今日もまたひとこと

お気楽パームスプリングス:その2

「期待はずれ?」 の印象を持ってしまった今年の
ビジネス・コンファレンス。

でも、良い方向に期待を裏切ってくれた事だってちゃんとありました。

その1つは参加者みんなに配られたギフト。
なんと、、今年は太っ腹なことに一眼レフカメラをくれたのです!
しかもフル機能つきの最新版。


a0037874_6323896.jpg

これがそう。





「いや~、、こんな高性能のカメラ貰ったって
使いこなせないよー。」



機械オンチの私がそう呟くのをまるで察していたかのように
写真教室がコンファレンスの日程の中に組み込まれおりました。


a0037874_6333337.jpg

写真教室の講師として
よばれていたのはBlue Pixel
の社員たち。




もと、報道カメラマンが主なメンバーのこのグループ、
写真技術の教育では第一人者と見なされているのだそうです。

そんな超一流のカメラマン直々に3時間みっちりと
写真の撮り方を教えてもらえたわけですが

カメラなんてこれまで安物しか持った事がなく、
しかも、オートフォーカス以外の設定さえ触ったことがなかった私。

---- 何が何やら全く分かりませんでしたわ。(苦笑)


いや~、写真なんてただ構図と光の方向だけ考えて
パチリ、と撮ればいいものだと思っていたけど、

本当にいいものを撮ろうと思ったら
  - ISO (light required for proper exposure)
  - Aperture (diaframe)
  - Shutter Speed
この3つのコンビネーションに加えてレンズの性能を頭にいれ、
どの場合にはどの設定を選ぶのが最適なのか、常に考えながら
カメラを使わなくてはいけないのですね。

a0037874_634235.jpga0037874_634402.jpg
a0037874_6351595.jpga0037874_6353043.jpg



3時間のカメラ教室中、繰り返し言われたのは
「とにかく自分で試してみなさい」 という事。

技術的にどの機能がどうだとか、どの数値とどの数値をあわせるのが
最適か、などと言われても身にはつかないもの。
とにかく自分で外にでて、沢山の写真を撮りながら試行錯誤し
どの組み合わせがどんな場合に使えるのか身体を使って覚える事が
大切なのだといわれたのです。



プロって本当にすごいものですね。
良い写真を撮るためにはとにかく労を惜しまない。

カメラの持つ機能を全て把握しているだけでも尊敬に値するというのに
それに加えてその場その場の光や構図を最適に捉えるために
何度も微調整を繰り返し、時間をかけ、最大限の努力を重ねているのです。


そしてそこまでの労力をかけた上でも
最後はやはり運に頼るしかないといいます。


それは講師の1人がフラッシュの使い方について説明していた時の事でした。
彼が暗い所で撮影した写真を1枚スクリーンに出し、

「フラッシュは明るい場所でこそ使いなさい。暗い所で撮影する場合には
このようにそこにあるわずかな光を利用して
陰影を強調した写真にした方が良いものになります。」

とアドバイスしたのですが、それに対して聴衆の一人が言い返したんです。

「でも、暗い所でフラッシュをたかないとブレちゃいますよね。
いくらカメラを固定しようとしても、シャッタースピードが下がれば下がるほど
静止像を撮るのは難しくなります。」



そうしたら講師は

“Do you want to know the secret? -- I shot about 20 of them. “

「どうしてこんないい写真が撮れたか秘密を知りたいかい? 
-- 20枚撮ったからさ。」 と。
(確かにシャッタースピードが下がればブレる可能性は高くなる。
でも沢山の枚数を撮れば、その中の1枚位はブレずに綺麗に
写っているものがあるものさ。)


そして続けて言ったのです。

いくらいい構図を考えても、カメラの性能を把握して最高の色合いを
醸し出しても、コントロールできない事柄は山のようにあります。

何気ない家の門の風景が
そこに偶然鳥が1羽舞い降りただけで素晴らしい構図に変わったり。

夕焼けに照らされたガイザー(間欠泉)の風景写真を撮ろうとしていたら
そこにたまたま通りかかった子供が影を落としたために
急に人間味のある温かい写真に変貌したり。

そんな、偶然の素晴らしさに助けられたことは
これまでに数え切れないほどあります。


そう口にした講師は加えてひとこと。

I just hope when unexpected happens, I’m lucky enough to be prepared for it.

「そんなすばらしい偶然に出会えた時のために
出来るだけの準備をしておきたいと思っているだけです。」



I just hope
     私は望んでいるだけです
when unexpected happens
     予期せぬ出来事(素晴らしい偶然)が起こった時に
I’m lucky enough to be prepared for it
     幸運にもそれに対応できるだけの準備を自分がしている事を。



Lucky enough to be prepared for it

カメラの性能、機能、理論をきちんと勉強したり、
良い構図をとる為にする払う惜しまぬ労力。

それらを全部ひっくるめて、prepare (準備する)のひとことで表現し、
「(偶然が起きた時に)それを受け入れるだけの準備が出来ている幸運を饗したい」 と。


たゆまない努力を労苦とは思わず、
自分がその準備をすることができたら幸運だ、との考え方。

そんな謙虚な受け止め方に私は大きく心を動かされ、
「これって、写真だけじゃなくて、人生全てにあてはまることだよなぁ。。。」 なんて
しばし感慨に耽ってしまったのでした。


--------------------------------------------------
下記は写真講座とは無関係。
コンファレンス最終日に開催された自由行動日に参加した料理教室の様子です。

a0037874_6371239.jpg




Copley’s というレストランで開かれた料理教室。

a0037874_6374439.jpga0037874_6375828.jpg


マッシュルーム・クラストをのせた Halibut (平目)のトマト・バターソースかけ と
タラゴン・アイスクリーム

どちらも「絶品!」の美味しさでした。

a0037874_6382157.jpga0037874_638333.jpg
a0037874_6384768.jpga0037874_6385964.jpg


特にHalibut の方は、お客様を家でもてなす際に余計な手間がかからないように
前日、前々日に済ませておける下準備などもあわせて教えてくれたので
とても勉強になりました。

こんど試してみようっと!
[PR]
# by emica96 | 2008-06-09 06:44 | 旅のつれづれ

お気楽パームスプリングス:その1


a0037874_3264734.jpg


5月の初旬にパームスプリングスに行ってきました。

一応出張だったんです。

去年私がフロリダに行ったのを覚えておいででしょうか? 
(去年の投稿はこちら: お気楽フロリダその1 、 その2) 
毎年5月に行われる 「ビジネス・コンファレンス」という名の会社をあげての慰労会。

今年はそれが南カリフォルニアのパームスプリングスで開かれたのです。



う~む、、、
去年の会が印象深かっただけに今年は何かイマイチでしたわ。


去年のホテルは超高級ボカラトンだったのに、今年はマリオットだったし。

外部から招待されたスピーカーは
去年はコーリン・パウエルもと国務長官だったのに、
今年は良くわかんない (私の知らない) 人だったし。

a0037874_327327.jpga0037874_3274286.jpg



お遊びのお祭り出張にモンクを言っちゃぁいけないと知りつつも
『期待はずれ』 の印象はぬぐえません。


「なんかさぁ、、去年の会の方が良かったよねぇ、、、、色々と。」


がっがりした私が思わずそう呟いてしまったら、
一緒にいた同僚のマットはボソリとひとこと。



“They raised the bar last year.”
「去年期待値をあげちゃったからね。」


Raise the bar を直訳すると、「バーを上げる」。
これは「達するべき水準(レベル)を上げる」 を意味しています。


言葉の由来は知りませんが
この表現は走り高跳びをイメージすると理解しやすいかと。

走り高跳びでは1つレベルをクリアする度に
跳ばなくてはいけないバー(棒)の高さを上げて行きますよね?

この場合の raise the bar 「バーをあげる」 も正にそんな感じ。

自分、または他の誰かが良い結果を出す度に周りの期待値(達するべき水準)も
つられて上がり、次回は更に良い結果を求められる、、、という事なのです。




パームスプリングスで行われた慰労会に話を戻すと、、、
ま、去年よりも良くなっていた事もいくつもあったんですけどねー。

エンターテイメントの一環として行われたライブに来ていたバンドもその1つ。

去年はカウンティング・クロウズだったけれど、
今年は Wyclef (ワイクリフ)だったのです。

a0037874_3295080.jpg




カウンティング・クロウズは 「そんな古いグループ知らないよ~。」 だったけれど
ワイクリフは最近もヒット曲を出している歌手。

特にシェキーラと一緒に出した Hips Don't Lie はきっと皆さんも
耳にした事があるはず。




有名なだけではなく、観客を盛り上げるのも上手だったので
パフォーマンスを楽しめたのは良かったこと。

a0037874_330947.jpga0037874_3305266.jpg



でもね、、、
招待されてくるバンドに関してはもともと
「今年は Black Eyed Peas が来るらしいよ!!」という噂が飛んでいたのです。

噂はかなりの信憑性を持って語られていたため
ファーギー・ファンの私はすごく楽しみにしていたのですね。


それなのに、、、ふたを開けてみたら違うひと。


期待が大きかっただけにそれを裏切られた失望の度合いも大きくて。


「なんだよ~~~。」 とがっかりの溜息をついて飲んだくれ、
コンサートの途中で部屋に帰っちゃいました。

ワイクリフ ファンの皆さん、ごめんなさい。。。。。。





加えていえば、今回のコンファレンスではこの人の登場もナイス・サプライズでした。

a0037874_3311973.jpga0037874_3313089.jpg


インディアナ・コルツのクォーターバック、ペイトン・マニング。
アメフト・ファンの私は大興奮だったけれど
登場を全く予期していなかったので、すご~く後ろの席に座っており
顔はステージ横にあった大型スクリーンでしか確認できなかったのです、
残念。
[PR]
# by emica96 | 2008-06-02 03:40 | 旅のつれづれ

マイクロソフトの採用結果

前回の投稿で紹介したマイクロソフト採用試験問題の解答です。


問題を読んでない方はまずこちらをどうぞ。

そして答えはこの下に。
[PR]
# by emica96 | 2008-05-21 21:20 | 「なるほど!」の英語たち

マイクロソフトの採用面接に挑戦

マイミクのNOVIO王子 さんの過去日記に面白いものを見つけました。

マイクロソフトクイズ、と題されたその投稿、
Microsoft 社が採用面接の一環で出題したものと言われているのだとか。

勉強は嫌いだけど、クイズは大好きの私、
早速試してみましたよ。

制限時間は30分だったらしいけど 「5分で解いてみせて!」と NOVIO王子 さんは
言われたらしいので私も5分以内を目標に。

みなさんもどうぞお試しあれ。


----------------------------------

"U2" has a concert that starts in 17 minutes and
they must all cross a bridge to get there.
All four men begin on the same side of the bridge.
You must help them across to the other side.
It is night. There is one flashlight.
A maximum of two people can cross at one time.
Any party who crosses, either 1 or 2 people, must
have the flashlight with them. The flashlight must be
walked back and forth, it cannot be thrown, etc.

Each band member walks at a different speed.
A pair must walk together at the rate of
the slower man's pace:

• Bono takes 1 minute to cross
• Edge takes 2 minutes to cross
• Adam takes 5 minutes to cross
• Larry takes 10 minutes to cross

For example: If Bono and Larry walk across first,
10 minutes have elapsed when they get to the other
side of the bridge.
If Larry then returns with the flashlight,
a total of 20 minutes have passed and you have
failed the mission.



U2はコンサートの開始を17分後に控えており、
コンサート会場まで橋を渡って行かなければなりません。

4人のメンバー全員が橋を渡らなければならないのですが、
既に夜なので、懐中電灯なしでは橋は渡れないのです。

一度に橋を渡れるのは2人まで。
橋を渡る際には必ず懐中電灯を持ってゆかなければなりません。
懐中電灯は1つしかなく、常にだれかが携帯して橋の上を
行ったり来たりさせる事が必要です。
ちなみに橋の端から端まで投げて渡すような事はできません。

バンドメンバーはそれぞれ歩く速度が違いますが、
2人が一緒に歩く際には遅い方の速度にあわせる事になります。

ボノが橋を渡るのには1分かかります。
エッジが橋を渡るのには2分かかります。
アダムが橋を渡るのには5分かかります。
ラリーが橋を渡るのには10分かかります。


例えば:
もし、最初にボノとラリーが橋を渡るとそれで10分使います。
(ボノは1分、ラリーは10分なので、遅いラリーにあわせて歩くから)
そして、ラリーが懐中電灯を持って反対岸に戻ると更に10分使うので
それだけで20分を使ってしまった事になり、
17分以内に全員が対岸に渡る、という目的は果たせなかった事になります。

さて、どうやったら17分以内でメンバー全員を対岸に渡せるでしょう。
----------------------------------



凡人の私は5分じゃあ解けなかったけど、7分で完了。
楽しかったので同僚たちに転送してみました。



夜遅かったというのに、すぐに反応を返してきたのは
エンジニアの若者くんマイクと、Geeky なプロダクト担当のザビ。

同じIT業界なのでそれ程驚くことでもないのかもしれませんが、
2人とも偶然にも過去にマイクロソフトの面接を受けたことがあるようで
それだけに即効で反応してしまったようなんです。


このメール、、、単に問題を解くだけでなく、その後の会話が
思わぬ展開を見せまして、結果、大笑いさせてもらいましたわ。
あまりにも可笑しかったので、メールのやりとりをそのまま転記しちゃいますね。

読みやすいようにメールのやり取りを古い方からの順に並び替えておきますが
それ以外は基本的に元メールのままでございます。

夜中の12時に会社のメルアドを使ってこんな会話を交わしてるなんて、
それ自体が既におかしな状況なんですけど。

-----------------------------------------------
From: エミ
Sent: Monday, May 12, 2008 11:41 PM
To:
Subject: MS Quiz
Importance: Low

I heard Microsoft used to give out this quiz to its interviewees.
So, solve it within 30 minutes if you want to work for Microsoft. (Or, better yet, if you think our employees are smarter than MS’s. :p)
It took me 7 min. I’m sure many of you can solve it a lot faster than I did. :)

"U2" has a concert that starts in 17 minutes and ~
(問題、以下省略)


マイクロソフトがこの問題を採用面接で出題してたんだって。
だからマイクロソフトで働きたい人はこれを30分以内で解いてみて。
(それか、私たちの方がマイクロソフト社員よりも優秀だと思う人もね!)
私は7分でできたよ。あなた達はもっと早くできるでしょ!

-----------------------------------------------
From: ザビ
Sent: Monday, May 12, 2008 11:52 PM
To:
Subject: RE: MS Quiz

I did NOT get that quiz.. oops.. not that I would know about that…

え~、ボク(がマイクロソフトの面接を受けたときには)こんな問題出されなかったよ!
まぁ、こんな問題だされても分かんなかったと思うけど。

-----------------------------------------------
From: エミ
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:07 AM
To: ザビ
Cc: マイク
Subject: RE: MS Quiz

Michael has already replied back w/ the correct answer. It’s either he is very smart, or he has too much time on his hand because he is not working.
-- I think it’s the latter.

マイクがもう正しい答えを送ってきたよー。
即効で解答しちゃうなんて
マイクはすご~く頭がいいか、それともすご~く暇かのどっちかだよね。
― 私は後者に一票。

-----------------------------------------------
From: ザビ
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:12 AM
To: エミ
Cc: マイク
Subject: RE: MS Quiz

Or he applied for the job, got the right answer, rejected the job because he preferred to work with us… Nahh… he is just too smart…

それか、マイクは過去にマイクロソフトの採用面接を受けたから
この答えを既に知ってたのかもよ。
マイクロソフトにも受かってたのにそれを蹴ってうちの会社に来る事にしたのかもしれないじゃん。

ははは、、そんなはずないか。
マイクは単に頭がいいからすぐ答えられたんだね。

-----------------------------------------------
From: マイク
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:16 AM
To: ザビ、エミ
Subject: RE: MS Quiz

Honestly, 2 years ago I thought that was the dumbest thing I did.

But since then I’ve been able eat half of Japan. I don’t have that many regrets about coming here – there are sufficient interesting people.

いや~、正直言ってさ、2年前はホントに馬鹿な事をしたと思ったよ。
(=マイクはホントにマイクロソフトの採用オファーを断ってうちの会社に来たという事)

ま、でも、うちの会社に来てからは日本にしょっちゅう(出張で)行って
美味しい物食べてるからね。 今じゃ後悔もしてないけど。
-- それにうちの会社には面白いヤツがいっぱいいるしさ。

-----------------------------------------------
From: エミ
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:19 AM
To: マイク、ザビ
Subject: RE: MS Quiz

Sure, there’re a lot of interesting people in this company, but you could’ve met your future wife at Microsoft….

確かにうちの会社には面白い人がいっぱいいるけど、
マイクロソフトに行ってたらいい結婚相手が見つかったかもしれないじゃないの。
(マイクはまだ独身)

-----------------------------------------------
From: マイク
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:33 AM
To: ザビ、エミ
Subject: RE: MS Quiz

I dunno. I hear there are many scary Chinese women there.

それはどうかな~~。
マイクロソフトにはおっかない中国人女性が多いって聞くよ。
-----------------------------------------------
From: ザビ
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:32 AM
To: マイク、エミ
Subject: RE: MS Quiz

Chinese women are like Ramen, you need the right ingredients and patience to make them sweet and tasty!

中国人女性はラーメンみたいなものさ。
正しい材料を揃え、辛抱強く対応すれば、甘くて美味しく変貌するよ!
-----------------------------------------------
From: マイク
Sent: Tuesday, May 13, 2008 12:38 AM
To: ザビ、エミ
Subject: RE: MS Quiz

Chinese women are like soufflés – full of hot air, always threatening to collapse – and under the right conditions will even blow up in your face.

ちがうよ、中国人女性はスフレみたいなものさ。
中に熱い蒸気を充満させつつ、いつか崩れ落ちるかもしれないと脅し続けるくせに
扱いを間違えると顔面に向かって爆発してくるんだ。
-----------------------------------------------


全部の英文を読む気力が起きないみなさんも、
是非最後の2通だけは英語でみてみて下さい。
(原文の方が面白さが100倍も上だから!)


そして最後の2通のメールが交わされた時間にもご注目。

ザビがラーメンのアナロジーを送ったのが12時32分。
マイクがスフレのアナロジーを使って言い返して来たのは12時38分。

わずか6分の間に相手の表現を使って見事にやり返せるなんて
マイクってば本当にあなどれないヤツなのでございます。

ぼ~っとした風貌にともすると誤魔化されそうになるけど、
実は結構頭がいいらしい。

素晴らしい切り替えしに涙がでるほど大笑いして
ちょっとの間だけだったけど、嫌な事はみんな忘れることができました。




それはそうと、このマイクロソフトのクイズ、
正しい解答を即座に答えられた人は沢山いたのだけれど、
でもダントツで最高の解答はやっぱり
最初に読んだマイミクのNOVIO王子さんのものでした。

NOVIOさんときたら、普通に答えるのではなく
当時関わっていたアメリカの金融制度改革法案になぞらえて
クイズの登場人物を変更し、
一捻りも二捻りもした解答を送っていたんです。

(皆さんに見せられないのが残念! すご~~~く素晴らしい解答だったので!)

いやー、ホントに敬服しましたわ。


私のマイミクさんって優秀な方が多いんですよね。
(私なんかには勿体ない人ばかり…) いつも頭が下がります。
[PR]
# by emica96 | 2008-05-17 08:33 | オフィスでのひとこと

「やっぱし…」事件の対処法

旅行に行く事になりました!

7月に1週間ほどフランスで遊んできます。

実は前回の投稿を読んだ友達のYちゃんからメールを貰いまして。


「久しぶりー。なんか大変そうだけど大丈夫?」 などという会話の後
「7月にフランス旅行に行くんだ。」 と聞いたため、

「え~、いいなー。あたしも行きたい!」 
「ホント!?じゃあ予定あわせようよ。」

てな展開になったのですよ。



7月ってホントは仕事を休める時期じゃあないのだけど。

去年一年全く休んでないし。
仕事はまだまだ大変だし。

ちょっとくらいサボっても、いいよね?



ちなみにこの旅行、Yちゃんとの二人旅になります。


そう、、ダンナは置いてきぼり。


実はうちのダンナ、去年の年末に転職したばかりでして
まだ有休があんまり発生していないのです。

かたや私は去年の多忙がたたって
消化していない休暇が売るほどある状態。

夫婦2人での旅行はできそうもないので、私一人で遊んでこようかと。 (笑)





「エミんとこは相変わらず夫婦別行動だねぇ。。。」 


そう呆れられるのを覚悟でみんなにこの旅行計画を報告したら、
意外なことに部下のヘザーはにっこり笑いながらひとこと。


“Good. A trip with girlfriends is always fun.”

「それは良かったわ。ガールフレンドとの旅行は楽しいもの。」



Girlfriend (ガールフレンド) という単語、
既に日本語になっていますよね。

意味は説明するまでもなく 「(付き合っている) 彼女」。


でもアメリカ英語で 「ガールフレンド」 と言ったらそれには
2つの意味がございます。

1つめは日本語と同じく 「(付き合っている)彼女」。
2つめは 「(女性の)友達」。 特別の関係のない女友達。


つまりアメリカでは女性は女性の友達に対して
Girlfriend という単語を使うんです。

でも、男性は同性の友達を指して Boyfriend とは言わないし、
女性もただの男友達を Boyfriend とは言いません。


ちょっと整理してみましょう。

女性が Girlfriend と言った場合 → 女の友達
女性が Boyfriend と言った場合 → 彼氏

男性が Girlfriend と言った場合 → 彼女
男性が Boyfriend と言った場合 → ? (少なくとも普通の友達ではない)



女の子が同性の友達を Girlfriend と呼ぶ理由については
その昔、友達がこう説明してくれました。

「女の子同士の友達って Affectionate だからHug (軽く抱き合うこと)
したり、手をつないだりするだろ、だからだよ。
でも、男同士ではあんまり Hugはしないし、
手をつないで歩くなんて事は絶対にないからね。」


これが教えてくれた友達個人の意見なのか、
アメリカ人の大多数の意見なのかは分かりませんが、
何となく納得できるような気もしますよね。



ささ、、話をフランス旅行にもどして、下記は南仏の写真。

実はうちのダンナ、去年まで頻繁にフランスへ出張に行っていたんですよねー。

その度に 
「あなたばっかりフランスに行ってずるい! 次回こそは私も付いて行く!」って
息巻いていたのに。
帯同出張が実現しないうちにダンナってば転職しちゃって。

今度は私だけでフランスに行くなんて。。

ホントに我が家はタイミングの合わない夫婦でございます。。。。

a0037874_948084.jpg


a0037874_9482771.jpga0037874_9484625.jpg
a0037874_949042.jpga0037874_9492538.jpg


# 「フランスに行くんだったら、ここは絶対に行って見るべきだよ!」 
# というアドバイスのある方、、是非ご連絡くださいまし。

[PR]
# by emica96 | 2008-05-11 09:49 | 「なるほど!」の英語たち



南カリフォルニア在住のエミが日常生活の中で見つけたあれこれです。 今日のひとこと英語と共にお届けしています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
人気blogランキングなど
にも参加してみました。

クリックして頂けるととても
よろこびます。。。

人気blogランキング

ナレコム 学びのブログランキング





カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧