今日もまたひとこと

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お幸せに

a0037874_852195.jpg


引き続き 「書き忘れてた事シリーズ」。
3回目はなんと一年も前の出来事についてです。

去年の5月末、大学時代の友人の結婚式に出席してきました。

大学時代に一緒に机を並べて勉強していたスティーブンとマイ。
彼らが長い長い春に区切りをつけて入籍することになったのです。


大学時代からずぅ~っと一緒だった二人。
スティーブンはコンピューター・サイエンスが専攻だったのに
マイと一緒にいたいが為に彼女の専攻科目である経済学部の授業に
いつも潜り込んできていたのを懐かしく思い出します。

大学卒業後も、二人の仲の良さは変らず。
だけど驚いたことに
なんと、二人一緒に学部専攻とは全く関係のない歯科大学に進学し、
揃って歯医者さんとなってしまっていたのでした。


そんな二人の結婚式は 「豪華!」 のひとこと。

a0037874_854198.jpg
場所は、かのリッツ・カールトン。



「昼間の式だから安いのよ~~。」なんてマイは笑ってたけど。

ラグナビーチを見下ろす崖の上での結婚式はやっぱり他とは違います。

a0037874_875213.jpga0037874_88422.jpg
a0037874_885672.jpga0037874_89659.jpg

ちょっと曇り気味の天気が残念ではあったけど、
晴天だと暑くなりすぎるのでちょうどよかったのでしょう。

a0037874_892398.jpg




室内に移っての会食(披露宴)も
盛りだくさんの内容で、皆の笑顔が溢れていました。

a0037874_8103863.jpga0037874_8104812.jpg
a0037874_8111396.jpga0037874_811244.jpg


お決まりのケーキカット。
このケーキ、すごく綺麗に作られているので
プラスチック製の贋物かと思ってしまいますが、
ちゃんとスポンジとクリームで作られたホントのケーキ。
a0037874_8125613.jpg



a0037874_8133195.jpg

あとでこんな風に切って
デザートとして饗されます。
(美味しかった!)




そしてもちろん最後はブーケ・トスでしめくくり。

a0037874_814281.jpg




この二人、実は High school sweetheart 同士なのです。

Sweetheart スイート・ハート (恋人)に
High school 高校 をつけるとそれは

「高校時代の恋人」

ま、言葉通りの意味なんですけど
日本語で 「初恋の人」 と言うのと同じような意味あいで
使われる事が多い気がします。


高校時代から大学、大学院、そして社会人になっても
ずぅ~っと一緒のマイとスティーブン。
この日は幸せ一杯の2人の笑顔に
幸福をお裾分けしてもらった気分になりました。

お幸せに。


――――――――――――――――――――――――
「わ~、きれいな花嫁さん」 と思われた方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-09-10 08:14 | 「なるほど!」の英語たち

温泉旅行

前回に引き続き「書き忘れてた事シリーズ」。
第2回目は5月に行った温泉旅行です。

a0037874_14543622.jpg




実は5月は結婚記念日だったので
お休みをとってロサンジェルスの北にある
Sycamore Hot Springs Spa へと行ってきました。


「シカモア温泉」と呼ばれるここは
西海岸に住む日本人の間ではかなり人気の高い場所。

Hot Springs (温泉)を売り物にするホテルは数あれど
(意外とね、アメリカにも沢山温泉があるのですよ)
プール形式ではなく、ジャクジー形式で温泉に入れる所は中々ありません。

a0037874_14552461.jpga0037874_14553573.jpg



しかもここは山の斜面に大小とりまぜたジャクジーを点在させ、
貸切で入浴させてくれるので
まるで日本で露天風呂に入っているかのような気分が味わえます。

ジャクジー付きの部屋に泊まった私達は
滞在中24時間温泉風呂に入り放題だったのも嬉しい限り。


a0037874_14561360.jpg

部屋のベランダにある
プラスチック製のジャクジーに
最初はちょっぴり興醒めだったけど。




お湯に浸かってしまえばそんな不満はどこへやら。

「疲れたよ~~、温泉入ってのんびりしたいよ~~~。」と
言い続けていた私達には至福の一時となりました。



このホテル
『鄙びた温泉宿』という表現がぴったりの静かな所です。

日頃の疲れを癒すには最高だったのだけど、、、
いかんせん鄙びすぎていて周りに何もないんですよね~。

貧乏性の私、何もせずぼーっとしているのが落ち着かなくて。

2日目になって極度に退屈したあまり、
なんと大っ嫌いなはずのゴルフに行っちゃいましたよ。
# 知らぬ間に車にゴルフクラブが積んであったあたり
# ダンナに嵌められた感もありますが…。(苦笑)



夫婦2人で行ったゴルフコース。

a0037874_154435.jpg
同じように2人で来ていた
トム&ルース夫妻と一緒に周る事になりました。



海辺を望む素敵なコース。

a0037874_14584468.jpga0037874_1459422.jpg


途中で鳥の親子
(カルガモじゃないし、、、なんでしょう?)
に出合ったりもします。

a0037874_1459276.jpg




ここは場所柄のせいかとても空いていました。

私達も予約なしでフラっと立ち寄ったのにすぐコースに出させて貰えたし。
近所に住んでいる人たちにとっては1人でも利用できる
気楽なゴルフ場なのでしょうね。

実際、私達のグループのすぐ後ろは
たった1人で周っていたんです。


1人で周るゴルフ。
他の人に気兼ねしないで済むのはいいかもしれないけど
やっぱり寂しそう。

それに1人でプレイしているとどうしても早く済んでしまうので
前の組である私達にすぐ追いついてきます。

「待たせちゃって悪いな~。」
なんて私がちょっと心地悪く感じていたら
おもむろにクルリと振り向いたルースが
後ろで周っていた彼ににひとこと。


Do you want to come through?
「先に行きますか?」

come through というのは「通り抜ける」、「切り抜ける」という熟語。

混み合った道で、前を歩いている人を追い抜かす時など
“Excuse me. Coming through!” 「失礼、通りますよ!」の様に
注意を促す為にかける言葉としても使われます。



つまりルースのかけた
Do you want to come through? は

Do you want to ~
     ~したいですか?
come through
     通り抜ける事を

「通り抜けたいですか?」=「先に行きますか?」と
いう意味になるわけですね。




後ろにいる人を気遣って先に回させてあげた事からも分かる様に
ルースはとてもよく気のつく、
優しくて素敵なおばちゃまでした。

数年前に仕事を引退し、ご主人のトムと二人で
この土地に Second home (2軒目の家=別荘)を買ったのだとか。

「ここに来てから本格的にゴルフを始めたのよ、だからまだ私も初心者。」
なんて言っていたのは下手っぴな私を慰めようとしてくれていたのでしょう。

彼女はとても綺麗なフォームで
見事なショットを沢山飛ばしておりました。

私ももうちょっと練習して上達しなきゃ。

a0037874_1501795.jpga0037874_1503522.jpg


――――――――――――――――――――――――
「って、、、ゴルフからは足を洗うつもりじゃなかったの??」 と
つっこみを入れた方はクリックをお願いします。
人気blogランキング
[PR]
by emica96 | 2006-09-02 15:04 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧