今日もまたひとこと

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たすけて

先日会社で組織変更がありまして。

それに伴って皆の担当範囲がちょっとばかり変わりました。
私の仕事はスティーブンに渡して、スティーブンの仕事はゲールに渡す。
そしてゲールの仕事はベブに行く、といった具合。


この状況により、最近のオフィスは少々混乱気味なんです。

担当変更の際にもちろん引継ぎはしたし、もともとみんな
関わりのある仕事をしていたのでそれほど大きな変化ではなかった筈
なんですけど。

それでもやっぱり1度説明されても完全には理解できない事柄や、
自分で仕事を始めてみて初めて出てくる疑問点などもあって。

「あれ~、このトランスアクションはどう処理したらいいんだっけ?」とか、
「なんでこのレポートの数字とあのレポートの数字が合わないんだ~?」
などという呟きがオフィスのあちこちから聞こえてきます。



さてさて、上にも書いたように
私の仕事を引き継いだのはスティーブン。
彼もご他聞に漏れず新しい仕事に頭を痛めているようです。

引き継いだ仕事が難しすぎたのか。
彼の出来が悪いのか。
前任者の頭が悪くて、引継ぎ説明がいい加減すぎたのか。
(はい。 正解はもちろん3番目です…)

よく彼の席からは
「う~ん、う~ん…」という呻き声が聞こえてくるんです。


しばらく考えて分からなければ、前任者である私の所に質問に
やって来るわけですが。
どうやらそれも度重なると、気が引けてしまう模様。


質問回数が増えるに比例して、スティーブンが切り出す言葉は
だんだんと丁寧になってゆきます。

最初は単純に
“I have a question.” (質問があるんだけど)

そして次回は
“Can I ask you a question?” (ちょっと質問してもいいかな?)

3度目になると
“I was wondering if you could help me…”
(助けてくれると本当に助かるんだけど…)


なんと今日はついに
“I need your expertise”
と言われてしまいました。


Expertise (エクスパティーズ)とは、「専門知識、専門技術」という意味。
日本語でもよく使われる expert「エキスパート」の
持っている知識が expertise だと言えば分かりやすいかもしれません。


ところがこのexpertise、
必ずしも「専門知識」の意味で使われるわけではないんです。


「キミがこの件について詳しいと見込んでお願いするんだ。」とか
「ちょっとあなたのお知恵を拝借したいんだけど…」など。

相手をちょっぴりおだてあげて何かをやって貰いたい時に
使うことができます。

それに、
「あなただったら私の持っていない知識を持っているから‥」の意で
へりくだって使われている事も多い気がします。



アメリカ人に自信過剰の人が多いのは周知の通り。

日頃の彼らの自信満々の横柄な態度をみていると
アメリカ人って他人に弱みをみせたり、へりくだったりという事は
しないのかと思ってしまいます。

でも、、、彼らだって同じ人間なんです。
時には遠慮してしまったり、相手にお世辞を使ったりする事だって
あるのですよね。


I need your expertise. はそんな彼らが垣間見せる
謙虚さのカケラの様な気がします。

-------------------------------------------------------
アメリカ人でも謙虚さは理解できるかもしれませんが、
侘び寂びは分かってもらえないかもしれません…。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-05-30 15:21 | 「なるほど!」の英語たち

インフルエンザに注意!

ニュースでみたんですけど。
先週の木曜日と金曜日にアメリカでインフルエンザが猛威を振るったのだとか。

突如としてアメリカ全土を襲ったこのインフルエンザ、
非常に強力だったらしいです。
前日までぴんぴんしていたのに急に具合が悪くなり、
「すみません…、風邪なので今日は会社を休ませて下さい。」と
職場に電話をかけてくる人が後を立たなかったといいます。

突然の発病に加え、患者は圧倒的に男性が多いという特徴を持った
このインフルエンザ、名前は何を隠そう

“Star Wars Flu”

つまり「スターウォーズ風邪」




アメリカでは先週の木曜日(5/19)にスターウォーズ第6作が封切られました。

いるわけですよ。
「少しでも早く観たいっっっ!」という輩が。

それならそれで正直に有休をとって会社を休めばいいものを。
映画ごときの為に休みを貰うのは照れくさいのか、それとも有休が
勿体ないと思ったのか。
はたまた、当日の朝になってど~しても我慢ができなくなっちゃったのか。

いずれにせよ、「風邪をひきました…」と嘘をついてまで
ずる休みをしてスターウォーズを見に行く人が続出したのだそうです。


私、ああいった映画には全く興味がないので分からないんですが。
好きな人は好きなんでしょうねぇ…。
映画館の前で徹夜をして、
第一回上映のチケットを購入しようとしている人達の長蛇の列が
テレビで放映されたりしていました。

これだけみんなに期待されたシリーズ最終作(これで終わりですよね?)
満足の行くできだった事を祈ります。



ちなみにインフルエンザは英語でも influenza が正しいのですが、
日常会話では略して flu (フルー)と呼ばれます。

「インフルエンザに罹っちゃった」は
“I got influenza.” でももちろん良いのですが、
“I got flu.” と言う方がアメリカでは一般的です。

-------------------------------------------------------
スターウォーズを観に行くつもりの方はクリックをお願いします!
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-05-23 09:09 | 「なるほど!」の英語たち

初体験:その2

アメリカ人数人と集まって何かを決めようとすると。
ちょっと面白い念の押され方をする事があるんです。

それは
“Going once,,, going twice,,,, going for the last time…”
という3度に渡る確認。

「じゃあ今月の売り上げ目標は○○ドルでいいわね?
異論があるんなら今のうちにいってよ。」
なんて話し合いをしている時など。
みんなの意見が一通り集まり最終決定がなされる段階で
このセリフが使われているのを時折耳にします。

「Going once, going twice,,,, going for the last time…
OK、異論がないようだからこれで決まり~。」
という様に再確認のために使われているのですね。


今回私は初めて知ったのですが
これって実はオークション用語(?)だったのです。


オークションって、まず価格をあげて、
「はい、この値段で買う人~」って参加者に問いかけるじゃないですか。
買い手はその問いに応じて、自分の番号札を上にあげ、
購入意思を示します。

逆に言えば、だんだん値段をつりあげていって
「この値段で買う人~」と言っても誰も番号札をあげなくなったら
オークションはお終い。
その1つ前の価格にて競り落とされたという事になります。

その最終価格を決める時のセリフが。
“Going once,,, going twice,,,, going for the last time,,,,”
だというわけ。

これは「この価格で決まりでいいですか?
(もっと上の価格を出す人はいませんか?)」という問いかけを
3度にわたって確認するための言い回し。

Going once (これでいいですか~?)
going twice (再確認しますよ、いいんですね~)
going for the last time, (これが最後の確認ですよ)

と念をおしているのですね。



さて、前回のブログにも書いた
スクリプス癌センターの資金集めの為に開かれた
チャリティーオークションイベント。

第2部はライブオークションでした。

会場はこんな感じ。お金持ちそうな人がいっぱいです。

a0037874_4263179.jpga0037874_4282973.jpg


ライブオークションに出される賞品はもともと値段の高いものが多いです。
あと、普通では手に入らないユニークなものが出品されている場合が多いので
その意味からも値段はつりあげられがちだと言えましょう。

下記が賞品の例。
例1:「一日消防士になる」権利
丸一日消防士になりきり、訓練にも参加する。
消防車に備えられている消防機器の使い方を習い、その日に火事が
発生したら、一緒に現場まで急行する。

例2:「ドゥルーブリーズ(有名プロフットボール選手)と
一緒にゴルフをする」権利

例3:「人気レストランのシェフが家にきて、
プライベートディナーを作ってくれる」権利

ちなみに、それぞれの賞品の落札価格は以下の通りでした。
例1:2800ドル
例2:5500ドル
例3:1200ドル

お金ってある所にはあるんですねぇ…。
こんな高額商品を即決で購入する資金も度胸もない私は
ただただ、口をあけて呆然としておりました。

-------------------------------------------------------
「寄付は自分のできる範囲ですればいいのさ!」と思った私に
同意してくださる方はクリックをお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-05-16 04:30 | 「なるほど!」の英語たち

初体験:その1

チャリティーオークションに行ってみました。

友達のステイシーがボランティアをしている
スクリプス癌センター主催で行われたこのイベント。
ここで集まった資金は全て
癌撲滅に向けての研究資金、及び治療機器購入のために
費やされる事になるそうです。

オークションなんてお金持ちしか参加しないものだと思っていたので
私にとってはもちろん初めての体験。
ちょっとドキドキしたけど、なかなか面白かったのでご報告を。


このチャリティーオークション、2部構成になっていました。
1部は Silent Auction (サイレント オークション)そして
2部が Live Auction (ライブ オークション)。


イベントの当日。
指定された時間に会場であるホテルに着くと
まずサイレントオークション会場に通されます。

a0037874_13181385.jpg
この会場の中には6つほどボードが
たっていて、それぞれに
賞品が書かれているんです。


a0037874_13191684.jpg
事前に寄付によって集められた賞品は
『旅行関係』、『レストラン関係』、『女性向け』
などに分類され、
ボードに記載されています。


参加者は、それぞれのボードを各自で見て周り
賞品の物色をする、という訳。
「あ、これ欲しいな!」と思える賞品を見つけたら
紙に自分の番号と、希望価格を記入して係員に手渡せば
それで入札が終了です。

無言で入札ができてしまう所から
サイレント(沈黙の)オークションと呼ばれるのでしょうね。

a0037874_1320589.jpg
ちなみにこれは、終了30分前時点での
『料理関係』ボードの様子。

画面左側にあるのが
入札価格が記入された紙です。

中に3枚ほど
赤で斜線が引いてあるものが
あるのが見えるでしょうか?

これは既に落札が済んでいる印。



私は始めて知ったのですが、
サイレントオークションの場合、入札価格には2つの規定が
あるのだそうです。

1つは (MB) Minimum Bid、つまり『最低入札価格』。
ネットオークションでもありますが、
「最低この価格じゃないと売れません」という値段ですね。

そしてもう1つは (GB) Guaranteed Bid
『保障入札』とでも訳しましょうか。
「この価格出してくれれば、即決です」という値段です。

ちょっと高くつきますが、
ある賞品がどうしても欲しくて、他の人との入札競争をしたくない、
という場合には便利な方法です。

ちなみに、今回のオークションでは
Guaranteed bid には市場価格の5割増しの価格が使われていました。

なのに、結構 Guaranteed bid で入札する人がいるんですねー。

例えば
『有名レストランの100ドルお食事券』という賞品を
150ドル出して入札する人が続出する訳です。



いや~、チャリティーオークションだから
少しでも多くの資金を集められるに越したことはないんですけど。

周囲の盛り上がりについてゆけず、
「なんでみんな、そんな無駄金を使うんだ~?」と
頭を抱えてしまった貧乏人の私。
ま、私のような一般庶民には所詮
オークションへの参加資格はなかった、という事なのでしょうね。


でも、第2部はもっと凄かったです。
次回に乞うご期待。

-------------------------------------------------------
ちなみに
市場価格を超えて払った値段については税金の控除対象になるのだとか。
「でも、100ドルのお食事券に150ドルは出せないよ~。」という私に
同意して下さる方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-05-09 13:24 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧