのよ。」

(=言い方には気をつけないと)


自分の意見を持つのは大切な事ですし、反対意見を述べるのは
もちろん構わない事です。
でも、自分の意見を 「どうやって」 表現するか、
それは本当に重要な要素となります。

人と議論する時にこそ、言葉には気を使い、推敲に推敲を重ねる。
感情的にならないように、個人攻撃にならないように
自分の主張を論理立てて説明する。

これはどの世界においても適用されるべき事でしょうが、
インターネットの世界でこそ重要視されなくてはいけないはずです。
実際に会うことなく、言葉と言葉のやりとりだけで成り立っている世界だからこそ、
言葉の選択には細心の注意が払われるべきなのではないでしょうか。


2004年ももう終わりですね。

今年は私のネットアクセス時間が飛躍的に上がった年でした。
メルマガやブログを始めたり、mixi に登録したりと
新しい楽しみを色々見つけ、ネット上のそれぞれの場所で沢山の
人たちと出会う事ができました。

そんな新しい友人との出会いで、2004年はとても楽しい年となりました。
お付き合い下さった皆さま、どうもありがとうございました。

来年もそんな素敵な、気持ちのよいネットライフを送りたいと思っています。

その為にも、
"It's not what you say, but how you say it"
(言い方には気をつける!)
をモットーにしてゆく所存でおりますので、
来年もどうぞ宜しくおつきあいくださいませ。

それでは皆さま、よいお年を。
[PR]
by emica96 | 2004-12-31 12:03 | 「なるほど!」の英語たち

友達のなくし方

「ネイティブなみに英語が話せるようになる!」などという野望は
というの昔に捨てさってしまったワタクシですが、
ここ最近、新しい英語表現を覚えるのにやたらと熱を入れ始めました。

普段は自分でも呆れるくらいものぐさな私。
これまでは友達との(英)会話で分からない単語が出てきても
前後の文脈から内容を想像をし、適当に会話を続けておりました。

それが最近では、知らない単語が出てきたらとにかく相手にそれを教えて貰い、
忘れないようにきちんと書き留めておくようになったのです。

ズボラな私の驚くほどの変貌ぶり。
その理由は他ならぬ、、、
「このブログのネタを見つけなくちゃいけないから」 でございます。(笑)

このブログを始めてからというもの、日常生活で知らない英単語に出くわすと
「英語を上達させたい」 という思いなどよりも 
「ブログに書けるかも!」 という希望から、一生懸命になって
その言葉を覚えようとするのが習慣となってしまいました。
(こーゆーのを本末転倒というのでしょうが‥)


ま、動機は何であれ、
私にとっては決して損にはならないこの習慣ですが
相反して迷惑を被るようになったのが、周囲にいる友人たち。

楽しく会話をしていても、10分に1度は私の
「えっ‥、何その単語?どういう意味??どうしてそんな言い方するの?」
という質問攻めに遭うのです。

その度ごとに会話の流れは中断するし、
慣用句などの中には説明しづらい言葉も多くあるし、
かなりうざったい思いをしているに違いありません。

しかも、私の乏しい英語力の関係上、
説明をいくらしても理解してもらえない、などという事態に陥る事もしばしば。

先日も同僚のマリーをそんな気の毒な目に遭わせてしまいました。


それはお昼休みにみんなで転職話をしていた時のこと。
マリーが前の会社を辞めて今の仕事に転職した時の事を話しだしたんです。

「でもさー、そもそもなんで前の会社を辞めようと思ったの?」
という私の質問に対して、マリーがひとこと。

Uh... I just did it on a whim.
(う~ん、、、ま、ウィムでやっちゃったのよね。)

ここで私が whim という単語を知らなかったのが運のつき。

私: 「whim って何?」

マリー: "It's like a hunch."
(ハンチみたいな事よ)

私: 「hunch も分かんないんだけど‥」

マリー: "Um..... spur of the moment"
(えっと、、、その時のスパーってこと)

私: 「spur って??」

マリー: 「.......」


ま、、いつもこんなにヒドイ訳ではありませんが
せっかく教えてくれた英単語の意味が私に理解できず
相手を途方に暮れさせるのは日常茶飯事。

ちなみに、この時はしびれを切らしたマリーに
「頼むから辞書をひいて、辞書を!」って怒られちゃいました。

ハイ、、、ごもっともでございます。


ちなみに、、、
whim は 「思いつき」「気まぐれ」
hunch は 「直感」「予感」「虫の知らせ」
spur は 「駆り立てる」

という様な意味のようです。(結局辞書をひきました‥)

1つの事を説明するのに、これだけ沢山の単語を
並べないといけないなんて、気の短い私だったら怒鳴りだしちゃうだろうなぁ‥。

--------------------------------------------------------------------
「こんなヤツでも友達は友達だよ!」と思ってくださった方はこちらに‥ 
(今日は誰もクリックしてくれなさそうだ‥)  →人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-28 12:17 | 「なるほど!」の英語たち

もうクリスマスなのね‥

a0037874_773049.jpg

今年ももう歳の瀬ですね。

日本では今頃ちょうどお歳暮シーズンなのでしょうけれど
アメリカでも今はクリスマスプレゼント交換の真っ最中でございます。


日本の職場でお歳暮が送られるように、
アメリカの職場でもクリスマスプレゼントの受け渡しがされるんです。


日本のお歳暮とアメリカのクリスマスプレゼント。

私の独断と偏見に満ちた目で、職場に於いて交わされる(場合の)
この2つの贈り物を比較してしまうならば、
これらの差はギフトを贈るベクトルにあるといえるかもしれません。


日本のお歳暮は 「下から上へ」。

基本的にお歳暮は自分より上の立場にいる人に贈るもの。
ゴマすり、と言っては勿論御幣がありますが、
日頃のお礼と今後の引き立てをお願いするものだと
言えるのではないでしょうか。
ま、 「今後もどうぞよしなに‥」 という訳ですよね。


それに反してアメリカのクリスマスプレゼントのベクトルは 
「上から下へ」 若しくは 「横から横へ」。

職場に限って見た場合、
クリスマスプレゼントは上司が部下に
 「頑張って働いてくれてありがとう」 という気持ちを込めて
贈っている場合が多い様な気がします。(「上から下へ」)
「いつもご苦労さま」 という意味なのでしょうね。

あとは、仲の良い同僚同士で互いの好きそうな物を贈りあったりもしますが
(これが 「横から横へ」)
いずれにしても基本メッセージは 「いつもありがとう」。
日頃の労に感謝し、ねぎらうのがクリスマスプレゼントの大きな目的です。

とはいうものの、、、、同僚にプレゼントをあげたら
「ボスにだけあげないのもヘンだしなぁ‥」 
なんて気分になってしまって、結局は上司にも
プレゼントを買う事になってしまったりするのですけれどもね。。。

小心者のわたくしは結局部下にも上司にもまんべんなくプレゼントを
配っておきました‥。


まぁそれはともかく、
プレゼントにはカードがつきものですが、往々にして困ってしまうのが、その文面。

「メリークリスマス!」 だと宗教上差しさわりがあるし。
「ハッピーニューイヤー!」にはまだちょっと早い気がするし。

「う~ん。。。 書くことないぞ。」 って困っていたら
同僚のキャリーがとても良い文を書いてくれていました。

"Thanks for all your help this past year.
Best wishes during the coming year."

Thanks for all your help this past year
今年(ちょうど過ぎ去ったこの年)には色々と助けてくれてありがとう

Best wisheds during the coming year.
これからやってくる年に良い事が沢山ありますように


これだったら誰に対してでも書けるし、受け取った側も
気持ちよく読めるし、とてもよい文面ですよね。


プレゼントは決して高い物を贈るわけではありません。
人にもよりますが、高くてもせいぜいが20ドル位のもの。

チョコレートやワイン、それにキャンドルやボディーソープなど
気軽に消費できるものが多いですね。
それに、時々は手作りのクッキーやパウンドケーキなどを
贈ってくれる人もいます。
a0037874_775972.jpg


------------------------------------------------------------
更新がすっかり遅れておりますが、
クリスマスプレゼント代わりの一票をお願いいたします‥    →人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-25 07:11 | 「なるほど!」の英語たち

生還しました

ロサンジェルスから無事帰ってまいりました。

ご心配くださった皆さん、どうもありがとうございました。
予想に反して(笑)道には全く迷わず、行きも帰りも最短距離で
行き来する事ができました。


ただ、少々頭が痛かったのが交通事情。

道が混んでいるのは想定していたのだけれど、
渋滞が突然やってくるのは知らなかったのです。

高速道路を 「順調、じゅんちょう~。」
なんて、鼻歌を歌いながら85マイル/136キロ
(スピード違反です、真似しないでください‥)
で走っていたと思ったら前が突然につまるんです。

えぇ、本当に突然に。

「きゃあぁぁ~~~、ぶつかるぅ~!!!」と悲鳴を上げつつ
急ブレーキを踏む、という事態に少なくとも3度は遭遇いたしました。
(私には学習機能が欠如しているので、同じアヤマチを何度も繰り返します。)

ABSが無ければ大変な事になっていたでしょう。
よかった、、、事故を起こさないですんで。

そうそう、
渋滞は一旦はまるとしばらくノロノロ運転が続くのですね。
途中退屈したのでデジカメを取り出し、写真を撮ってみました。
(これも結構危ないです。真似しないでください‥)

a0037874_15122068.jpg
a0037874_1512377.jpg

ちなみにこういう渋滞の事を
bumper-to-bumper traffic と言います。

bumper はバンパーのこと。

前を走る車の後ろのバンパーと、その後ろに続く車の前のバンパーが
くっついてしまう程近くになっている様子を表したものなのでしょうね。
日本語で言うところの 「数珠つなぎ」 です。

こんな状態のノロノロ運転がかなり続いたので、
ロサンジェルスのオフィスまでは片道3時間もかかってしまいました。
ま、でも、道に迷わず、事故も起こさず無事に帰ってこられたので
私としては満点でございます。

ご心配、アドバイスくださった皆さん、本当にどうもありがとう。

--------------------------------------------------------------
「おかえり~」のメッセージ代わりにクリックをしてやってくださると
とてもよろこびます。。 →人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-14 15:19 | 「なるほど!」の英語たち

無事を祈ってて

明日、ミーティングの為にロサンジェルスのオフィスに行く事になりました。

私のいる街からロサンジェルスのオフィスまでは車で約2時間半かかります。
運転がそれほど好きではない私には少々気の重い距離です。

実は最初は「面倒だから電話会議にしちゃおうかな~」なんて思ったりもしたのですが、
話の内容から考えると、やっぱり直接出向いて顔をつき合わせながら話をするのが
一番分かり合えると思って。

このロサンジェルスのオフィスには以前にも1度行った事がありますが、
その時は同僚のフィルに連れていって貰いました。
1人で行くのは今回が初めてになります。
自分だけでちゃんと辿り着けるか心配です。

フィルにちゃんと道順を書いて貰って、地図もYahoo Map からプリントアウト
したものの、不安は拭い去れません。
なんてったって私は自他共に認める方向音痴。
自分の家の近所でだって迷子になれるんです。

地図を眺めながら、
「う~ん、こんな遠く、どう考えても自力じゃ辿り着けないよなー。」
とブツブツ呟き、
「ま、、、でも道に迷ったって適当に彷徨っていればどうにかなるでしょ。」と
投げやり発言をした私に対してフィルがひとこと。

You don’t want to get lost in this neighborhood.

Yon don’t want to
あなたはしたくないです
get lost
道に迷うことを
in this neighborhood
この近所(エリア)で

You don’t want to~ というのは、中学1年生でも分かる構文ですよね。
直訳すると「あなたは~をしたくない」となります。

でもねこの構文、実は少々奥が深いんです。

日常会話で You don’t want to~ と言われた時には、
「それはしない方がいいよ」とか、
「そうすると(あなたにとって)困った事になるよ」
などという忠告の意味で使われている事が多いです。

この場合は
「このエリアで迷子にならない方がいいよ」
つまり、「この地域は(治安がよくないから)迷うと危ないよ」
言ってくれているという訳なのですね。


「え、、何!?この辺りって危ないの?教えてくれてありがとう!」と
一旦はフィルにお礼を言った私ですが、、、
考えてみればいつだって迷子にはなりたくてなってる訳じゃないんです‥。

ちなみにフィルによると
「坂を上り始めたら(危ない地域に入り始めているという事だから)
すぐにU-ターンして逃げろ」とか。

さて、、、私は無事生還できるのでしょうか。。

------------------------------------
「無事かえってきてね~」と思って下さった方は
こちらにクリックをお願いいたします‥。
    →人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-12 03:44 | 「なるほど!」の英語たち

秘密兵器入手

前にも書きましたが、私はオペレーション関係の仕事をしているので
業務に月末締めがあります。
『今月の締めは28日』 となると、
その日までにできるだけの成果をあげるべく、
直前3,4日は 「ぐげげ‥」に忙しい状態に入るのです。

私の周りには当然ピリピリとした雰囲気が流れ、機嫌も悪くなります。

そんな時にノホホンと
「悪いんだけどさ~、Outlook の custom view設定が
おかしくなっちゃったから見てくれないかなぁ~?」
なんて頼んでくる人には、
「後にしてよ、後にっ!!!」 って怒鳴り声が飛んでくること
請け合いです。

「急だけど、今日の1時からのマネージメントミーティング、代わりに
出て欲しいんだけど‥」 って頼んでくる上司にだって
「でられませんっっ!」 って叫んじゃうくらい殺気だっているからです。


月末の忙しい時期が終わり、ひと段落つくと
「あ”~、また怒鳴っっちゃったよぉ‥」 と落ち込み、
「(話しかけてきた人達は)あたしが忙しいの知らなかったんだろうになぁ‥」 
なんて反省するのですけれども。
もちろん後悔先に立たず、でございます。
(って、そもそも反省しても毎月繰り返してちゃあ、意味がないわけですが‥)


さて、職場で私の隣に座っているモニカ。

彼女は finance department (財務部?)所属なので忙しいのは月初です。
前の月のオペレーションが閉まると、その数をまとめてP/L を作り上げるのが
彼女の仕事だから。

オペレーションの月末の忙しさが終わって、
「ふ~。」 と私が息を抜きはじめる頃、
隣の席のモニカが、「キィ~ッ!」っとなり、近寄ってくる人達に
「後にしてよ、後にっ!」 と怒鳴っているのが聞こえてくるのです。(笑)

そんなモニカの叫び声を聞くのが、毎月の月初めの儀式のようなものだったのに、
何故か今月の彼女は静か。

誰も彼女の席に邪魔をしにやって来ないので
当然モニカも声をあらげて追い返す必要がありません。

『何故だ‥??』 と訝しく思った私が、隣の席を覗いて見ると、、、

なんと!モニカは素晴らしい秘密兵器を手に入れていたのです!

a0037874_11191514.jpg


Please don't disturb
お願いだから邪魔をしないで
Untill
~まで
MUCH LATER
ずっと後よっ!

Please don't disturb というのは、ホテルなどでもよく使われていますよね。
朝寝坊したい時など、掃除のメイドさん達に部屋に入らないでもらう為に
ドアにかけておくサインです。

日本語では、「起こさないでください」などと意訳されている事が多いですが。
disterb は 「邪魔をする」という意味ですから、
Don't disturb を直訳すると 「邪魔をしないでください」 となります。

だけど私が大笑いしちゃったのは
最後の until MUCH LATER の部分。

「ずっと後までよっ!」って大文字で書いてあるあたり、
『とにかく今はすごく忙しいのっ!』 って
悲壮な感じがよく出ているとは思いませんか?


このサインが出ていたから、今月は誰もモニカの席に邪魔に来なかった
というわけなのですね。
まさに、秘密兵器といえましょう。

あ、ちなみに、この秘密兵器。
今月からは月末締めの時期には私が借りて使うことになりました。

これで、今後はみんなを怒鳴らなくてすむかな。

----------------------------------------------------
「このサイン私も欲しい!!」と思われた方はクリックしてやって下さいまし‥    
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-06 11:22 | 「なるほど!」の英語たち

死ぬほどイヤなこと!?

Day after Thanksgiving のセールはすごいです。
みんな朝早くから買い物に繰り出します。

a0037874_8131440.jpg

この写真を見て、店内が混雑している様子に
だまされてはいけません。


a0037874_8141283.jpg
これはまだ朝の6時。

店から一歩外に出ると
まだ外は真っ暗なんです。


でも改めて周りを見渡してみると、買い物客の多くは女性客。
みんなワクワクドキドキで買い物を楽しんでいます。

男性客ももちろん見かけるのだけれど、
でも、彼らの多くは脳死状態。
奥さんに無理やり連れてこられたのが容易に想像できます。

女性は買い物好き
男性は買い物嫌い

これって万国共通の現象なのでしょうか‥?


そうそう、上の写真はラルフローレンのアウトレットストア。
「朝10時までは全品20%引き」 のサインに興奮して、
大うさぎ状態になっていた私を見た店員のお兄ちゃんがひとこと。

"I'd rather shoot myself than to get up this early for shopping..."

I'd rather shoot myself
ボクだったら(自分を)(銃で)撃った方がましだと思うね
than to get up this early for shopping
こんなに早く起きて買い物にくるくらいなら

I'd rather ~ というのは、「(こんな事をするよりも)~をしていたいね」
という時の決まり文句。
この場合は、
「買い物なんかの為に早起きをする位なら、死んだ方がましだよ」と
言っている訳でございます。。

この台詞を聞いた時には
「おぃおぃ、、、店員のキミがそんな事言うなよ~。」
と思っちゃいましたが
職場の男性陣に後日聞いてみたところ、みな
「同感だ‥」 とため息をついておりました。。


ちなみに、これはコーチのアウトレットストア。
身動きのできない程の混雑具合はさすがです。

a0037874_8144975.jpg

=============================================
「買い物楽しいのに~」 と思われた方はどうぞクリックしてやって下さいまし。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2004-12-05 08:21 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧