今日もまたひとこと

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

車にとってナンバープレートとは:その2

今日は前回の投稿の続き。

車のナンバープレートを個人に取り付けさせるが故に起こる
問題点と、呆れたアメリカ人達についてのお話です。


さて。
「ナンバープレートは自分で取りつける」 のがアメリカのシステム。

これは裏をかえせば
「わざとナンバーを取りつけない」 なんて事をも
可能にしてしまっているのですね。

いるんですよ~、これが結構。
確信犯でずっとナンバーをつけずに走っている人達が。
私の知る限りこういうヤカラは大きく2組に分類されます。


まず第1として多いのが、
『だって、めんどくさいんだもん』 組

基本的にナンバープレートは
送られてきてから2週間以内に取り付ける事になっているそうですが、
別にこの期限って誰が管理している訳でもない。

なので、守らなくてもすぐには罰金が課せられる訳じゃない。
故に私の周りには沢山います
いつまで経ってもナンバープレート無しで走っている人達。

これの代表は同僚のリッチ。

私が何度 「いい加減につけなよ~」って忠告してもしらんぷり。
挙句は
「だってさー、ジムだってつけてないよ。あいつは俺より3ヶ月前に車
買ってるからね。奴がつけたら3ヶ月後に僕もつけるよ。」って
言い返してくるの。(小学生みたいな言い訳をするヤツ)

この言い訳を聞き始めてもう半年になるかなぁ…。


それからナンバープレートを取り付けない人達の第2のグループ。
それは
『そんなのかっこ悪いじゃん』 組

これはね、スポーツカーに乗っている手合いに圧倒的に多いですねー。
後ろのプレートはともかく、前は
That looks so ugly on my car!!
(そんなのかっこ悪いじゃないの!)なんて言い張ってつけないの。

まぁね、、、確かにスポーツカーって前が尖っているので
そこにナンバープレートをつけるのはちょっと野暮な気もしますよね。


車が好きな人達ってどうやら美学があるのですね。
私が、「これは法律なの。
格好に拘っている場合じゃなくって、つけなくちゃいけないのよー。」って
いくら言っても、つけない人はつけません。(苦笑)


それの一番の例が友人のパメラ。
彼女は真っ白なカマロのオープンカーに乗って
もう3年近くも経つのに前のナンバープレートはつけないまま。
(後ろのプレートはとっくに付けてある)

この間、とうとうこれで警察に捕まってしまったのだとか。

I don't believe he pulled me over just for that!!!
「こーんな事で捕まえるなんて信じられないわっ!」って
しきりに怒っていたけど、そうじゃなくて

『つけないあんたがいけないのよー。』


でもね、パメラはこれくらいじゃメゲません。
あれから1週間経つけど彼女のプレートはまだついてない。
そしてどうやらこれからも付けないつもりのよう。

ちなみに、、、ナンバープレート無しで捕まった場合、
罰金には2種類あるのだそうです。
すぐにプレートを取り付け、その車を警察に持ってゆけば
罰金は10ドルちょっとという小額。

それに反してつけずに放っておく、もしくはつけても
警察に見せに行かない場合には罰金は70ドル以上もするのだとか。

でもね、パメラいわく
「70ドルくらいで私の車が守れるのなら安いものだわ!」だって‥。

誰か彼女をどうにかして。


今日のひとこと:
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
I don't believe he pulled me over just for that!

「こーんな事で捕まえるなんて信じられないわ!」
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

[Pull over] という言葉の本来の意味は「捕まえる」ではなくて、
「(車などを)脇に寄せて停まる。停まらせる。」です。
なので、
"I pulled over." と言うと単に
「私は車を脇に寄せて停車した」となります。

ただ、この言葉は
警官が交通違反の取締りで走っている車を停めさせる時にも使われる為、
往々にして「(交通違反で)捕まっちゃったー」という意味に
使用されるのです。

という事で、"I was pulled over." と言えば、
「(交通違反で)捕まって停めさせられた。」
という意味を指している事が多いです。

これがパメラとパメラの愛車。
後ろのプレートはついているのに、前はまっさらですね!

a0037874_13343566.jpga0037874_1334491.jpg




それとこれは
『だってめんどくさいんだもん組』さんの車。
ダッシュボードにナンバープレートがのせてあるのが見えますか?

a0037874_133637.jpg

「めんどくさがらずに
とっとと付けろ~!」
って感じですよね。




―――――――――――――――――――
ちなみに同じアメリカでも、他州では
前のナンバープレートを付けなくてもよかったりするのだとか。
同じ国なのに州によって法律が違ったりするなんて、
不思議です。


あくまでもナンバープレートを付ける事を拒むパメラに
「ばか者っ!!!」と思われた方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-07-29 13:42 | たかが車、されど車

気がつかぬ間に一周年

人に指摘されてはじめて気がついたんですけど。

そういえばこのブログ、少し前に1周年を迎えたのです。


もともと私はメルマガを発行していたのですが。
メルマガには書くほどではない、
ちょっとした出来事をメモがわりに書きとめておいたのが
この『今日もまたひとこと』の始まりでした。

それが今ではメルマガはすっかり発行を中断。
(読んで下さっていた皆さん、ごめんなさい!)
ブログ更新のみに時間を費やす毎日となってしまっています。


実をいうと
メルマガ用に書き留めていた記事はまだいくつも残っていて。
「う~ん、、、発行再開すべきかなぁ。。」なんて
時々思い出したように悩んだりもするんですけど。

でも、今さらですよね…。
この際なので開き直り、メルマガ用にとっておいたネタは
ブログで紹介させて頂くことにします




という事で、今回はメルマガのネタ流用第一弾。

『車にとってナンバープレートとは』です。
ちょっと長いので、2度に分けてお届けしますね。




【車にとってナンバープレートとは:その1】

日本で車を買うと、ディーラーから納車される時には
ナンバープレートは既に付いていますよね。
そもそも車のナンバーは誰でも取り付けられる物ではなく、
車を陸運局に持っていって、そこで取り付けてもらわないといけない。


カリフォルニアでは新車を買うと
ディーラーでは車の購入証明書をくれるだけです。
つまり、
ナンバープレートを付けないまま車を引渡してくるのです。

そしてナンバーはというと、
なんと1ヶ月ほど後に自宅に『郵送されて』来ます。
(しかも普通郵便で!)



という事は問題が2つありますね。

まず第一の問題は
納車直後の車にナンバープレートがないこと。
(まだ送られてこないから)


そして、アメリカ人は
買ったばかりの新車を目の前にして、ナンバーが送られてくるのを
大人しく待っているのかと言うと、、、勿論そんな筈はありません。

みんなナンバーなしで当然の様に運転をはじめるのですね。
もちろんそれが合法でもあるからなのですが。

だけど私は、ナンバーのついてない車が
公道を走っているのを初めて見た時には
『いいのか、ホントに!?』 って
もの凄くびっくりしました。



さて、次はこのシステムの第2の問題。
ナンバーは自宅に郵送されて来る為、
ナンバーが届いたら所有者は
そのプレートを 『自分で』 車にとりつけなくてはいけないのです。


『つけさせるなよ、そんなものを個人にー!』


こう思っちゃうのは私だけ?
だってね、極端な話、
送られてきたプレートを誰か別の人と
交換しようと思えばできちゃうんですよ。

それに、個人で取り付けられるという事は
取り外しもできるということで、
他人のナンバープレートを盗んだりも出来ちゃう、
という事でしょう?


ナンバープレートって車のIDですよねぇ?
その車がその車である唯一の証明じゃないですか。
(まぁ、VIN ってのもありますが‥)

だからこそ、日本では
個人ではナンバーの取り付けができなくて、
陸運局できちんとつけて貰わないといけないんですよね?


何か事故があった時、犯罪が行われた時、
車のナンバープレートから犯人が割り出されたりしますよね?
だからナンバープレートってとっても大事な物ですよね?

それの信憑性を下げるような事を平気でしてしまうなんて。

「恐るべし、アメリカ人!」と思ってしまったのでした。



ちなみに、車のナンバープレートは
アメリカでは “License Plate” (ライセンス・プレート)と呼ばれます。

敢えて日本語に訳せば
『認可番号札』 とでもなりましょうか。

アメリカ人に
日本語を直訳のまま “Number Plate” (ナンバー・プレート)
と言っても通じませんのでご注意あれ。



これもそれもあれも!
みんなまだナンバーがついていないのが見えますか?
アメリカにはこんな状態の車がゴロゴロ走っています。

a0037874_10255733.jpga0037874_10261054.jpg


a0037874_10262263.jpga0037874_10263596.jpg



―――――――――――――――――――
実はこの投稿がブログ100回目記事になるんです。
「おめでとう!」のクリックをしてやってくださるととてもヨロコビます。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-07-25 14:19 | たかが車、されど車

ハリポタふたたび

ハリーポッター6巻の邦訳って
来年の夏まで発売されないそうですね。

なんでまた、、、そんなに時間がかかるのでしょう?


魔法界のヘンテコリンな名前が訳しづらいのは
十分理解できるけど。

「でも、ちゃんとプロジェクトチームを組んで
仕事を進めていったら1年なんてかからないでしょう?」
(最終責任は一人にあるのは当然としても
そこに辿り着くまでは複数の努力が使えるはず)

なんて思ってしまうのは、翻訳業界を知らない
私の無知さゆえなのでしょうか?


ま、それはさておき。

今日はハリーポッター6巻で見つけた
小さな言葉遊びの例を紹介させてください。



――ネタバレではありませんが
邦訳版を完全に待ちたい方は
これから先は読まないでくださいね――



Harry Potter and the Half-Blood Prince, P.79

“Don’t count your owls before they are delivered, ”
said Dumbledore gravely.


ダンブルドー教授は諭すような口調でいいました。
「ふくろう達が手紙を配達してくるまで、結果を決めつけては
いけないよ。」



ハリーポッターをご存じない人の為に、まず最初に簡単な解説を。

魔法使いの世界では、郵便物は owl (ふくろう)によって
配達されます。

この場面でハリーは
前年に受けたO.W.L. (Ordinary Wizarding Level) という
全国共通試験の結果が送られてくるのを待っている最中でした。

「ど~せ出来が悪かったから…。」 とちょっと投げやりになっている
ハリーに向かって、
「本当のテスト結果が(ふくろうによって)配達されてくるまで
結果を決めつけないように。」
とダンブルドー教授が諭していたというわけなのですね。



スルドイ方は既にお分かりでしょうが
この英文、

Don’t count your chickens before they hatch.
「卵が孵る前にニワトリの数を数えるな」
(=とらぬ狸の皮算用)

という英語の諺のもじりです。

Don’t count your owls before they are delivered.

Chickens (ニワトリ)の代わりに Owls (フクロウ)を。
Before they hatch (卵が孵る)の代わりに
Are delivered (配達される)が使われているというわけ。


本当にちょっとした事ですが、
こういう(英語の)言葉遊びって翻訳によって失われてしまいがち。
(逆に言うと、こういう部分をどう訳すかに翻訳者の方達が
プロの力量を発揮されるのでしょうね。)


ど~せ翻訳は来年まで発売されないのなら。

邦訳を読む前にちょっとだけ英語版を手にしてみるのも
いいのかもしれません。

ちゃんと読まなくってたっていいと思うんです。
雰囲気を楽しむだけでもいいと思うし
原書でこそ堪能できる、ちょっとした言葉遊びが
いくつか見つかるかもしれません。

-------------------------------------------------------
「早く邦訳を出せ~!」という私に同意して下さる方は
クリックをお願いします。→人気blogランキング


おまけ:
O.W.L. (Ordinary Wizarding Level) 「魔法使い基本レベルテスト?」も
イギリスの教育制度の一環である共通テスト、GCSE O level
(General Certificate of Secondary Education Ordinary Level) の
もじりです。
さすが作者のローリング女史、色々なことを考えつきますね!
[PR]
by emica96 | 2005-07-22 14:34 | 「なるほど!」の英語たち

ハリーポッター読みました!

とうとう待ちに待ったこの日がやってまいりました。

ハリポタ第6巻の発売日です!


発売日は7月16日土曜日。
この日よりも早くは絶対に売れないけれど、
でも、日付さけ変わってしまえば売り出す時間は自由。

という事で、
この日は夜中の12時から国中の本屋さんが
大賑わいだったようです。


かくいう私も行ってしまいました。

a0037874_14241311.jpg


この混雑ぶりと、子供の多さからは想像がつかないかもしれませんが
この写真は夜中の12時過ぎに撮ったもの。
みんなの熱狂ぶりが伺えるでしょう?


ハリポタ6巻は5巻よりは短めの652ページ。(アメリカ版です)

丸一日半かけてようやく読み終わりました。

ネタバレになっちゃうので内容は書けませんが、
「おぃおぃ、、、ここで終わるなよ~~~。」 という感じ。

すごく面白かったんですけどね。

ちょうど盛り上がってきた所で
『次回に続く』 となってしまったので
今から7巻発売が待ち遠しくて仕方がありません…。



ま、それはともかく。
ハリーポッターは子供向けの本ですが
大人が読んでも十分に価値のある本だと思います。
ストーリーがよく考えられていて、面白いのは勿論のこと、
何よりも、毎巻、心に染み入るような文章を用意してくれているんです。

今回もやっぱりありました。

少々長いですが下記に引用。
(Harry Potter and the Half-Blood Prince p.512)

He understood at last what Dumbledore had been trying to tell him.
It was the difference between being dragged into the arena
to face a battle to the death and walking into the arena
with your head held high.


『ハリーはようやっとダンブルドー教授のいわんとしている事が
分かったのでした。
死に直面した戦いに出向くのに、怖気づいて、
無理やり引きずられてゆくのと、
毅然と顔をあげ、自らの意思で向かう事との違いを
教えてくれているのだと気づいたのです。』



なんだか最近思い通りにならない事が多くて。
毎日の生活も嫌々ながらこなしていた私には
ちょっぴり耳が痛くて、そして背筋を伸ばされるようなひとことでした。


超えなくちゃいけない試練とか、
やらなくてはいけない仕事ってどこにでもあるんですよね。

どうせやらなくてはいけないのなら
「嫌だな~、どうして私がこんな目に遭わなくちゃいけないんだろう…?」
なんて嫌々ながら向かうより
自分の成すべき事を受け入れて、毅然としてそれらのタスクに
立ち向かうべきなのだと改めて思い知らされた気がするんです。

さてっと、私も頑張らなくっちゃ!


-------------------------------------------------------
注意!!!
下のコメントにはネタバレが含まれています。

6巻をまだ読んでいない方はご注意くださいね!

-------------------------------------------------------
子供向けの本から人生教訓を学ぶなんて
まだまだ私も修行が足りないですね~。
でも、ハリポタは是非お試しください。
あ、でも、ちゃんと1巻目から読まないとダメですよ~。

ハリポタ好きの方はクリックをお願いいたします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-07-18 14:26 | 「なるほど!」の英語たち

備えあれば憂いなし!?

アメリカには 『プリナップ』 という想像を絶する言葉があります。




アルファベットで書くとPrenup なのですが、
私の手元の辞書には載っていないようですね。


『プリナップ』 とは、Prenuptial Agreement の略。

Prenuptial    結婚前の
Agreement    合意事項


何だと思いますか? 『結婚前の合意事項』 って??


日本人の私の感覚からすると
「家事は分担します」とか、「生活費は折半します」などという
結婚生活の決め事かと思ってしまうのですが、、、
答えはさにあらず。


なんとこの Prenup、

『結婚前に合意する、離婚時の取り決め』 

なのです。


つまり、
「愛してます、結婚してください。」 とプロポーズした直後

「ところで、離婚する時の財産分与は現金を半分だけ。
株や不動産は分けられないけど、それでもいいかな?」


などと書類を作り署名を求めるという事なのですね。


恐るべし、アメリカ人。


結婚前に離婚の準備もしちゃうとは。
なんと合理的かつ用意周到な方たちなのでございましょう。



とはいうものの。

アメリカでの異常なまでの離婚率を見ていると
あながちこの Prenup も馬鹿げたものではないのかとも
思わされてしまうのが怖いところです。


友達のジェフとステイシーが別れてしまったのは
前回のブログに書いた通り。

あんなに仲良しだった2人が別れてしまったのならば、
離婚は誰にでもあり得る事なのだと改めて思い知らされました。

可能性としての離婚が否定できないものである以上、
それに備えて準備をしておくというのも
決して意味のないものではないのかもしれませんよね。



しかし、
プロポーズと一緒にプリナップを持ち出されたら
私だったら相手をひっぱたいちゃうけどなぁ。

いや、、、まてよ。
むしろ逆手にとって自分に思いっきり有利な条件にしてもらうか…。

-------------------------------------------------------
日本語には「備えあれば憂いなし」という言葉がありますが、
「それでもやっぱりプリナップは備えすぎだよな~。」と
思ってしまう私に同意してくださる方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-07-10 11:18 | 「なるほど!」の英語たち

悪い知らせ

友達のステイシーから電話がありました。

開口一番の沈んだ声を聞いた時から嫌な予感はしていたんですよね。

ましてや、
「話さなくちゃいけない事があるんだけど…」なんて切り出すから
『あぁ、こりゃ悪いニュースだわ。』って覚悟はすぐにできました。


案の定、次に続いた言葉は

Jeff and I are splitting up.
ジェフと私ね、別れることになったの。


離婚率の異常に高いアメリカ。
友達が別れる位の事でショックを受けていたらやってゆけません。

でもね、、、
これまで何年もずっと、カップルとして仲良くやってきた
友達が別れるとなるとやっぱり衝撃です。

ましてやこの2人、本当に社交的で常にみんなの中心でした。
夏になればバーベキュー、冬にはスキー旅行と季節の折々には
色々なイベントを企画してくれて。
その度ごとに沢山の人たちが集まり、私達もそこから
友達の輪を広げてきました。

いつも仲良しで、傍からは理想のカップルに見えていた2人が
別れてしまうなんて。

「人の仲なんて、他人からじゃ分からないものなんだね…」と
改めて思い知らされてしまったのでした。



ところで。
英語で「別れる」には split up も使えるのですね。

これまで私はずっと break up しか知らなかったので
ちょっと勉強になりました。
まぁ、こんな時にどうでもいい事ではありますが。。。

-------------------------------------------------------
友達が別れてしまった時ってどう声をかけてあげたらいいのでしょう?
中途半端ななぐさめも失礼な気がして、困っています。。。
何かいい言葉があったら教えてください。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2005-07-06 15:08 | 「なるほど!」の英語たち

今日はちょっと番外編

今日はちょっと番外編。

このブログにいつもコメントをくださる
TransitroomさんからMusical Batonを頂きました。


今聞いている音楽やお勧めのCDなどを
皆で順番に紹介していく企画のようです。


具体的な質問としては5項目。
1:Total volume of music files on my computer
  (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
2:Song playing right now (今聞いている曲)
3:The last CD I bought (最後に買ったCD)
4:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
5:Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)


5番目の質問で他の人にバトンを渡し
「じゃあ次はあなた、お願いします」と輪を広げていくという訳。


さて。
バトンを渡して貰ったのは嬉しかったのですが、
質問項目をみて途方にくれてしまった私。

なぜなら、最近とんと音楽を聴いていないから。

試しに上の質問に答えてみましょう。
1: ゼロ
2: 聴いてません
3: 覚えてないです、、前すぎて…。
4: う~ん、、、特に思いつかないです。


別にひねくれた回答をしようとしてこんな事を言っている訳じゃないんです。
全てが本当のこと。
Transitroomさん、ごめんなさい…。



私はトークショーを聴くのが好きで。

家で料理をしながらとか、会社への通勤時間とか、
多くの人が音楽を楽しんでいるであろう時間帯に私は
トークショーや物語朗読のCDを聴いて過ごしています。


今回ミュージカルバトンを渡されて、
「う~ん、この質問が音楽についてじゃなくて
トークショーについてだったら色々書けるのにな。」なんて
思ってしまったほど。


なかでも私が夢中なのが、NPR (National Public Radio) の
Car Talk という番組です。

Car Talk とは、そっくりそのまま 「車の話」 のトークショー。
自動車整備工場のオーナー兄弟がパーソナリティーとして放送しており、
番組中に視聴者から電話で車に関するありとあらゆる質問に
答えてゆくという趣向。

この番組、コメディー仕立てになっていてほんと~に面白い。
車の知識ゼロの私がいつも涙を流して笑い転げてしまうほどです。

もちろん真面目な質問もあるし、パーソナリティーの2人の知識の深さには
いつも脱帽してしまうのだけど。
でも、ちょっとした受けこたえとか、やりとりとかが本当に面白いのです。

この Car Talk、ネットでも聴くことができます。
下のサイトからダウンロードできちゃうのでどうぞお試しあれ。

http://www.cartalk.com/Radio/Show/online.html


アメリカで普通に放送されているラジオ番組なので
会話の速度も速いし、ちょっと難しいかもしれませんが。
でも、Segment 別に分けて聴くことができるので
1つの話題を繰り返しきいて英語の勉強にする、
なんてこともできるのではないかと思います。


最後に、
以前この番組の中で取り上げられていた視聴者からの手紙をご紹介。

Before I start listening to the Car Talk, I knew absolutely
nothing about cars. Now, many months later,
I still don’t know anything about cars;
but I don’t care anymore.

カー・トークを聴き始める前、私は車について何も知りませんでした。
この番組を聴き始めてもう数ヶ月経ちますが、私はやっぱり
車の事は何も分かりません。
でも、、もうそんな事はどうでもよくなりました。


これ、正に私の今の気持ちです。

-------------------------------------------------------
ミュージカルバトンからすっかり話がそれてしまいましたね、ごめんなさい。
でも、このバトンを渡してくださったTransitroomさんのブログ、
『とらんじっとる~む』はお勧めです。

世界中を旅した記録が素敵な写真とユーモアたっぷりの口調で語られていて
いつも更新を楽しみにしています。みなさまどうぞ一度ごらんあれ。
[PR]
by emica96 | 2005-07-03 13:35 | たかが車、されど車



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧